大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

「さざえめし」の作り方〜!

玉木君と「さばの味噌煮〜」!(こじ付けすぎ、、、!)

先日の楽しすぎた旅行の思い出をいまだに引きずっている私です!

何もない自然がこんなにも私の心を癒してくれるとは、、、
バスも電車もない!日本にこんなところが残っていたのか、、、

もう一度行きた〜〜ぃ!と毎日毎日考えてしまいます!
あの!海岸に立って星が見たい!(台風の影響で見えなかったのです!)

噂では空に穴があいているのか?と思う位に星が見えるそうです!
多分!余分な明かりがない分、くっきりはっきり見えるのでしょう!
排気ガスもない、工場の煙も無い、自然の風と打ち寄せる波だけ、、、(涙、、、!)

リベンジします!絶対に、、、と強く想う、今日この頃です!

唯一!漁港に一軒あった食堂で食べた「さざえめし」の味が忘れられなくて
再現してみました!うまくいきました〜!同じ味が出せました!

早速!長男に試食してもらいました!「キモを2個位つぶして入れたら、もっと磯の味が出ると
思うよ〜!」納得です!今度からそーします!

その時に、同時に頂いた「さばの味噌煮」もアップします!

関西方面は普通の味噌で煮るのですが、
やはり!ここは玉木君の顔を立てて?「八丁味噌」で作りました!(ウヒッ!)

ちょっと色が悪くてまずそうに見えますが、食べたら本当に玉木君が好きそうな味です!
(って!聞いたわけではない!)

さぁ!みなさん!作って下さい!


  さざえめし

☆材料☆
米     2合
さざえ   5〜7個
にんじん  適宜
うすあげ  1枚
 淡口醤油 大さじ1と1/2
 みりん  大さじ1と1/2

 出し昆布 5cm
 酒    大さじ1

1.米は洗って30分位水切りをしておく。
 鍋にさざえ、出し昆布と酒大さじ1を入れ、水をヒタヒタに加え弱火でじっくり沸騰するまで
 煮る。沸騰したら3〜4分煮てザルに上げ茹で汁は取っておく。
 カラから身を取り出し1cm幅に切る。にんじんは千切りに、うす揚げは短冊切りにする。

2.釜に洗った米、淡口醤油、本みりん各大さじ1と1/2を入れ、
 茹で汁を目盛りより少し控えめに注ぎ(足りないときは水を入れる)
 にんじん、うす揚げ、さざえを上に載せ(混ぜ込まない)普通のご飯同様に炊く。


ポイント!さざえはゆっくり煮る事で貝の旨みが出て、だしを入れなくても美味しくなる!
 肝を2コ分みじん切りにすると磯の香りがより立つ!


材料はこれだけです!    じっくりゆっくり煮て下さい!     さぁ!召し上がれ〜♪

  
   さばの味噌煮


☆材料2人分☆

さば(切り身) 2切
白ネギ     1本

 土しょうが  1かけ(親指位)

煮汁
 八丁味噌   大さじ3
 酒       〃
 砂糖     大さじ2
 水      300ml

1.さばの切り身は、包丁で皮に2本切れ目を入れ(こうする事で皮が破れない)
 熱湯の中でサッと霜降りをする。
白ネギは直火で焦げ目がつくまで焼き、5cmの長さに切る。
しょうがは皮付きのまま薄切りにする。

2.鍋に煮汁の調味料を合わせ、強火にかけ沸騰したらさばを入れ(皮が上)
しょうがを加えフタをずらせて10分位煮る。(煮汁が大さじ3位になりトロミがつくまで)
最後に白ネギを加え、サッと火を通し皿に盛り、上から残りの煮汁をかける。

ポイント! 魚の煮付けは強火で一気に煮る事!(弱火はダメ!煮えたら弱火にしても良い!)
 魚のたんぱく質を一気に固める事で煮汁の中に生臭さが溶け出さない!
 もし、心に余裕があれば、魚の上におたまで煮汁をかけながら煮る!
 倍量作るときは調味料は1.5倍で良い!



ネ!好きそうでしょう!

玉木君を知る前は普通の味噌で教えていましたが、去年からは八丁味噌に変えました!

やはり、好きな人が好きなものを好きになりた〜〜ぃ!(しーちゃんとは似ても似つかない!)

Posted at 2009年10月25日 23時14分05秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*