大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

怒りながらの9話!

「四十にして惑わず」(いきなり!)

四十ぐらいは人生の折り返し時期に来ているから何となく生きてきた三十代よりは
人生をよーく考えてこれからの道を生きるんだよ〜と昔の人は言っています。

聞いてるのか綾子(友達かっ!)いつまで夢見る夢子でいくんや(ドラマだからね〜)

人に勇気を与えたり、生きる指針を与えるのがドラマの役目だから。

いい加減な歳のおばさんが子供の事をほったらかして依存丸出しで
情けない事言うんじゃないわ(見なきゃいいのに!)


馳天馬君が(誰だそれ?)
江戸川音の気持ちが解らず不安を抱えて悩んでる姿の方がよっぽど共感できるわ。

若い子のドラマは罪がなくって成長過程が垣間見れて何となくの時間を楽しめます。見やすいわ。


綾子に振り回される情けない秀明は見たくない(見ないのか?)
まま、最後は覚醒して成長すると信じて最後まで見ますけど。


それにしても生ではあんなにもかっこいい玉木君が、なんと終始不細工な顔だこと。

どこに男前を隠しているんでしょうか?

今度のイベントでおっさんのあの顔だと嫌だな〜(おばはんが何を言う!)

Posted at 2018年06月11日 22時55分58秒

 
この記事へのコメント

たしかに不細工です

こんばんは。あともう少しで終わりですが、ここへきてようやく、こうなっているのかと、納得する部分がありました。なす坊が真弓に言うセリフです。突っ込みたいせりふを登場人物が言うのです。びしっと、真弓のいけないところを指摘しながら、「でも嘘がない」と褒める。意外と彼はいい先生ではと思ったりしました。「誰のおかげで食えるのか」というセリフも、愛してると言えない、彼の心なのですね。何回も、あなたのおかげですという言葉が、白々しくて、繰り返して聞いてしまう、なすだの心が悲しい。常識の通じない人に振り回される、やさしすぎる秀明も、こんな人いるなあ、と思わせます。いらいらしますが、ノルマのある仕事を知っているので、秀明には向いてないのがよくわかります。職種が変われば、いい仕事ができたでしょうに、と思います。人を裁くのは簡単ですが、真弓の離婚の時の態度もひどいです。つまらないことですが、家の持ち主は誰になるのかとか、税金はどうなるとか、離婚のハウツー番組と思ったら、違いましたね。別れた夫の家に誰がいようと、怒る資格はないし、自分は新たな付き合いの夢を見てる、お気楽さは何か?真弓は毎日、秀明をきずつけていなかったか?
原作では、少し古いですが、真弓はノルマのある仕事をして、たじろぎます。そこら辺の書き込みがドラマでは少ないのが残念。玉木秀明が
見る人を怒らせるのは名演だから?と思うことにしています。どこに落ち着くのか、見守りましょう。
Posted by からこるむです at 2018/06/12 00:08:32

>からこるむさまへ

たしかに不細工です(笑)
そうよね〜からこるむさまの言われるように見る人を怒らせるのは名演技なんだね。
なんだかね。うじうじ秀明が私の癇にさわるのよ。どこに落ち着くか楽しみっちゃ楽しみなんだけど。

からこるむさまの母目線にはいつも感心します。そうだわ。ナス田は見方によったらいい先生かもね。
一番冷静に周りを見ているかもね。自信のなさの裏返しで暴君になってる。

世間は離婚を簡単にするけど浮気されて腹立つのは愛情があるからヤキモチ焼くほど好きなんだからと真弓さんに言ってあげたいわ。まんまと嵌ってます。
Posted by はっぴぃ at 2018/06/12 08:53:39

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*