大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

渾身!渾身!渾身!

舞台「危険な関係」それは唐突に始まります。

ネタバレを知りたくない方もたくさんおられると思いますが、
この舞台はネタバレを知ってからの観劇の方が理解しやすいと思います。

私は結末のネタバレも知って鑑賞しましたので、置いてけぼりにされなくてすみました。
「予習してきて下さい」の意味がよくわかりました。

つまり何度も上映された古典劇ですので、
演出家の方もある程度は観客が知っているのもとで演出されたと思います。本人に聞いてないけど。

品行方正を美とする日本の常識で見てはいけません。
この物語は18世紀のヨーロッパのなんの不自由もない貴族の物語なんです。

18世紀の貴族では当り前の、退廃的な道徳観のない退屈しのぎの背徳ゲームなんです。

貴族と言えど人間だから、本能は愛を求めてそれぞれが苦しんでいる。
その本当の愛が何なのか模索しているんだけど、

なにせ苦労がないからくるくる回って答えが見いだせないのよ。

月末にお金がなくって給料日にホッとするような苦労がない(どんな例えだ!)

何かを成し遂げたいと言う建設的な想いもなく、高みを目指そうとする向上心もなく。
だから感情移入出来る人はいませんよ。

ただただ、観客の理解しようとするやさしさと、
演じる役者さんの演技力があって、はじめて成り立つ演目と思いました。


玉木君は頑張って演じていましたよ。決してほめられる事のないプレイボーイ役。
つかみどころのない役を理解して、舞台二回目にして動きが舞台向きになってました。

流れるような少し大きな動作とか。いつの間にそんな技覚えたんやろ(集大成です!)

玉木君の肉体は(肉体って)素晴らしいものがあります。

特別鍛えてないとは言ってましたが、あんな体昨日今日では作れません。
食べたいものを食べたいだけ食べていては、決して作れない肉体です(何度も言うな〜)

舞台衣装の生地が京都の西陣織の緞子(どんす)みたいなお衣裳です。
本国から持ってきて仕立てたらしいです。

のだめで千秋様がコスプレしていたあの生地ですよ。
シンプルな舞台装置ですのでお衣裳が映えていました。

一番驚いたのはマイクを使わず生声だそうです。

私は二階席の一番後ろでしたがクリアに聞こえました。

玉友さんと「ソファーの後ろとかにマイクを仕込んでいるよね」とか
役者さんの苦労も知らず、のたまっていました。腹式呼吸すごいわ。

くったくたにくたびれたと思うのに、ご親切に握手会までやっていただいて恐縮しました。
おそらく1000人近くの観客数と思います。

ファンのみなさんは舞台の玉木君の頑張りを見ていますので、
スタッフに止められることも無く、自発的に0.48秒位の早さでした。計ってないけど。


とにかく、声をつぶさず健康に留意して、最後まで走り抜けることを心より祈ります。

弁財天様〜玉木君を応援してね〜 彼は強いわ(あったり前だ!)

Posted at 2017年10月17日 16時06分54秒

 
この記事へのコメント

期待がふくらみます

はっぴい姉様お帰りなさい。
そして、さすがの文才であらせられる。
伝わりました!!!
期待して待ちます。
Posted by ななな at 2017/10/17 18:26:29

>なななさんへ

なななさん!察して下さってよかったわ。
必ず予習していって下され!その方が???にならなくてすむからね。

そりゃもう、すごいとしか言えないわ。いろんなことが〜♪
楽しみにね。
Posted by はっぴぃ at 2017/10/17 19:45:03

いらしてたのね

16日、私もいってましたよ。ずいぶんな雨で、寒かったですね。玉友さんが迎えに来てくれて、突撃日帰り旅行です。原作を読んで、でも映画やドラマは見ません。原作は書簡集なので、演劇にするのは、大変なぶん、自由があると思いました。日本人がへんに昔のフランスの格好をするより、あの衣装は本当によかったと思いました。玉木君の鍛えたきれいな体と大きな手の優雅な動きは素敵でしたね。ほかにも言いたいことはありますが見ていない方に配慮して、美術、も簡潔で美しいとだけ、書きますね。
4年まえの舞台が、あまりに幼く見える、すごい飛躍です。
いつの間に、こんなにすごくなったのか?
きょうえんしゃのかたがたにもかんしゃです。
映画もむつかしい役に挑戦しています。原作を読んで、最後に泣きました。読んでなかったら読んでね。映画のあとでもさきでもいいからね。
みなさん、こだわりがあるとおもうのです。わたしは先に読む派ですが。握手の時、圧倒されていて、気の利いたこともいえなかったです。
ずっと、引きずっています。ブァルモンの真実はどこに?誰かと思い切話したいです。着ていく服なんかどうでもよい(嘘つけ)でした。
大阪でお会いしましょう。
Posted by からこるむです at 2017/10/17 23:49:28

>からこるむさまへ

見に行きましたよ。玉木君がやりたいと願ってた舞台ですもの。
どんな風に演じるか興味津々でした。思っていた上を行ってます←上から〜

先輩方の舞台を何度も鑑賞して自分なりに解釈して身に着けた集大成の舞台でした。

私も語りたいけど、もう一度見て心で噛み砕いて整理をしないと訳わからない部分があります。
映画も楽しみなんだけど、まだまだ今はヴァルモンを理解することに留まっています。
からこるむさまはすごいわ。彼の事ならどんなことでも知りたいという思いは尊敬しますよ。
Posted by はっぴぃ at 2017/10/18 15:06:27

未タイトル

こんばんは。
先日は思いがけずお会いできて嬉しかったです。
色々と雑音もあるようですが、戦っている彼に余計な心配をかけぬように、ファンもハートランドも手を携えて彼を守らなくてはなりませんね。大阪でまた、お会いできますように!
Posted by 幸多 at 2017/10/19 22:33:28

>幸多さんへ

思いがけずお会いしましたね。あの後私は男性用のお手洗いをお借りしました(笑)

演劇が好きな幸多さんのご感想を是非ともお聞きしたいです。いけてましたか?
大阪でお会いした折には是非お聞かせください。

ほんと!雑音が彼の耳に入らないように願いますよ。
Posted by はっぴぃ at 2017/10/19 22:50:49

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*