大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

半沢直樹!

凄い!視聴率 42.2% なのか。と、私もネットの情報に振り回されている一人です。

「ちょっと、どう思う半沢直樹が左遷されたで」 だんな様に意見を求めたら

「そりゃ、あんな真っ直ぐな男は使いにくいやろ!毎回あんな勢いでぶち当たってこられたら会社は統率取れんやろ」 「ちょっとちょっと!お父さんその考えは浅い」
あーだこーだと語り合いました。 (平和だ!)

普通に考えたら大出世をするはずです。
ひよっとして常務の後がまに座るのかな?と思ってました。

もちろん大和田常務は僻地に飛ばされる。

それでは めでたしめでたしで面白くないな〜 と、

やっぱりね。半沢直樹には試練が似合う。こうでなくっちゃ!

私の見解は、
大和田常務を僻地に飛ばしたらマスコミがうるさいでしょ!常務が左遷されたと知ったら
「何があったのか?そんな銀行は信用できないな」と銀行の存続にかかわります。(ドラマです!)

「銀行員に一番大切なのは人を見ぬく目だ」 と、頭取が言ってましたが、

大和田常務も常務になったくらいですから、それまでは仕事の出来る男だったのでしょう。
やり方云々はこの際置いといて。

半沢直樹があれほどまでに執念を燃やして不正を糺したのも
父親の無念を晴らすのが大きな目的だったのです。それだけではないのですが。


本当の意味での、会社の為に、人の為に働く、働く意義を出向先の会社で経験して、
そしてもう一度大きくなって帰って来てくれたまえ! 頭取の親心だったのです。
                            (くれぐれも、ドラマです!)

このドラマで私が一番為になったのは妻の立場です。花さんがいいわ〜

花さんを主役にしてもいいくらいです。

子供が起きている時間に帰ってこられない超絶忙しい銀行員の妻なのに、
不平不満もなく毎日バランスのとれた手作り料理の数々。決して頭にカーラーなど巻いてません。

どこまでもあなたの味方ですよ、あなたのすることなすことすべて応援します。

まるで、玉木君ファンそのまんまですね (出た!)


花さんあっての半沢直樹ですよ。

もし、生まれ変われるなら
私は花さんのような女性に生まれ変わりたい! チクリと胸に突き刺さった今日この頃。


ドラマを通じて自分を見つめ直す。いいドラマでした。

Posted at 2013年09月24日 16時26分33秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*