大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

桜と人生!

今日の気温は17度、やっと厳しい冬が過ぎ春が訪れて参りました。

10日程前から低インシュリンダイエットを始めた私は、
コンビニのレジ横の田舎まんじゅうを見て見んふりをして、ぬれおかきにも目をつぶり、
お餅が食べた〜ぃ!気持ちも抑えつつ、日々修行僧の如く耐え忍んでおります (いちいち!)

三食きっちり頂く、おやつは食べない。珈琲も二日に一杯。
緑茶もカフェインが多いので韃靼(だったん)そば茶を飲んでいます。

ま、今のところ私の極端な性格が功をそうしています。

こんなに規則正しい生活は65年の人生ではじめてです。
こりゃ、さぞかし体重が減っているやろ!と体重計に乗ったなら、
ほんの微々たる針の動きにショック!

おそらく長年プールしてきた脂肪が邪魔をしているのでしょう。


こんな陽気だと桜の開花が待ち遠しくって。桜は日本人が大好きな花の一つです。

今年は金剛山に桜を見に行こうと思っています。隙を見て兵庫県の武田城跡にも行きたい。
武田城は日本のマチュピチュと呼ばれているところです。
最近脚光をあびて観光客がいっぱいらしい。

そこで、出たがりの私は桜前線が気になる今日この頃。

春になればどうしてきっちり桜が咲くのか?桜が咲くメカニズムをお答えします。(誰にだ?)

実は春に咲く花の芽は、前の年の夏に作られているのです。
その花の芽は、春になるまで枯れ木のような枝の中で休眠状態で待機しているらしい。

その後、冬の寒さにさらされて目を覚まし、
春になってポッカポカの陽気に誘われて、花を咲かせるというわけです。

桜には極寒の身もこごえるような寒さが必要なんです。
試練を受けてこそパッ!と見事に咲かせることが出来るのです。


そ、それは人間にも言える事で、こごえる程の苦労を経験してこそ、
パッ!と見事な人生の花が咲くのかも知れません (出た!)

これを玉木君に例えると (はい!お決まり〜)

若干17歳で親元を離れ、夢と希望に心躍らせて飛び込んだ世界は、
少年の中の常識を、容赦なくこっぱみじんに打ち砕く現実でした。

17歳の少年の心は不安と心細さに、前にも後にも進めない、深い深い雪の中にひとりぼっち!

目の前の現実の厳しさにガラガラ!と夢がこぼれ落ち、
誰かに支えてもらおうとしても、彼の隣りに人は居ず。

電気は止められ、蛇口から水は出ず、
バイト暮らしの生活は食べるだけのカッツカツ!でした。(見たのか?)

それでもかすかな灯りを寄せ集め、まじめに働き続けて、
人の情けを少しずつ頂いて、その情けを忘れないように心に刻み、感謝を忘れず、

与えられたチャンスは不安の中でやり遂げ、段々と人にも認められ、

遠くに薄あかりが見えた青年は、ガラガラ!とこぼれ落ちた夢を自らの手でかき集め、
再び確かな夢と希望を抱いて一段ずつ階段を上っていったのです。

そしてその光の先には、

少年が思い描いていた夢より、もっと、もっと広大で綺麗な景色を見る事が出来たのです。

ご縁があってファンになった私達は、まだまだ先を歩き続ける彼の後を、
どこまでも憑(つ)いて行きたいと思っています。

迷惑と言われても、おばちゃんも一緒に夢が見たいのだ!


おっとっとっと、桜前線から大幅に話が逸れ、めんどくさい程の玉木語りをしちゃいました。


なんだか異様にテンション上がってるわ〜 私。(毎度です!)

私はいつになったら、思いぞんぶん赤福餅が食べられるのでしょうか?

Posted at 2014年03月17日 21時05分27秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*