大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

富士山は同じじゃない!

今日は広島、名古屋からの玉友さんと空堀商店街のお好み焼きの冨紗家に行ってきましたよ。

グランドオープンを控え神経ピリピリ(ウソだ!)の中、ちょっと息抜きに〜
玉友さんに私の仕事現場を見てもらいました。今の内ならピカッピカなのでどやさです。

なんと思わぬお土産が〜 
な、な、なんと西ノ島の鮮魚屋のおっちゃんちから玉友さんが「岩のり」をお取り寄せしたんですよ。

そのブツを頂戴しました。早速フライパンを熱してあぶって頂きました。

う〜〜〜ん!これが例のばくだん味なのか?(どんな味だ!)
のりを香っても無臭なのにあぶって口に入れたらほのかに磯の香がします。少しコリコリと激ウマ〜

ま、正直に言いますと、玉木君が食べたからこそ特別な味がしたというか?なんというか?
そんな感じです。

冨紗家はお正月も終わったので少し空いてましたので、鹿男の椅子?に座れました。
小川先生の話が長くって、豚もやしがカラッカラになって藤原君が涙を流した現場です。

「先に言っておくがセットは1人前で充分だから」と釘をさしました。

最後にいもっこアイスを食べたらお腹パンパンで寝られそうにないので
夜中にブログを書いとります。

お店の兄ちゃんがご親切に、こぼれ話をいろいろして下さいました。ラッキ〜
撮影の最中に兄ちゃんがモクモクとスモークを焚いていたそうです。

「もう、鹿男を目指して来る人もいないやろ」「いえいえ時々いらっしゃいますよ」と。
やっぱり鹿男は脚本も良かったのでみなさん懐かしいのでしょう。

「はっぴぃさん富士山の写真見た」「なにそれ?」

どうやら「秘境ふれあい紀行」で玉木君が富士山に行った時の写真らしいです。

「はは〜ん!これは剣ヶ峰が右に見えてくぼみが右端に見えて
裾野の方に山が見えるから」と。

あれは富士急行三つ峠駅から山(杓子山?)を登ったところから撮ったものだと
確信しました???(ほんまでっか?)

小御岳(こみたけ)がはっきり写っていたら確証が取れるんだけど、残念ながらガスってます。


おそらく、山から下りたところに忍野八海があるからその足で向かったのかな???
などと妄想話に花が咲きました。

富士山の伏流水で打った蕎麦は食べたのか?草餅は食べたか?玉木く〜ん!

なにせ、私は三つ峠駅の横の139号線を大月駅に向かって自転車をこいだんだから。(いばるな!)

「富士山は何処から見ても富士山なんだけど、同じじゃない」
「どこから見るのが一番綺麗?」「そりゃ!河口湖や、新富士からの富士山は富士さんじゃない」
と富士山大好きな私は熱く語りました。

あーだ!こーだ!と話は尽きず、そして明日は八番掘りまで一っ跳びしてきます。


玉席に座ってご満悦〜    簡単なんだけど美味しい!   温かいさつま芋とアイスのコラボ

Posted at 2015年01月08日 08時19分06秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*