大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

新年!

明けましておめでとうございます!

初詣日和の元日に、伊勢神宮にお参りに行ってきました。
道路も空いていてスイスイと3時間で到着です。

ま、私はバスの中ではほとんど寝てましたが。

いつもは外を見て景色を楽しむのですが、30日の夜に4升の餅をつき
大晦日に5家族分のおせち料理を作り、元日の朝は5時に起きたものですからもう眠くて眠くて。

それに隣の席は夫。

もともと信仰心のない私がどうして伊勢神宮に導かれたのか以前から不思議でした。

それが〜
どうやら私の守護神が伊勢神宮にまつられている「級長戸邊命」(しなとべのみこと)様らしい。

ヤフーのトップベージに出てくる伊勢神宮の占いの方がそうおっしゃってました(あやしい?)

いつも暇つぶしに占いコーナーの一部無料を見ているのですが、
ぶっちゃけて言えばサンプルみたいなものです。

伊勢神宮の占い師の方が言われるには「昔先祖が久子さんと同じ運命の人を占ったことがあります」
わぉ!興味深々これは買うしかないでしょう。

どうやらお武家さんの奥様で「人の為に役に立ちたいと思っていたが、世が世なので学ぶことも出来ず」みたいな事が書かれていました。

その中で伊勢神宮の「風日折宮」(かざひのみのみや)でまつられている
「しなとべのみこと」さまが私の守護神と書かれていたのです。

納得!納得!だから私は必然的に伊勢神宮に足が向いたのです(超単純!)

なんでもいいんです。神様の前で厳粛に手を合せる。非日常が味わえるのですから。


風日折宮でお参りをしていると、風があったのもあるのですが、

俗世界との間仕切りののれん?みたいな布が
ヒラヒラと動いて歓迎して下さいましたよ(ポジティブ!)


夫と二人で人のペースより数倍遅れながら、ゆったり参道を歩きました。みんな早いわ。

「ごっつい木やな。この木に比べたら人生あっちゅう間やな」と夫が言う。

「山で遭難したら松の木の皮をはがして火をつけたらすぐに燃えるらしいよ」と私が応える。

「松ヤニがあるからな」(馬鹿夫婦だ!)


夫用の遊山箱←罪滅ぼしだな    外宮の神聖なさかき   誰も木生?にはかなわない大木


内宮の前に咲くさざんか  神聖な榊(さかき)の実  至る所に榊の木がある買わなくてもいい



二本の木が一つになったのか? なぜか魅かれるキラキラ 気の遠くなる日々苔むした大木


いよいよ風日折宮の鳥居をくぐる  邊(べ)が我が家の字と一緒     丁重にお礼を言う


青空の初詣日和に感謝    振り返れば初夕日に見送られ

Posted at 2018年01月02日 18時25分55秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*