大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

ナンシー風マカロンの作り方!

北海道では大雪だそうですね。大阪も相当寒さが厳しくなってまいりました。

待ち焦がれている玉木君からのメールは来ないし、一層寒さがこたえるわ。
何度Outlookを開くことか。

一言メールでいいのに。と望んでも玉木君には届かず

「さむい」と神に召されるヴァルモンのようにつぶやく今日この頃(ほんまでっか?)


秋の特別レッスンで作ったマカロンのあまりの美味しさに孫から再三リクエストがあります。

「ばぁばにお願いがあります。マカロン又食べたい」と丁寧にお願いされたらエンヤコラ〜


綺麗な色のついたクリームをサンドしたマカロンはパリ風なんです。
私の作るマカロンは元祖ナンシー風マカロン。

稲垣さきちゃんが「ヨーロッパブログ旅」で
「私こっちのマカロンが好きかも」と言ってたあれです(知りません!)


フランスの東部に位置するロレーヌ地方が発祥の地だそうです。

ナンシー風マカロンがパリに渡っておしゃれに変身したという事です。

材料は卵白と砂糖とアーモンドプードルだけ。無添加なのでお子様にも安心のお菓子です。

特別レッスンを受けられなかった生徒さん、卒業生の生徒さん是非作ってください。

粉砂糖もアーモンドプードルも100均で売ってますよ。

作り方はいたって簡単です。

ヴァルモンロスで撃沈されている皆様も甘いものでも如何ですか?


ナンシー風 マカロン

★材料★

アーモンドプードル 50g
粉砂糖       50g
薄力粉      小さじ2

卵白      2個分
グラニュー糖  大さじ2

粉砂糖    適量



★作り方★

1.アーモンドパウダー、粉砂糖、薄力粉をふるいにかける。オーブンは180℃に予熱する。

2.ボールに卵白2個分を入れ、グラニュー糖大さじ2を加えツノが立つまで泡立てる。

3.1の粉類を卵白に加え、ヘラで泡を消さないようにさっくり混ぜる。

4.まる口をつけた絞り出し袋に生地を入れ、オーブンシートの上に4儖未帽覆蟒个后

上からたっぷりと粉砂糖をふりかけ180℃に予熱したオーブンに入れ20分位焼き冷ましておく。


ポイント!
卵白は冷蔵庫で冷やしておく事。絞り出す時は真上から押し付けるように絞り出すと丸くなる。
粉砂糖はコーンスターチの入ってないものを使うこと。



卵白に粉類を混ぜる    丸口の絞り出し袋で押し付けるように  アーモンドの香りがそそる

Posted at 2017年11月19日 22時30分27秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*