大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

秘境を見直して!

来る日も来る日も写真の勉強をしています。プロの写真家の方の作品を見倒しています。

ま、今更何をするわけでもないのですが、
今までただ何となく撮っていた自分が腹立たしいのです。


玉木君も撮れば撮る程に難しくなって、そのたびに悩んで苦しんでいると思います(おおげさ〜)

一枚の平面の写真から、清らかな崇高さとか圧倒的な自然の壮大さを
見る人の心に訴えるような写真は並大抵では撮れません。当り前すぎる事ですが。

自然の中でその時を待って待って瞬間が降りてこないと撮れませんよ。
今の忙しい玉木君が写真を撮れない気持ちがわかったような?わからないような?


過去の秘境ふれあい紀行を見直してみると彼の撮った写真のなんとやさしいことよ。

撮り手の心がそのまんま写っていますよ。

都会で暮らすスタイリッシュな玉木君も素敵なんですが、
大自然の中をトボトボ歩いている玉木君、軒先の縁側でジャガイモにかぶりついている玉木君の方が
自然の空気にいだかれているようで見ててホッとします。

秘境の時も忙しかったろうに
山道を歩くだけで玉木君にとってはひと時の癒しだったと思いますね。いまさらですが。


スイスでの写真もアフリカで写真を撮った時もパールの写真を撮った時も
彼にとって最高の写真だったと思いますが、

人生や役者としての経験値を積んだ今だからこそ、撮れる被写体もいっぱいあると思います。
是非とも今の彼の心の中に写った思いを見たいものです。


玉木君と同じようにマニュアルモードで撮ってみてわかったことがいっぱいあります。

玉木君が撮った奥祖谷編のかずら橋の写真は普通に撮ればあそこまで神秘的には撮れません。

あれはアンダーめに撮ったからこそ
追っ手に追われたヨレヨレの平家の落人の姿が容易に想像できます(ほんまにほんまか?)


まま、そういうことで明日は星野道夫さんの写真展を見てきます。楽しみだ〜

Posted at 2016年09月15日 15時20分32秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*