大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

やっと最後です!

ホテルの朝食は7時から、私が出立したのは6時前。
あぁ〜素泊まりにすればよかった!といまだに悔やまれます(ちっちゃ!)

いよいよ一重かずら橋から二重かずら橋までバスで向かいます。

東祖谷小中学校を経て落合集落、ごうしゅう芋のおっちゃん元気かな!と山を見上げ。

落合ヴィレッジで下りた中国の青年がいました。秘境ふれあい見たのかしら?

「次はおちあい」とのアナウンスで青年はバスを降りようと前に行きましたが、
運転手の方が「おちあいヴィレッジ ネクストネクスト」と言っていました。

阿波池田でもお掃除スタッフの60歳ぐらいの方が時刻表を見ていたアメリカの方に
「キャナイヘルプユー」とお声をかけて相談にのっていました。

私は聞き耳を立てていましたが、それはそれはお見事な会話でした。

「奥さん英語勉強されたの?」「独学よ 外国のお客さんが多いから必要かと思って」
すごいわ〜ちゃんと会話が成立していましたもの。

アメリカの方も「ありがとございます」と丁寧に挨拶されていました。
英語は勇気だなと!思った次第です。


久保からは9人乗りのマイクロバスに乗り換えです。
なぜかと言うと山道なので道幅が狭い。

対向車が来るとどちらかが下がります。少し行けば下がりの繰り返しです。

その道すがらでは、名頃かかしの里があり、たくさんのシュールなかかしが迎えてくれます。
バスの中からは撮れませんでした。

とにかく長くバスに乗りますのでお手洗いは済ませておくように。
玉木君はどうしたのかな?(ほっといたげて!)

やっと憧れていた二重かずら橋に着きました。トコトコと結構長い坂を下ります。

男橋はあきらめて女橋の方に向かいます。だって!玉木君が写真を写した場所だもの。

ところが写真を写したのは向こう側。写真を写すには橋を渡らなくてはなりません。
高所恐怖症の私は勇気を振り絞って一歩一歩。向こうには玉木君がいる(いません!)

最初は怖さのあまり足元を見ていたのですが、下が見えるやんか〜びくびくコワ!

写真を撮りたい一心で怖さに打ち勝ちましたよ。要するに下を見なくて前を見る。

足元を確かめながら頑張りました。
写真を撮って、帰りはもうかずら橋はコリゴリなので野猿でこちら側に。

野猿は下が見えないので楽勝でした。垂直に生えてる木も見れたし、
何よりおんなじロープを握ったし(馬鹿かっ!)

野猿は真ん中ぐらいまでは勝手に動きます。真ん中からは結構力が入ります。




二重橋へ坂を下る帰りがしんどいよ 男橋は見ただけでスルー さ、ポストカードショットです


下から見た女橋        女橋の向こうは野猿     持ってないと勝手に動いていく


玉木君が握ったロープ〜♪  垂直に生えている玉木木←もはや 名残惜しい振り返りの玉木坂 

又、3時間バスに乗って阿波池田まで戻りました。

玉木君の秘境の撮影も大変だったと思うわ。
二重かずら橋から剣山を越え美馬インターチェンジ?から徳島道で大阪まで戻ったと思う。

あの頃は朝ドラがあったから日帰りだったと思うから。本当にお疲れさまでした。今更ですが。

私の夏休みは終わった〜 しんどいけど楽しかったよ〜 合掌   

Posted at 2017年08月19日 09時20分22秒

 
この記事へのコメント

お帰りなさいませ

二重かずら橋、行って来られたんですね。
長い道のりをものともされないところに、愛を感じます。
写真、楽しませて頂きました。
あと、こちらで教えて頂いた通り(?のつもりで)
ジュレックを作ってみました。
おいしいです。
・・けどこれがほんとにジュレックなのか・・・
ホンモノを食べたことがないので分かりません。
なんか洋風粕汁って感じです。
なんか、不思議。あのジュレ種を
そのまま焼いたりしたらどうなるのかしら。
これから色々アレンジして楽しみます。
ご教授ありがとうございました。
Posted by ななな at 2017/08/20 19:01:42

>なななさんへ

なななさん!作ってくれたのね〜嬉しいですよ。
ジュレックには正解はないと思いますよ。なななさんが作ったジュレックが本物です。
なんか不思議な後引くお味でしょ。

おんなじ食べ物を美味しく食べている喜びはひとしおです。
ジャガイモやソーセージを入れても具だくさんになりますよ。
ライ麦パンと一緒に食べると一段と美味しいよ。

二重かずら橋は本当に秘境です。観光客もあの手前のかずら橋は行くけど山奥までは行かないからね。
ロケもしやすかったと思います。

それにしても平地に住んでいる私たちのなんと幸せなことよ。
あの山の上まで道をつけた人もすごいです。いろいろ考えさせられることばかりでした。
Posted by はっぴぃ at 2017/08/20 22:25:10

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*