大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

鏡開き〜♪

1月14日は我らの玉木君の30回目の誕生日です!Thank you for your birth!
誰にお誕生日を祝ってもらうのか、、、?やはりご家族でしょうネ!

でも、私も玉木君と同じ歳の息子がいますが「お誕生日おめでとう」
なんて今更!照れくさくて言えないでしょう!(2月1日が息子の誕生日!)

やはり、自分自身が「おめでとう!今まで良く頑張ってきたなぁ!」と、
自分を褒めてやるのが一番いいと思います!

さて、今日11日は「鏡開き」です!
お正月に歳神様にお供えした鏡餅をお雑煮やお汁粉でいただく日です!

鏡餅は歳神様が我が家を訪問してくださった時に、宿る場所です!
餅を開くことでお正月に一区切りをつけて、帰っていただきます!

その神様が宿ったお餅を食べる事で、パワーを授けてもらうのです!
数年前から年末にお餅を搗く習慣が出来てからは、毎年ぜんざいを炊いていますが、
真空パックを買っていたときは、カビが生えないので作るのを忘れていたことがしばしばでした!

やはり、歳を取ると昔母がやっていた事と同じ事をするようになるのですね!

甘いものが大好きなだんな様に、朝からぜんざいを炊きました!
「ええ、嫁やなぁ!」と思わす為です!(ウヒッ!)

しかし、実は人間の行動のすべては、自分の為なんです!
自分のテンションを保つ為に、何かをしているのです!

そのことで人が喜んでくれたら穏やかな空気が漂うでしょう!
そうしたら自分も幸せな気持ちになる!そんな事の繰り返しなんです!実は、、、!

教室の生徒さんにいつも言っている事ですが、、、!
それが解れば人生勝ったようなものだ!幸せな人は生涯!幸せだ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!と、、、

さぁ!ご自分の幸せの為にぜんざいを作ろう!(話が飛躍していませんか、、、?)

   ぜんざいの炊き方

☆材料☆

小豆   300g
砂糖   300g
塩    ひとつまみ

もち   適量

1. あずきをサッと洗いたっぷりの水を入れ中火で5〜6分位茹で
  一度ザルに上げ渋きりをする。(アクの出た茹で汁を捨てる事を渋きりという)
  再度たっぷりの水を入れ沸騰したら火を弱火にして柔らかくなるまで1時間位煮る。
  (途中あずきより2cm〜3cmの高さになる位に湯を足しながら煮る)

2. 柔らかく煮えたあずきに、砂糖300gを入れ5分位煮て、
  塩ひとつまみを加え甘みを引き締め、火からおろし味を含ませる。


ポイント! あずきは煮える時間が早いのでもどさずに煮てもよい。
     乾物なので水分をたくさん吸収するので差し水はこまめにする事!
     かき混ぜすぎるとあずきがつぶれるので注意!砂糖の分量は好みで増やしても良い。        (あずきと砂糖の比率は1:1)


カビは包丁でこそげる!   小豆をつぶさないように!   ほらネ!ふっくら美味しそう!


去年も1月14日は覚えていたのですが、、、!

2月1日の息子の誕生日はすっかり忘れた母です!えぇ〜〜〜〜っ!
                    (I con't believe it!かわいそうに、、、!)

Posted at 2010年01月11日 10時34分57秒

 
この記事へのコメント

美味しそうです

今年もハッピーさんのブログ拝見させていただきます!ぜんざい美味しそうですね!作ってみます。 昨日、実家の新年会だったので栗きんとん作っていきました。美味しくできました!ありがとうございました!!
Posted by ケクミ at 2010/01/11 11:49:47

>ケクミさまへ

今年もよろしくお願いします!!

そうでしたか、、、!栗きんとん!喜んでいただいて嬉しいです!
是非とも「ぜんざい」も作ってください!
完成したものを見たときに自分を褒めたくなるでしょう!
その事でプライドが増していきますから、、、ネ!
Posted by はっぴぃ at 2010/01/11 12:06:25

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*