大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

勇気をもらえる存在!

「私な コンビニとかスーパーに行く時、爪先で歩いて行ってんねん」
「なんと 闘ってんの?」 (注:なんと、は何との意)

私と娘のような、なっちゃんとの会話です。

このぶった切りの会話が好きです。歯に衣着せぬ会話がいいでしょう。

元来、私もおべんちゃらは言いません。 (注:ゴマすりの意)
お互いにそのまんまの、明け透けなので気が合うのでしょう。

長年お客様商売をしているのに私はお世辞が言えません。
宴会の時にお酌をして回ることも出来ません。 (どーでもいい!)

性格は一生変わらないでしょうね。まぁ、今さら私がいい人になっては気味悪いし。

人が成長するには、本当の事を言ってくれる人がいるか?
又、本当の事を聞く耳を持っているかです。当たり前の事なんですが。

なかなか耳の痛い意見を、人は言ってくれないものです。
自意識過剰というのが人間には植えつけられていますので。

つらつらと考えるに。我らの玉木君に苦言を言ってくれる人はいるのだろうか? (出た!)

今が旬で、今が盛りの彼に。

なぜこの様なすっとこどっこいの事を考えたかと言いますと。
昨日、久しぶりに千秋様の指揮集のDVDを見ました。

1812年を苦悩しながら覚えている玉木君の姿に、私は何かのヒントを得たいと思いまして。

苦しみながら、苦しみながら夜も寝むれない状態で、撮影に挑んだあの序曲 「1812年」

どんなにか、重くのしかかった圧迫感があったろうに。

地震が起きたり、何か不祥事で撮影が出来なくなるのを望んだかもしれません。
頭の中をいろんな思いがグルグル廻ったでしょう。

でも彼は、やるっきゃない現実と、それを望んでいる周りの方々の為に。
いや、一番は自分の為にやりきったのです。体中を押しつぶされそうな重圧の中でやりきった。

それを乗り越えた精神力は、計り知れないです。

                  お疲れさ〜〜ん!玉木君!ようやった (今さら!)


周りのスタッフの方がうちわで扇いでいましたが、彼の懸命さを心からねぎらっていたのでしょう。
あんなに頑張っている彼にあえて苦言を言う人はいないのでは?言えないでしょう。

でも、これから一流の役者になるにはワインの味も当てないといけないし???

真偽を見抜ける人生経験がいるし、とっさの瞬発力も必要だし。
さぁ、どーしましょう? (大きなお世話!)



いかなる役でも、渾身の演技で成りきる玉木君に、役者やのぅ!と、

             感心した残暑厳しき今日この頃です (で、ヒントは得たのか?)

Posted at 2012年08月18日 19時55分15秒

 
この記事へのコメント

なんという偶然!

私も、義朝様が亡くなられてから、手に取ったのが、「千秋コンプリート」DVDでした。魂のこもった義朝の演技と肩を並べられるのは、千秋の「1812」しかないと思って!

小手先では演じられなかった「千秋」。。。メーキングで彼が必死で頑張っている姿に感動します。そして、指揮を終えて「腕がちぎれるかと思いました」と微笑んでいる玉木君は本当に素晴らしい!


彼は、自分で自分を律することができる人ですね〜
新しい挑戦に期待したいと思います。
Posted by ヒロミ at 2012/08/18 20:08:50

>ヒロミさんへ

おぉ、ヒロミさんも見たの、偶然だね〜。数あるDVDの中でなぜだか見てしまいました。

真剣に役と向かい合って、他を寄せ付けない緊張感マックスの顔が好きです。
笑顔のない真剣な眼差しに心の中はどんなだったかと今さらながら思いました。

おそらく、身の置き所のない状態の中で頭の中は、これが終わればどこそこへ行こう、何を食べようか、と考えて気を紛らわせていたかも?

そうしないとあの緊迫の状況を打破できないでしょう。

ヒロミさんの言うとおり、彼は自分を律する事ができる人と思います。
早くお仕事の発表がないかと心待ちにしています。

歳は私たちの方が食ってますが、彼が先に歩いてくれて後ろを振り返って教えてもらいたいです。
年齢も経験も関係なく、刺激を与えてくれる存在ですね。
Posted by はっぴぃ at 2012/08/18 22:14:42

おんなじだ

おんなじです。わたしも時々、つまさきで、歩いたりします。
おなかがしまり、バランスがよくなって、足の裏が強くなります。
偏平足の玉木君に勧めたいエクササイズです。

千秋の玉木さんを見ると、あれが彼の大きな、ステップだったとおもいます。そして、現在の彼は、それよりも大きく、強くみえます。
義朝様のおかげか。さらには、柔軟に、何か、彼の一年はわたしたちの五年でしょうか。

彼は、立派な共演者から、いっぱい学んでいるのではと、このごろおもいます。どうか、いい共演者に出会いますように。
どこまでも、学ぶ素直さが、彼の最大の魅力です。

三日に一度は見る「千秋コンプリート」
彼は、振り返らないでしょうね。
前へ前へ進むのみ。そして、老体を励ましながらついていくわたし。
Posted by からこるむ at 2012/08/19 14:55:33

>からこるむさまへ

からこるむさまもつま先歩きとは。私のお腹は残念ですがしまっていません。
三日に一度のコンプリートとは凄いです。まさしくコンプリートですね(笑)

のだめは、役者としてやっていける自信がついたドラマだと思います。
一時は、のだめは終わった!ときっぱりと言っていましたが、若さゆえの感情だったと思います。
それがあって今があると今では感じているのでは?

義朝殿の役も過去には違いないのですが、やはり彼の中でやりきった感のある大きな存在でしょうね。

最近の綺麗な大河を見ていると、今となっては、うす汚れた清盛や義朝の方がリアリティがあってよかったかな?
視聴者はわがままですね。
Posted by はっぴぃ at 2012/08/19 21:05:06

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*