大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

竹の子三昧〜♪

日本には四季があるから、当たり前のことなんだけど、、、幸せを感じますね〜!

冬の間、大変お世話になったガスファンヒーターをしまわなくてはと、思う今日この頃です!

今日はお昼のレッスンがありませんでしたのに、
「のだめ」を観にいくのをすっかり忘れていました。何でだろう〜♪ 何でだろう〜♪

そんな訳で里山から自然の恵みを頂きましたので、早速お料理に取りかかりました!
と言っても料理教室のメニューなんですが、、、

竹の子ごはん、竹の子の土佐煮、竹の子の天ぷら〜♪ 豚肉と竹の子の旨煮〜♪です!

春野菜をたくさん食べると夏バテ知らずの体になりますからネ!
ついでにお肌もつるつるのピッカピカ!ですよ〜♪

たくさん食べるとブツブツが出ると言われていますが、
それ程エネルギーが強い食べ物ということです!

さぁ!邪魔臭いですが、、、ご家族の健康の為に茹でてくださ〜〜ぃ!

実は、お子さんやだんな様への愛情表現は食卓の上でしか出来ないのです!
1本の竹の子から、こんなにたくさんのお料理が出来上がります!ネ、素敵でしょう!


この時期しか食べられません! 竹の子は炒めても美味し〜ぃ! 定番料理もこの時期だけ!

たけのこご飯

   ☆材料4人分☆
 
  米     2合
  茹で竹の子 100g
  にんじん  適量
  うす揚げ  1枚

1. 米は洗ってザルに上げ30分ぐらい水気を切る。(必ず水切りをすること)
たけのこは、穂先の5cm位は薄く、くし型切りにして、根元の部分はいちょう切りにする。
にんじんは斜めに薄切りにしてから千切りにする。うす揚げは縦半分に切り5mm幅に切る。

2. 釜に米を入れ、目盛りより3mm位控えめにだしを注ぎ、淡口醤油、みりん各大さじ2、
酒大さじ1を加え全体をかき混ぜて、具を上にのせ普通のご飯同様に炊く。

竹の子と豚肉の旨煮

   ☆材料2人分☆

  竹の子    100g   合わせ調味料   
  豚肉      100g     醤油   大さじ1         
  もめん豆腐  1/2丁    酒    大さじ1    
  ニラ     適量        オイスターソース 大さじ1
  きくらげ   適量        砂糖   小さじ1
                   ガラスープ小さじ1(200mlの水で溶く)
                   こしょう 少々   胡麻油 小さじ1

1. もめん豆腐はキッチンペーパーに包み重しをして10分位水切りをする。
  半分に切り、1cm幅に切る。豚肉は3Cm位の長さに切り、酒、醤油、片栗粉適量で
  下味をつけもみ込んでおく。
  たけのこは穂先の部分はくし型切りに、根元は3mmのいちょう切りにする。
  きくらげは、水で柔らかく戻し、ニラは3cm位に切る。合わせ調味料を合わす。

2. フライパンを中火にかけ、油大さじ1を熱し豚肉をほぐしながら炒める。
  次にたけのこ、きくらげを入れ炒め合わせ、合わせ調味料を加え、
  豆腐を入れ沸騰したら2〜3分煮込み、水溶き片栗粉(水、片栗粉同量)
  でトロミをつける。ニラを加え、火を止めて胡麻油小さじ1で香りをつける。

竹の子の土佐煮

   ☆材料2人分☆

  茹で竹の子   100〜150g
  
   だし    200ml
   淡口醤油  大さじ1
   本みりん  大さじ1
   酒     大さじ1
   砂糖    小さじ1 かつおぶしの小袋  1袋

1. たけのこは、茹でてあく抜きをする。

2. 穂先の部分は4等分のくし型切りに、その他の部分は、半月切りに、
  又はいちょう切りにする。

3. 鍋にたけのこ200g、だし200cml、酒大さじ1、砂糖小さじ1を入れ中火にかけ、
  フタをして4〜5分煮て甘みを含ませる。
  次に淡口醤油・みりん各大さじ1を加え、煮汁が大さじ3位になるまで煮て、
  火を止めて、かつをぶし1袋(3g)を振り入れそのまま冷ます。
  器に盛り、あれば木の芽を天盛に飾る。



塩をつけてどうぞ召し上がれ!  大輪のガザニアです!  にんにくは偉い!自ら茎を折って                                取り頃を知らせてくれます!

最近デジカメの様子が変です!ちょっとすねているのか?わがままを言っているのか?

せめてハワイまでもってくれ〜〜〜〜!(説明書を読んで下さい!) 邪魔臭い!


   

Posted at 2010年04月21日 20時56分08秒

 
この記事へのコメント

いってきましたよん

行ってきました。タケノコほりではなく、たまきほりです。
はっぴいさんの気持ちわかります。
後篇のキーワードは「原点回帰」だと思う。最後にノダメが子供たちに弾いて聞かせるのがベートーベンPソナタ31番じゃなく「悲愴」だったのはちょっとがっかり。出だしのべと7がピアノバージョンなのも、多分その線です。
「でたらめだけど、へたじゃない」「あいつらみんな、のだめなのか」
腐っていた千秋が人に目覚めるきっかけの曲だからでしょう。
問題はショパンのPコンの使いどころかと。第2楽章が出てくるかとハンカチを用意したのに、消化不足。アニメだと千秋のモノローグがあって聞かせどころなんだけど。それと専門家じゃないけどランランはミスキャストなのではとちょっと思った。
他は不満はないけど、曲目がみなマニアックなうえに、多すぎる。しかもピアノばかり。きょうかんしにくかったのはそのせいかも。ベタにしたくない気持ちもわかりますが。
微妙な違いは監督が交代したせいもあるでしょう。
前篇は一つの曲を仕上げる過程とオケの再生過程がかさなっていることや、あまりにドラマチックな「1812」効果かと、からこるむはおもいます。ぐるっと回って一回り大きくなって戻ってきたふたり。
よかったね。でも樹里ちゃん、色気ないねえ。途中までは天才だと思った。橋の上のキスシーンはもっと、のけぞらなければ。かくすいしたのだから。
次はむんむん、むれむれの「大奥」だよん。どうしょう・・・・。
今日のところはこんなです。
Posted by カラコルム at 2010/04/22 22:47:33

>カラコルムさまへ

ふふふふふ、、、!玉木掘り〜に行かれましたか、、、(笑)

まぁ!間違ってはいませんね!彼の魅力を深く掘り下げて、、、

やっぱり!あの「1912年」がインパクト強すぎて、後が霞んでしまったようです!

「後編」にも千秋の指揮シーンがもっと、もっと欲しかった!

あのラストは一度体を離して、途中で抱きしめる方がよかったのに、、、
などと勝手なことばかりをほざいています、、、(笑)
Posted by はっぴぃ at 2010/04/22 23:25:04

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*