大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

確信と確証!

「ここ真っ直ぐ行ったら古川橋に行けますか?」
「そや、真っ直ぐ行ったら線路が見えてくるさかいに」 おじいちゃん二人の会話です。

横を自転車で通りながらほっこりしましたとも。

適度にプライバシーがあって、友達と会ったら道端で世間話が出来て、
ほんと!私はいい街に住んでるわ〜としみじみ感じた夕暮れ時。


玉木君もご近所の方と世間話はするんだろうか?(しません!)

一度しかスイスに行ってないのに、どうして玉木君の撮った

マッターホルンと飛行機雲の撮影ポイントが解ったか不思議ではありませんか?(誰に言ってる?)

それは、玉木君をプロファイリングしたからです (FBIかッ!)

2010年7月にヨーロッパ旅行をした時、毎日天気が良かったそうです。
これは玉木君から以前聞きましたから本当の事です。


マッターホルンは昼からは雲がかかりやすい。なので、午前中に撮影に行ったと読みました。

ゴルナーグラード鉄道は満員電車です。特に午前中は観光客でいっぱい。
なにせマッターホルンが一番見えやすい時間帯だから。

角度的にはゴルナーグラード展望台で撮ったかな?と私は最初思ったのですが、

彼の性格からプロファイリングしたら
人がいっぱいの場所で、同じところに留まるには迷惑だと思ったのでしょう。彼は。

ハイキングコースに添って坂をトコトコ下りて行ったらコースから逸れたわき道に
ケルンを積んでるガレ場を見つけたのです。 注:ガレ場とは石がゴロゴロしてる場所。

長時間とどまってじっくりマッターホルンを撮るにはここしかない。
そこはハイキングコースから外れていますので煙草も吸える。

日本人観光客がいっぱいだけど、みんなマッターホルンだけを見ているので目をさす事もない。

それともう一つ、マッターホルンには表情があるのです。
マッターホルンに当った雪が、山の下に積もっているのにも特徴があるのです。

私はスイスに行く前に、ネットでマッターホルン画像をいっぱい見ました。

そして、あの 「マッターホルンと飛行機雲」 の写真を、
虫眼鏡でじっくり見て、照らし合わせて研究しました。(ド暇?)

好奇心旺盛と言ってくれ!


角度的には間違いない。でも行ってみないと解らない事ばかりです。百聞は一見にしかず。

自分の足で歩いて自分の目で見て、そして、ここしかないと確信しました。


それを今回のハワイで玉木君から確証を取ったわけです。

             足かけ4年 私の長年の謎が解けて今は 超〜気持ちいい。(お疲れ!)

Posted at 2014年06月11日 21時02分18秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*