大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

言葉!

犬には犬の言葉があるのでしょうか? (出ました。スットコドッコイ!)

まぁ、単純な意思を表示する言葉は存在するでしょうが、ほぼ、本能で生きていると思います。

飼い主の笑顔を見れば犬は嬉しい。おそらくオス犬のペグも目じりを下げた飼い主を見て

「おぉ〜。今日もご主人様は俺のものだワン。 人間の女に渡してなるものかワン?」

と、言葉では言えませんので、愛情表現の手立てとしてペロペロ〜 ペチャペチャ〜♪

これでほぼ、犬は人間とわかり合えます。うらやまし〜ぃ!と言ってるのは誰ですか?

厄介なのが人間です。
文明の進化によってより、「察する」 というあいまいな感情が退化した結果、
夫婦はもちろんの事、親子関係でも言葉で言わないと通じません。

「愛してる。好きだよ。」 言葉は人間だけに与えられた特権です。

なぜ、こんなトンチンカンを持ち出したかと言いますと。

もう一週間も過ぎたのに、いまだに秀夫に感情移入をして心が沈んでいる私がいます。
                                (どんだけ〜〜〜。)

楽しかった〜♪ と言わしめたラブシーンも、まさしく餓鬼のようなお見事な食べっぷりも、
素敵は素敵なんですが、秀夫の苦しみを考えたら、どっかに飛んでいます。

秀夫がいじらしくって。

同じ戦争孤児の吉村は幸いにも親切な人に巡り会って普通の感覚を育めた。

人の一生って、出会う人によって、又言葉によっても良くも悪くも変わっていく?

      いい人に出会うのも、運命のいたずらも生まれた時から決まっている宿命なのか?


と、訳のわからない事に心を痛めている今日この頃です。 (暇なのか?)

「秀夫ちゃんおかえり!学校楽しかった。」 
「秀夫ちゃんはピアノが上手いなぁ! いい子だ、いい子だ!」 と
隣のおばちゃんの私は言ってあげたかった。 うえ〜〜〜ん! (ドラマですよ。)



今日だんな様に夕飯を持っていったら 「このテレビ見てみ!凄いで。」

某国営放送で75歳の中老のおばあちゃんが 「氷壁」 のごとく岩登りに挑戦していました。

なんでも65歳からはじめられたそうです。
訓練を重ね、仲間に助けられながら岩を登りきった満足そうなおばあちゃんを見て

「このテレビを見た年寄りはみんな励まされるだろうな」 とだんな様が言いよりました。

今日私はサイクリング用の股にパットの入ったズボンと靴、そしてフリースを買って来ました。

ウシシシシ〜♪ なんとタイミングがいい。私の為の番組か?
と思わず心の中で、ガッツポーズをしたのは言うまでもございません。


だ・か・ら〜♪ 早く写真展の詳細を知らせて〜〜〜〜。タマクラさ〜〜〜ん! 

                          (マジ、なのか?) マジですよっ!

Posted at 2011年09月19日 21時03分12秒

 
この記事へのコメント

フレー!フレー!はっぴぃさん!

はっぴぃさん、こんにちは!

半年間待ちに待った「砂の器」が無事に放送されてホッとしました。
確か当日の昼にも地震があったので、、、ヤダー!今日はちゃんと放送させてーーー!と祈ってました。

吉村デカの砂の器。原作を読んでない私にもちゃんと伝わってきましたよ!
???のところは想像力で補い、観終わった後大事にとっておいた原作を読んで、なるほどそういう事ね!と納得する。
観たい映画は必ず原作を後で読む!これが私のやり方です。
ですが、「砂の器」は過去に何度も映像化されているし、原作を読んだことが無い真っ白な私の様な人は稀なんですよね。。。
母にももちろん宣伝しましたが、砂の器は何度も観たことあるから・・・翌日出かけるし・・・日曜日は疲れて寝ちゃった・・・と。。。
初老の方々はそういう人多いんじゃないんでしょうか。。。残念です。
ですが!大河ドラマは必ず観てるので、役者玉木宏の真骨頂に唸る初老の方々多数でしょう!!
初老。連呼ですいません。今回のドラマは、松本清張作品を読んだり観たことが無い若い世代(私は若くないですが)に観てもらいたかったんじゃないのでしょうか?
そして、若手では無くなった役者玉木宏の色んな面を魅せてくれたドラマだったと思います。二夜共、ラスト30分が凄かったです。

はっぴぃさんの言葉は私の中にス〜っと入ってきます。砂の器の記事も、うんうん、なるほど〜そうなんだ〜。と原作よりも読み応えがありました。
そんな、はっぴぃさんが自転車で東京へ来ると!!
千葉の娘(勝手に!!)としては、最初は心配しましたが・・・はっぴぃさんなら出来る!無理な計画は立てないだろうし、私なんかよりずっと体力が有りそうだし、あのカッコイイ自転車なら大丈夫なんじゃないかと!!
有言実行のはっぴぃさんですから、素敵な旅をしながら玉木くんの元へゴールする、と思います。
でも、登山と同じで無理をしないで限界を感じたら勇気ある下山(電車に乗り換え)をして下さいね!!
私は小旗を振ってゴールで待ってますから!もちろん電車で行きますけど・・・自分の事は自分が一番良く解ってるので。

P.S 私は壁登りするお婆ちゃんを見て、はっぴぃさんを思い浮かべましたよ。はっぴぃさんも登るんじゃないかと。。。そしたら自転車でした。
Posted by ひよっ子 at 2011/09/21 11:46:42

>ひよっ子ちゃんへ

きゃぁ〜。ナイス〜。ナイス!ブラボー〜♪ありがと〜〜 ひよっ子ちゃ〜ん!

いやぁ、うれしいですね。あなたの一言が私を支える(笑)

頑張りますよ。いとおしい彼が待ってくれているのですから???
自転車はモトクロスみたいなタイヤの太いやつで行きます。出来るだけ安全パイで行きますよ。
景色を楽しみながら、星空を見ながら、名物を食べながらですよ。
人間の行動範囲はたかが知れています。おそらくはじめて走る道ばかりでしょう。それが私をワクワク〜。させます。

ひよっ子ちゃんもあの番組見てたの?うふふふ。私とダブったとは、ピンポ〜ンです。(笑)
玉木君を知る前から私の中で自転車でウロウロは当たり前の人生でした。
その上にもう一つおまけ〜♪が付くのですから俄然やる気満々です。

初老の(笑)人間は後から続く人への目印にならなくっちゃ。と偉そうにのたまっています。
ホントは自分の心に正直に生きているだけですよ〜。
Posted by はっぴぃ at 2011/09/21 12:12:31

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*