大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

わかるわ〜

玉木君がポーランドで毎日食べたと噂のジュレック〜♪
日本のお味噌汁のようなポーランドの発酵食品のスープです。

毎日食べたい気持ちが、わかります!わかります!
これは毎日食べたいわ。納得だわ。美味し〜〜〜ぃ!

ちょっと危険な食べ物ですよ。今食べたのに又食べたくなるというしろものです。

作りながら最初は半信半疑でした。匂いが強いし換気扇と窓全開しながら作りました。
大丈夫か?このにおい?

頭の中で味は想像できていましたが、実際に食べたら「うま〜」想像の上行きますよ。

生徒さんが入ってこられたら先に謝りましたよ。「なんか変な匂いするけどごめんね〜」
慣れてもらう意味で先に少しづつ試食をしてもらいました。「どう?」

「私これなら丼いっぱいいけます」「朝食べたら一日エネルギーがチャージ出来そうです」
「この酸味は全然平気です」「だろう!だろう!」

夫は「この味苦手やな」「何ゆうとんのぬか漬け食べてる身で。一緒やないの」
夫は3日ほど漬けたきゅうりの古漬けを毎日食べとります。


ジュレックはソーセージやジャガイモやゆで卵を入れますが、

スープが「主演」でソーセージはあくまでも「助演」です。何度も言いますが匂いは強烈ですよ。

ま、日本にも納豆、らっきょう、梅干しなどがありますから、
それぞれの国の食文化は果てしないわけです。

日本で作っても美味しくできますが、

おそらくポーランドの景色、空気感などが加味されて一層美味しく感じられたと思います。
ライ麦パンをくり抜いてジュレックを入れたら、そりゃ!香ばしさが加わってなお一層だわ。


それでは皆様「好きな人が好きなものを好きになりたい」作って下され〜

スープを取るのに2時間かかりますが「音楽サスペンス紀行」を見ながらどうぞ!


ジュレック ポーランド料理

材料4人分

ソーセージ 200g
ベーコン 100〜200g
玉ネギ   1/2個
ジャガイモ  2個

サワークリーム(生クリームを発酵させたもの)
  1カップ(90g)
ゆで卵    4個
(沸騰後6分茹でる)

すりおろしニンニク 1カケ(好みにより増減する)
マジュラム 大さじ1(オレガノでも可)

スープ

水   2000cc
手羽元  500g
くず野菜  適量(セロリ、人参、玉ネギ、ニンニクなど)
ローリエ  2枚
オールスパイス 適量
 
塩、コショウ  〃


1.鍋に水2000cc、手羽元500g、くず野菜を入れ強火にかけ沸騰したらアクを取り、弱火にして2時 間位煮出しザルに上げスープを取る。

2.ベーコン、玉ネギはみじん切りにする。ソーセージ、ジャガイモは食べやすい大きさに切る。

3.フライパンを中火にかけオリーブ油大さじ1を熱しベーコンに焦げ目がつくまで炒め、
 玉ネギを加えさらに炒め合わせる。

4.1のスープにソーセージ、3のベーコン、玉ネギ、ジャガイモを入れジャガイモが柔らかくなる まで20〜30分位煮る。(スープに使った人参はそのまま使う)

5.ジュレ、マジュラム(オレガノ)大さじ1〜、すりおろしニンニクを入れ10分位煮る。

 仕上げにサワークリームをスープで溶きのばして加え、塩コショウで味を調え、
 器に盛り人参、ゆで卵をトッピングする。


☆ジュレの作り方

瓶にライ麦80g、湯冷まし(40℃)400ccを入れ、布巾でフタをして常温で4〜5日置く。
時々かき混ぜて酸味のある香りがしたら発酵の目安。



本物のスープの味をきわめて下さい   カレーの材料でできる  スープの人参を星で抜いた

もし、この味じゃなかったら「ここが違う」と教えて〜玉木く〜ん!(言うと思った!)   

Posted at 2017年08月09日 21時46分18秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*