大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

スペシャルドラマ「鬼畜」

ドラマ「鬼畜」が終わって2時間も経つと言うのに私の鼻はいまだにグズグズ(風邪だろ!)
今年最後の泣き納めをしました。

恐ごわ見ましたが、さほど鬼畜でもなかったような。

どちらかといえば、子供たちの実母の菊代さんが私の目には一番の鬼畜と思いました。
あどけない2歳や4歳の子供に愛がないってどうよ。

頼りない宗吉に頼らずに、自分が働いてでも子供たちを育てるのが親やろ(ドラマですから!)

ま、不幸の種をまいたのはまぎれもなく宗吉なんですが。


宗吉は今一つ鬼畜に成り切れてなかったような気がします。

どう見ても鬼畜顔のこれはまぎれもなく鬼畜顔だという役者さんが演じたら
もっと違っていたかもしれませんが。

もしそうだとすれば、救いようのない後味の悪い、
今の時代には受け入れてもらえないドラマになっていたかもしれません。

宗吉の鬼畜度はこれぐらいでよかったと思いました。

梅子嫁のじりじり迫るような復讐に、追い詰められての犯行ですから(ひいき過ぎる!)


おそらく愛人宅での宗吉父ちゃんは、深い愛で子供たちに接していたのでしょうね。

子供は心が澄んでいますから、本質を見抜くのは大人より優れていると思います。
利一やとしこが実母を選ばず、父ちゃんを慕うのもわかるような気がします。


刑務所の面会シーンでの遊園地に置き去りにされた女の子が
「父ちゃんまた遊園地に連れてってね」と。

トラウマもなく父ちゃんと暮らすのを待ち焦がれている姿に一番すくわれました。



それにしても玉木君は昭和のお父さんがぴったり嵌って成りきってました。

働く脂ぎった顔。鬼に成りきれずためらいがちな複雑な表情。としこが見つかった時の安堵の顔。

子供達からの手紙を読む父ちゃんの顔。宗吉の涙に視聴者も涙、涙。

なんというか陳腐な言い方ですが、見終わった後に救いのあるドラマでした。


利一が大きくなって過去を思い出した時から
宗吉父ちゃんの地獄がはじまるようで、それが心配。(その後のドラマはありません!)

Posted at 2017年12月25日 02時48分45秒

 
この記事へのコメント

鬼畜

見終わってホッとしました。
実は、私泣けなかったんです、、。
いつも通り本で予習していたので、展開がわかっていたからかもしれません。
「なんで殺そうと思うん??助けてよ!!」って心で叫びながら見ていたので、心底疲れました。
ドラマなのに、こんな時は行政に相談してよ!とか、子供のことになるとつい真剣になってしまって・・。
女の子が生きて帰ってきたときに見せた玉木さんの優しい笑顔に救われました。

それにしても、昭和感満載の玉木さん、放映前の「綺麗すぎるやろ」って声をはねのける素晴らしさでした!
実力派・演技派ですからね〜ファンとして素直に嬉しいです。

鬼畜放送前にお知らせのあった、吉田羊さんとのクリスマスコメントが、にこやかでさわやかで、やっぱり私はこの路線が大好きです(笑)
Posted by sugarbabe at 2017/12/25 10:24:49

>sugarbabeさんへ

私も心底つかれました。彼が出てなかったら絶対見ないドラマです。

本を読んで予習してたのね。私は過去の作品も見てないので比較対象せずにまっさらな気持ちで見れました。
複雑な心情の宗吉父さんを演じてどやさ!と自慢したい気持ちです。誰に?

赤ちゃんを殺して、よしこの消息もわからず、罪を重ねていくとはこういうことなのかと思って見てました。

一番悪いのは宗吉なんですが、鬼になりきれないためらいが見えたので、利一が無事と分かって宗吉以上に視聴者もすくわれたと思います。
「私失敗しないので」という大門美智子に染められていますので、崖から落としても絶対に助かると思って見てました。
今の映像の世界ではこの描き方が精一杯でしょうね。

後からいろいろ考える機会を与えてくれるいいドラマでしたね。
Posted by はっぴぃ at 2017/12/25 11:25:47

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*