大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

なんてこった!

29日に美山かやぶきの里に行った記事を書きましたが、玉友さんからメールが。
「かやぶきの里は砂の器のロケ地やで」と。うっそ〜ほんまに!

私もなんで「かやぶきの里」に行きたかったのかと考えたら、
そんな事があったからなんですね。思い出しました。

早速「砂の器」のDVDを見直したらありました。

秀夫のお母さんの姉さん(式子さんのお世話役の方)を尋ねて行くシーンで、
雪の積もる赤い橋を渡って石垣の横を通って。

ちゃんとかやぶき民家も写っていました(過去に生きてる?)そうです。

吉村啓二と今西刑事が秀夫に似ている人はと和賀の写真を見せて、
おばさんが「この目が秀夫だ」と言ったシーンです。

遠い遠い昔のロケ地でも私にとったら宝物です。いまだに鹿男の奈良に行きたいもん。

もう、6年も前のドラマでしたが、あの頃は京都がにぎわっていました。しあわせでした。
グリルデミの彼お気に入りのハンバーグを知った思い出のドラマですよ。

神戸では頭ガチッガチに固めた吉村刑事にも逢ったのに。
なのに、なのに私はすっかり忘れていました。

赤い橋も民家も写真に撮ってきたのに、ゴミ箱に捨ててしまってありません。

私はいらない写真やタマクラからのメールもすぐに捨ててゴミ箱を空にしますので。
ショック!なんてこった!

エンドロールにも「美山かやぶきの里保存会」と書いてありました。


これから行かれる方にお知らせです(金輪際いません!)

赤い橋は駐車場の横の美山川に架かる橋で、かやぶきの家は一番上の杉林の下の家です。


そして、じっくり「砂の器」を見直しましたら、
玉木君の演技力が格段に上がったのがわかりますよ。

ま、あの時の吉村刑事も頑張っていたのですが(言い訳するな!)

「女の勲章」の銀四郎は、今までのどのドラマにも比べようのない別格でした(確かに!)


ふもとに一軒だけある。 息子達が里帰りする連休に田植えするらしい  蓮華は田んぼの肥料

Posted at 2017年05月02日 21時09分36秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*