大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

なんてことない日常!

玉木君のインスタ更新を遅れて知ると言うバタバタの生活をしております。

今回のインスタはスマホからだな(証拠は?)
玉木君にしたら構図が甘い(何を言う!)なんとなくそう感じたのです。


箕面の滝(みのうのたき)を見に行きたくて、かれこれ2年は悩んでおります。
すぐ近くなのに呼ばれないわ。紅葉の落ち葉をザクザク踏みしめて歩きたい。


平安時代からある紅葉狩りという言葉の意味をネットの見逃し配信で見ました。

紅葉狩りがあるのに桜狩りはどうしてないのか?という外国の方の不思議に答えて。

大昔の貴族の方は山に入ってモミジの枝を刈りとってきて楽しんだそうです。
同様に桜の枝も刈ってきて楽しんだから昔は桜狩りと言っていたそうですよ。

それが山に入るのはめんどくさい?のでお屋敷の庭に桜を植えたそうです。

だからもう刈りに行かなくても庭で見えるのでお花見と言い方が変わったそう。
なるほど納得です。



私も先日山に登ってきました。登るつもりはなかったのですが登りました。

霊感の強いお友達が、「清荒神に行って念珠を授かって来なさい。嫌な人や霊が寄ってこないから」
というアドバイスのもと(素直だな!)いやいや!人の言う事に間違いはない。

宝塚線の清荒神まで出かけました。
なんでお台所の神様のところに数珠が売ってるんだろ?とは思ったのですが。

清荒神は神仏両方を祀られている場所です。知らなかった。

駅から10分という案内のもと降り立ったら、なんと坂道だらけの山の上だったのです。
エンヤコラ〜ハァハァ。

私を守って下さる石は「ヒスイと水晶」だそうです。

胸には鹿男の小川先生のようにヒスイの勾玉(まがたま)をぶら下げ、
腕には念珠をはめ。よっしゃ〜これで怖いものなし(壺は買うなよ!)

生徒さんの中に念珠をはめておられる方がいらっしゃいますが魔除けだったんだ!と
遅まきながら知りました。

念珠をはめてもはめなくても私に魔除けは必要ないと思うのですが、

人間は弱い生き物ですのでこんなちっちゃなもので安心ならそれはそれでいいかも(鬼が逃げる!)

Posted at 2018年11月18日 15時51分42秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*