大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

三行玉メール!

久々の玉メールが届きましたが、簡潔な中に充実感が垣間見れました(ほんまでっか?)
二行でも三行でも嬉しかったです。

私達が学園祭〜♪たまき〜♪たまき〜♪と浮かれている横で、
実は、学生さんたちが玉木に関係なく頑張っているお姿を拝見させて頂きました。

トークショーの開演前にそこらへんをウロウロしていたら、
ブドウジュースが目に留まりました。

このコーナーは学生さんたちが立ち上げたボランティアのブースでした。

私がすっかり記憶から遠のいていたあの東日本大震災を
いまだに支え続けている学生さん達がいらっしゃったのです。

47都道府県のすべての地域から被災三県(岩手、宮城、福島)に、
学生さんたちはボランティア活動を行っているそうです。

「きっかけバス」といって

東日本大震災を、いつまでも風化させない「きっかけ」

被災地の人たちを、もっと笑顔にする「きっかけ」

ボランティアをしたい学生たちを、東北に連れて行く「きっかけ」

いろんな「きっかけ」を乗せて「きっかけバス」は今も走っているそうです。

『復興とは被災したすべての人に笑顔が戻ること』

そこにおられた学生さんも今年の3月に東北に行かれたそうです。

石巻市のさんま缶詰、福島の杉で作った割り箸、宮城のブドウジュース。
少しだけですが、購入させていただきました。

「この経験があなたの人生に必ず役に立つからね。頑張って〜」と言って


この世のものと思えない

浮世離れした玉木宏トークショーを見に行った次第です!(反省しろ!)


美味しかったです。   さんまの缶詰も味わって頂きました。


いわき産の杉で作った割り箸に日本人でありながら知らなかった言葉が添えられていました。

割り箸を「割る事」は、事をはじめるという意味を持ちます。
祝い事、神事・・・

私達の国では、大事な場面にいつも真新しい割り箸が用意されました。

純いわき産の杉原木を材料にしたこの割り箸を、福島より復興の願いも込めて送ります。

新しい事のはじまりに・・・・・

なんだか、私は励まされました。

Posted at 2014年11月03日 14時10分22秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*