大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

思い出しました!

まだ、お元気なのかなぁ!


私の部屋に飾ってあります!

今日のレッスンの時!ふと、「ターシャ・テューダー」さんの事が頭をよぎりました!

ターシャ・テューダーさんはアメリカ バーモント州の田舎に住む絵本作家、園芸家の方です。

お年は90歳位のおしゃれなおばあさんでした。
30万坪の広大な庭に四季折々の花を植えて、
19世紀の頃のアメリカ開拓時代のスローライフな生活を好んで、コーギー犬と二人暮らしでした。

一日の大半を草木の手入れについやし、いつも午後4時半のお茶の時間には、
ゆたりと庭を眺めて、、、犬のスケッチをしたり、、、

庭のりんごをジュースにしたり、ろうそくを手作りしたりと、自給自足の生活をされていた方です。

NHKの番組で偶然拝見して、2006年位にターシャさんのDVD付きの本を買い求めました。
毎日、仕事が終ったらパソコンで同じDVDを繰り返し!繰り返し見ていました。

その頃、母を見送り、気の抜けた頃だったと思います。
いつも後ろを通る息子が「又、見てんのか?」と言っていました。

何てことはない映像なんですが、ただ、チューリップが咲いていたり、
ターシャさんがコーギー犬とお散歩をしていたり、草花が風になびくさまが美しくて、
それだけで涙を流していました!

ターシャさんの口から出るお言葉はとても優しくて、お庭はもちろんですが、
ターシャさんの生活に憧れていました。

子供の頃から花が大好きな私は、ターシャさんの庭に咲く花を見るだけで楽しかったのです。
なんとも癒される映像でした。

今日、早速、仕事が終わってからネットで検索しました。

ターシャ・テューダさんは2008年8月28日、自宅で家族、友人に囲まれ逝去!92歳でした。

やっぱり、、、と言う気持ちと、
ご自宅でみんなに見守られて天に召された事になんだか嬉しかったです。

2009年に「最後のことば、人生の冬が来たら」という本が出ているのを知って
早速、注文しました。きっとこの本もこれからの私の人生の指針となってくれるでしょう!

ターシャさんのお言葉です。

楽しい事は、それを楽しみに待つ喜びも大きいものです。
楽しい行事は、その日が来るのを楽しみに考え、
その日が来たら思う存分楽しみましょう。
そして、その楽しみをできるだけ長引かせましょう。

生きているだけでも、ありがたいと思いませんか。
公害や恐ろしい事件がいくらあっても、この世界はやはりすばらしい。
見慣れた空の星だって、
年に一度しか見られないと思えば、感動するでしょう。
何でも、そう思ってみては、どうかしら、、、!              合掌!

Posted at 2010年02月20日 00時44分35秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*