大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

古事記の続き!

高千穂峡に行く23日は梅雨の真っただ中やんか〜傘がいるわ。

と、今更ですが己のおっちょこちょいに呆れています。
そんな事、普通の人は最初に気づくはずなんですが、私は後から気づきます。

若かりし昔に社会の試験の為にだけ「古事記 日本最古の歴史書」と丸暗記したような
記憶しかありません。それがこの歳になって古事記を学ぶとは人生わからんものです。


「古事記」の続きです。

須佐之男命(すさのおのみこと)が姉の天照大御神のところに遊びに行きました。

調子こいてあまり好き勝手(つまり乱暴者)をするので怒った天照大御神は
大きな岩に隠れてしまいました←太陽の神様だから真っ暗になったのです。

八百万(やおよろず)の神様たちは高天原(たかまのはら)で機嫌を直してもらうにはどうしたもんか?と相談して、力を合わせて真っ黒になった世界から光を取り戻しました。


怒られた須佐之男命(すさのおのみこと)は地上に降りると八俣遠呂知(やまたのおろち)を
退治しました。

退治してそれからどうしたんや?の問いにはお答えできません。


月日は流れ、国づくりは、やさしい大国主神(おおくにのぬしのかみ)がされておりました。
因幡(いなば)の白ウサギの神様ですよ。

天照大御神は豊かになった国を治めるために建御雷之神(たけみかづちのかみ)をつかわせました。
舌噛むわ。

大国主神(おおくにのぬしのかみ)から建御雷之神(たけみかづちのかみ)への国譲りが成立し、

天照大御神さまのお孫さまとなる邇邇芸命(にぎにぎのみこと)が
三種の神器と共に、日向の国(宮崎県)高千穂に降り立ちました。

天孫降臨(てんそんこうりん)です。

邇邇芸命(にぎにぎのみこと)は天地が豊かににぎわうようにと高天原(たかまのはら)で
お生まれになった神様だそうです。


さらに三代を経て神倭伊波礼琵古命(かむやまといわれびこ)が大和の地で天皇になり、
そして日本がはじまりました… とな。



日本最古の歴史書の「古事記」にはそんな風に書かれています。
それが嘘かまことかは宇宙に等しいです。

かいつまんでの記事ですがもっとお知りになりたい方は、調べて下さい。
案外楽しいですよ(そんな人いません!)


私は終始、んなわけないやろ!ありえんやろ!とツッコミを入れながら読んでいますが、

読めば読むほど、知れば知る程に あぁ〜さっぱりわからん!肩こったわ〜


まま、アウトラインがわかればいいんです。今更何をどうしようとかの野心はございません。

ほう、ここで八百万の神様が相談されたのかとか、

このあたりで天照大御神さまが機嫌を損ねてお隠れになったのかとか妄想できたらいいんです
                                  (ご苦労様です!)

Posted at 2017年06月20日 15時54分57秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*