大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

シネマ!

まっすぐ素直にいつもの電車に乗ればいいものを、
せっかく岸和田まで行くのであれば違う路線で冒険してみよう。

という事で、御堂筋線の「なかもず」まで行ってそれから南海電車に乗り換えればいいわ。
この考えが甘かった。なかもずは南海電車でも高野山に行く南海高野線だったのです。

心が折れそうになりましたよ。

気を取り直して、又1時間位かけておっちらこっちら定石通りの「なんば」まで戻って、
南海電車に乗り換えてっと(前置きいいから!)

案の定、最初の集合写真に間に合わず、映画も始まっていました。

途中で入るのも悪いからトークショーだけでもいいかなと思ったのですが、
係りの方が観客の方に迷惑のかからない席に案内して下さいました。

この席が後からラッキーな席になりました。

トークショーは相変わらず落ち着いた雰囲気を醸し出したなかにも、ぶっちゃけ感満載でした。

これは言ってもいいでしょ。体重は72キロ、体脂肪は7パーセント、
歳はもうすぐ38歳(知ってます!)

運動はボクシング、マラソン、水泳をやっているそうです(知ってます!)
マラソンの時にはマスクをして走ってる。

特別腹筋ワレワレを目指しているわけではないと。

同じシーンを何度撮っても、役に溶け込んで涙が自然と流れると。


そして、係りの方から「左手に荷物、右手でハイタッチ」とアナウンスがありました。
ハイタッチだから早いですよ〜

あっちゅう間にさーーーーっと人が流れて行きます。

私は係りの方の案内で一番後ろの席に座りましたのでハイタッチも一番最後。
ほら!ラッキーでしょう。

「いい映画だったよ」と感想を言いました。

もっと怖い映画かと思いましたが、、、、「いい映画でした」

これからご覧になる皆様ご期待ください。ここまで。

Posted at 2017年11月30日 19時02分00秒

 
この記事へのコメント

ありがたいです

こんばんは
映画イベント行かれたのですね。
何時もながらの素早いブログ、ありがたいです。
行けない身には本当に。

いい作品だったんですね。
来年の楽しみが増えました。
Posted by お初です at 2017/11/30 21:57:14

>お初ちゃんへ

お初ちゃん!もコメント早い(笑)ブログを書くほうとしてはありがたいですよ。

映画楽しみにしててください。いい作品でしたよ〜

私も早くもう一度見たいと思いました。来年の楽しみが出来ました。
ヴァルモンの時より少しふっくらしてますよ。いい役者になりつつあります←上から〜
Posted by はっぴぃ at 2017/11/30 22:21:32

いい作品ですよね

一足早く、見られたのですね。岸和田は、土地勘はありますが、神戸からは遠すぎて、あきらめました。大阪での挨拶付上映の抽選まちです。
原作を読む前に、芥川賞をもらわれた「土の中の子供」(だったと思う)を読んで、はっとしました。そんな作者さんです。映画の原作も読んで、最後に泣きました。玉木君がインタで、文章をほめているように、心を打つ文章です。うまいとかではない何かがあります。どんな風に演じるのかと、楽しみにしていました。舞台を見て、期待は膨らんでいます。
大人になったね、と玉友さんと話しました。よその息子さんですが。
うれしいですし、これからが新しいだんかいですね。
ふっくらしてよかったです。
Posted by からこるむ at 2017/11/30 23:33:37

良かった・・

早速のブログ有難うございます。

ふっくらされてると聞くと、あ〜良かったとまず思う(笑)
とりあえず、舞台の疲れは取れたのかなって思うのは、玉木さんも雑誌で言われれたけど、なんか親心ですよね。

映画も良かった教えていただくと安心して見ることができます。
原作を読んで、暴力的なのとか怖いのは苦手なのでちょっとどうしようかと思ってました。

さて、来年も楽しみ一杯ですね〜ありがとうございます。
Posted by sugarbabe at 2017/12/01 08:34:10

>からこるむさまへ

からこるむさま!おはようございます。
「土の中の子供」まさしくそれです。光のない土の中から希望の光を自分の力で見つけ出す。

誰でも自分の宿命は変えられない。でも運命は考え方ひとつで変えられる。
それを教えてくれますよ。
からこるむさまはすごいわ。原作を読んで登場人物を想像して映画を見る前から楽しんでおられる。
ファンの鏡です。来年1月13日を楽しみにしてて〜
Posted by はっぴぃ at 2017/12/01 10:38:57

>sugarbabeさんへ

私も怖い映画は苦手です。どんなんかな〜とヒヤヒヤしましたが大丈夫でした。
それより役者さんお一人お一人が好演されていますので、うまいな〜って引き込まれました。

地味な映画ですが見る人が見たら高評価をもらえるんじゃないかな。

ヴァルモンで相当体力を使って痩せたかと思ったので体重72キロと聞いて安心しました。
いつもの歩き方で控室に向かう玉木君の後姿を見たのですが元気そのものでした。スタスタ〜

食べたいものを食べて、そして体重管理には気を付けているみたいですよ。私にはまねできまへん。
Posted by はっぴぃ at 2017/12/01 10:50:25

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*