大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

祝!第一話

日曜日の皐月賞でディープの子供のキタノコマンドールは5着でした。
でも、日本ダービーへの出走権が出来たので良かったわ(馬の事はいいから!)

「あなたには帰る家がある」意味深なタイトルだなと思いましたが、
一話から益々意味が解りませんでした。モラハラ夫には共感できないし(当り前!)

奥さんにガミガミ言われて玉木秀明さんがかわいそうでかわいそうで。僕には帰る家がない。

リアル玉木君なら掃除も洗濯もご飯炊きも完璧にやってこなすと思うけど
一般の男性はそうはいかないわな。

自分の息子も、あんな風にお嫁ちゃんに言われてると思うと心が痛い。
秀明母さんも私も完璧に子育て失敗してるわ。

以前に息子んちに行った時に靴下を表に反して下着を表に反して洗濯機に入れる孫を見て
「あぁこれは息子も教育されたな」と思いましたよ。この件でバトルがあっただろうなと。

「親が得意な事は子供は不得意。親が不得意な事は子供は得意になる」これは普遍の法則です。
つまり、何事も手をかけやりすぎる子育ては、子供の為にはならないという事です。

大体でいいんですよ。人生も子育ても。


で、「あな家」の感想ですが「え?もう最初からやっちゃう?」(下品です!)

私はやってないと読んだ。あのモラハラ夫が帰りの遅い妻を許すわけないですよ。
きっと妖艶綾子さんの携帯が鳴ってフラフラ秀明が現実に戻ると思うわ。

あわててズボンと上着を持って飛び出す。

それとも綾子さんの携帯にGPSが付いてて踏み込まれるとか(怖い!)


私がいつも生徒さんに話している事なんですが。

「長い夫婦生活です。もめごとはたくさん襲ってきます。腹が立った時にはとことんまで行かないうちに、ちょっと冷静になって初心を思い出して」と。

出会ったころのはじめて手を繋いだ感触、その時のドキドキ感。デートをした場所。
はじらいながらの会話。うんぬん。好きで一緒になったんだからねと。


お互いに老老介護になりましたが、私は過去を思い出し思いだして48年。
いたわりながら生きてます(どーでもええ!)

真弓さんとフラフラ秀明さんも出会った頃のラブラブ昔を思い出したんだから、
なんとかなりますよ(出た〜なんとかなる!)

空回り真弓さんとあっさりよろめく秀明さんの成長を
最後まで見届ける覚悟で拝見させて頂きます(覚悟がいるのか!)

Posted at 2018年04月18日 14時46分57秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*