大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

興味があること!

思い出したことが一つ。いつの話だ!と言わないで〜

玉木君が魔天崖へのトビラ(馬が外に行かないように扉がある)を開けて歩いている時に
馬が数頭いましたが、私達が行った時もおんなじ馬がいました。
そこをテレトリーにしているんでしょうね。多分!

「ザック、ザック!」と無心に芝を食べていました。
その音が聞こえるという事は、それだけ浮世の雑音が聞こえない静寂な場所です。

玉木君が手と足をかけた柵の下に魔天崖の257mの断崖絶壁の国賀海岸が広がっているのですが、
実は魔天崖がら通天橋に下りて行く遊歩道があるんですよ。

魔天崖の真上から左に下って行ったとこが通天橋なんです。
その向こうに8月のお盆の頃に夕陽が灯って、ろうそく岩になる観音岩があります。

どうですか?位置関係が解りましたか?(誰に言ってる?)

そして、魔天崖から見て向こうに見えてる台形の山が赤尾展望所です。


魔天崖と赤尾展望所の間に通天橋  この子もテレビに出た?  向こうが魔天崖 真ん中赤尾


魔天崖から降りてきて、イカ寄せ浜というイカがいっぱいくる浜を通って赤尾展望所に行ったり、
鬼舞展望所に行けます。

どこへ行ってもイカ寄せ浜に戻ってきて、又次の観光地にいくという。
だからイカ寄せ浜が玉跡めぐりの要です。

観光地は船引き運河を挟んで左にほとんどあります。
右側にも別府港や焼火神社(たくひじんじゃ)があるのですが、玉跡ではないですね。

焼火神社も三徳山の投入堂と同じ岩穴に建っています。重要文化財です。
投入堂とかぶるから行かなかったのかな?

その焼火山が噴火して隠岐の島が出来たのです。


「会社休みます。」はどーしたですが、リアルタイムで見ました。

感想が出てこないわ。もう、興味のあることとないことの差が激しいのなんのって。

まま、あえていうならあのまんま浅尾社長が失却するわけがないと思います。

社長職は解かれても、無理を言った自分の責任でイベントを成功させるんじゃなかろうかと?


それにしても、日本一を目指す浦郷「にしわき鮮魚店」の干物が美味しかった〜

あの日おっちゃんの店で食事をしようと思ったのに、「もうご飯が売り切れた」
って言ったから「日曜日なのに もっとご飯炊いときよ!もう欲ないんやから」と言ったら

おっちゃん玉木君にしたように肩をポンポンとたたいてきたよ。(それがどーした)

ちなみに、にしわき鮮魚店にはサインはありませんでした。
撮影が終わったら はよはよ!帰っていったそうです。

「又来た時にしてもらう」と言っておられました。

にしわきさんちから国賀めぐりの船着き場まで徒歩5〜6分です。
船の出航時間が迫っていたから急いだのでしょうね。


撮影の日はうねりがあったので、明け暗の岩屋(あけくれのいわや)には入れないと
判断したので大きな方の観光船で行ったと思います。

国賀めぐりは浦郷港からと別府港からの出発があるからお間違えなく!(誰に言ってる?)

あれからスーパーでみりん干しを買っても、うるめの丸干しを買って食べ比べても
やっぱりおっちゃんとこが一番美味しかったです。


頑張れ!おっちゃん!日本一を目指して〜♪(時は進んでる!)

      私の時は10月18日から止まってる。それ程夢のような出来事だったという事です。

Posted at 2014年11月08日 12時31分15秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*