大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

玉木君とふれあってないけど!

阿波池田駅9時31分の高知行き土讃線(どさんせん)で大歩危まで向かいます。
ちなみに土佐の土と讃岐(さぬき)の讃で、どさんせんです。

知ってたか?玉木君!(又出た!)

この二日間で高速バス往復、池田までの汽車往復。
それになんたって二重かずら橋までのバスが遠い事遠い事。

大歩危から久保と言うところで乗り換えて片道2〜3時間はかかります。
一生分のバスに乗ったような気がします。

それにバスの便が一日2本。剣山(つるぎさん)登山に行く方向けのバスなので、
頃合いの時間は12時8分しかありません。

10時前に大歩危に着きましたので例のお揚げさんを頂いてお接待のお茶を頂いても
時間はたっぷり。遊覧船乗り場に行こうと思ったのですが、これも駅からが遠い。

おそらくロケの日はタマクラ号で、お揚げさんの奥さんは玉木君と同乗して
向かったのではないでしょうか?見てないけど。

そう考えるとなんだかうらやましいわ〜

2時間近くも待つのはあれなんで1時間早いバスに乗って手前のかずら橋まで向かい事にしました。
かずら橋までは20分ぐらいで着きます。ここは観光地なので食べ物を売っていました。

琵琶の滝があってマイナスイオンをたっぷり浴びてアユの塩焼きを頂きました。
この食事が最後でした。二重かずら橋付近は食べ物屋さんはありません。

持っていってた干し芋とそら豆の梅干し味が重宝しましたよ。

ま、暑かったので水ばかり飲んでいましたから空腹感は感じなかったです。


阿波池田駅をトボトボ歩く   ここで切符にハンを押してもらう   一両のワンマンカー 


誰もが座りたい玉木席    同じポーズで私が座るデヘッ!  やすお工房の手創りおもちゃ


陸橋の下で汽車を待つ為の暗闇の灯り いよいよ着いたぞ〜  駅からの急な玉木坂←もういい

そうなんですよ。私も普段の様に前の方で待っていたら向こうから駅員さんが
「そこには汽車は止まりません 陸橋付近でお待ちください」と言われました。

乗り降りする人も一人か二人。


だからあの屋根の下には、暗闇の中で待つ人の為の蛍光灯がついています。
ま、確かに玉木君が言うようにせっかくならもっと大きくしてもよかったかなと。

 
握手をしてくれる玉木君はいない  石臼は丁度いい速さがある  ゆず酢をかけて頂く

まだある長いわ〜

Posted at 2017年08月18日 18時42分32秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*