大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

「のだめカンタービレ」、、、♪

私が偶然目にした連ドラの「のだめ〜♪」、、、!(今更ですが、、、!)

現実を逃避する程のものは何もないはずなのに、歳をはるか昔に戻してしまって、
心は乙女の23歳!(あちゃ〜!)
うわぁ〜〜!と何者かが体の中に入り込んで出て行ってくれません!

「のだめカンタービレ」もう何回観たでしょう!
改めて見直しても本当に飽きないドラマです!
持っているDVDの中でリピの回数が一番多い作品です!

数ある玉落ちシーンの中で、
私の一番のお気に入りは、のだめが千秋に催眠術をかけるシーンです!

何事にも頂点を求め妥協が我慢できない俺様千秋が、
純真な故に、独特の音楽に対する感性を持ち合わせているのだめに、
気づかぬ内に心惹かれ、のだめだけには、すっかり心を許してしまう、、、!

のだめのけがれのない心で!のだめだけがかける事の出来る愛の催眠術!
のだめの静かな語りによって、固く閉ざした心が開放され、
窓から射す穏やかな光が、すべての苦しみをゆっくり溶かし出していく、、、

後ろに流れる優しい旋律のメロディーと共に、私の一番お気に入りのシーンです!

人はどこで誰に出会うかによって、人生がまったく違った物に変わっていきます、、、
出来る事ならいい出会いが訪れる事を、誰もが願って生きている事と思います!

偶然なのか、必然の出会いがあるのかは誰も選ぶことは出来ません!摩訶不思議なものです!

「のだめカンタービレ」のすばらしいところは、それぞれの人がそれぞれの出会いによって、
お互いの存在が刺激になって自分を見つめ直して、又次の成長へと導いてくれるところです!

千秋とのだめだけではなく真澄ちゃん、峰、黒キンその他のすべての人が
のだめと千秋を中心に心地よく廻っている。

そしてすべての人物の成長が描かれていて、見る側の心情とリンクしやすいです。
ある時はのだめの気持ちになって、又ある時は千秋の気持ちになって見ることが出来ます。
真澄ちゃんのせつない気持ちも理解できますし、、、

その次に好きな映像は千秋が大川まで追いかけていったシーンです。

コミカルな中にも、はじめてのだめに対する自分の気持ちに気づいて、後ろから抱きしめる!
あの時の千秋の目から涙がひとすじ流れたのを知っていますか?知っていますよね〜!

私は何度か見てやっと気づきました。ただ、抱きしめているのじゃなくて、あの涙を見たときに、
千秋の心の中に、のだめの存在がとてつもなく大きく育っていた事実を知りました。

その後のふざけ過ぎの家族との掛け合いも、よ〜く見てみると、
のだめに対する家族の人たちの愛を感じます。
やっぱりこの家族があってこそ、
心のまっさらな疑う事を知らない、のだめちゃんが育ったんだというのが解ります。

あぁ〜〜!私は息子達をちゃんと育てたんだろうか、、、?反省の嵐が襲ってきます。
まぁ!手遅れだからもういいです。過去を悔やんでも仕方ありません!

残りの人生を千秋様にかけます。千秋様と共に成長して行きたいです!
と、バカなことばかりを考えている、ノー天気な61歳の秋です!

平和で、し・あ・わ・せだぁ〜〜〜〜!ありがとう!

What’s your favorite scene? (ワッ ユァ フェイブリット シーン)
(あなたのお気に入りのシーンは?)

Posted at 2009年09月07日 21時00分31秒

 
この記事へのコメント

お気に入りは・・。

催眠術のシーン、私もベスト3に入ります。バーバーの「弦楽のためのアダージョ」がバックに流れ、千秋の頬につたう一筋の涙・・・・。
窓から差す、青白い光・・・。聖母マリアのようなのだめちゃんの微笑み。どれも素晴らしかったです。(いっぱい泣きました。)
玉木君の泣きはいつも美しいですよね。(「恋愛小説」のラストシーン
の涙も素敵でした)

あとは、ラフマニノフピアノ協奏曲のシーン。
大好きな曲でもあったので、感動でした。ホントに弾いてるみたいでしたもの。そして、あの気品はどこからくるのでしょうね。

最後に、最終回の玉木君本気泣きの指揮シーンです!
涙いっぱいの目で、のだめを振返るところがたまりませんでした。
Posted by YURI at 2009/09/07 17:28:38

>YURIさまへ

「のだめ」は何度見ても又新たな気持ちでみえますね〜!

ラフマニノフも素敵でした!ミルヒーを見上げる目がとても感情がこもっていて、、、
俳優さんは嘘つきですね〜!ミルヒーを見ているんじゃなくてカメラに向かって
演技をしているんでしょう!(笑)

私も一番最初にあのラストのオケのシーンを見たときは体が固くなって、
息を吸うのを忘れたくらいです、、、!最後にのだめちゃんの方を振り返って
満足そうにうなずく姿が大好きです!のだめちゃんじゃないとダメなんだぁ!
と、思わせてくれる演技でしたね!ブラボー!!
Posted by はっぴぃ at 2009/09/07 17:43:42

私のお気に入り♪

全部ですっ!。。。なーんて、(笑)
コミカル部門は、1話ののだめの部屋掃除、4話の「コタツ」と、峰くんと飛行機に乗るシーン、最終回ののだめの家。
シリアス部門は、最終回、楽屋でオケメンバーとの別れ、ベト7演奏後の千秋の涙。
ラブラブ部門は、やっぱり、大川ハグ♪ラフマニノフの連弾♪
千秋がタクシーに乗って、のだめを探しに行く時の玉木くんのモノローグがいいわぁ♪
原作の千秋は、あまり泣きませんが、玉木千秋は、ウルウルしっぱなしですよね。
大川の、あの一筋の涙は、玉木くんならでは。。。です!
彼の泣きの演技は、秀逸ですから♪
映画では、どんな涙が見られるのでしょうかね!
すいませ〜ん!のだめの話題で、つい長くなってしまいました(笑)
Posted by maybe at 2009/09/07 20:51:37

>maybeさんへ

そうですよね〜!ファンならすべて大好きですよね〜!
でも、4年前にリアルタイムで見たときは私は10分でチャンネルを
変えました!今思えばもったいない話ですが、ふざけたドラマと思って、、、

やはり玉落ちする瞬間は、自分の生活状況とか何かあるのでしょうネ!
瑛太見たさに「のだめ」を見て、瑛太がブラインドを広げて見下ろした先の
玉木君に大人の男性を見たようで、瑛太がまったく子供に見えてしまったという訳です!

「東京フレンズ」の隆司、「アヒルと鴨、、、」の瑛太君にはすっかり嵌り、DVDを買ってのぼせて見ていました!

ラフマニノフの連弾の後で眠っているのだめちゃんに、ジャケットをかけ直す手にやさしさが出ていて私も大好きです!

映画ではきっと想像を絶する程の素敵な千秋様に、日本全国津々浦々の女性が千秋様に魅せられることでしょうね!

楽しみがいっぱいだぁ〜!
Posted by はっぴぃ at 2009/09/07 21:24:08

私のお気に入り・・聞いて・・

はっぴぃ様 お久しぶりです。

倉本艦長に会えなくなってから
今思えば・・それが原因かも・・と思うのですが
元気なくてネ・・・

こちらに寄らせていただいても
はっぴぃ様に 元気は分けてもらえるのですが・・・
それだけで 終わってましたのデス。

でも、今度ばかりは 聞いて!と言えるほど元気回復しました。

私も皆様のおっしゃる所は 大好きです。
が・・・
その他に 浮かんでくる場面・・・

千秋が のだめのコンクール会場に着いて
5段の階段を三歩で 上がるところ・・・
長い足で 当たり前のように!
なんてカッコいい急ぎ方なんだろう!!!

そして、それに続くシーン・・
のだめが ショパンのエチュードの気のはいらない演奏で
呆然としている時に 客席に千秋を見つけます・・
その時の 千秋先輩の 本当に微かな う・な・づ・き!
二人の心が通じ合った!・・というのか
あれ以上でもワザとらしいし、以下では判らないし
絶妙だなぁ!玉木君!!
Posted by ムーミン at 2009/09/08 00:29:06

>ムーミンちゃんへ

きゃぁ〜!お久しぶりです!
元気が出てきて良かった!良かったです!

ムーミンちゃんも玉枯れを経験しましたか〜!
私も同じですよ〜!なんかむなしくて、心が落ち着かなくて、顔が見たくて、、、
これってあの遠く昔に経験した青春故のアレでしょうか、、、(笑)

のだめのいいところはそれぞれの人に思い入れがあると言うところでしょうね!
私も早足で駆け上がる千秋の姿に心配と期待が混ざったような
複雑な感情を読み取っていました!
あのたくさんの観客の中からのだめちゃんは千秋を見つけるんですね!

本当に玉木君はちょっとした感情表現が上手い!
俺様がどっかに行ってしまった苦悩の千秋様にお会い出来るのを楽しみに待ちましょう!
Posted by はっぴぃ at 2009/09/08 01:39:12

千秋先輩♪♪

 昨年のお正月に2夜連続で放送された『のだめカンタービレin ヨーロッパ』で千秋先輩がドラマの最後に指揮したヨーロッパデビューの曲がブラームス交響曲第一番でしたね♪♪昨日また観て感動して泣いてしまいました(T_T)千秋先輩の涙、のだめちゃんの涙・・・ 今までの思い出や感謝や愛があふれていて本当に素晴らしい場面でしたね♪♪千秋先輩=玉木くん渾身の指揮でした♪♪本当に感動しました!!!この世の中にある“崇高なもの”を玉木くんは表現してくれていて、聴かせて魅せてくれていますね♪♪ 9月13日に先生も聴きに来てくださるシンフォニーホールでの演奏会で、ブラームス交響曲第一番が聴けますね♪♪ 千秋先輩を思い浮かべながら聴くと幸せですね〜♪♪ 当日お会いできることを楽しみにしております(^O^)♪♪ のだめワールドにどっぷり嵌りましょうね♪♪♪
Posted by 優子 at 2009/09/10 12:26:07

>優子さまへ

クラッシクの素晴らしさを「のだめ」は教えてくれましたが、、、
なかなか本物のオーケストラを聞く機会がありませんでした!

ベートーベンの「運命」!コレを聞く運命だったのでしょうか?(べたです!)

ブラ1までも聞けるんですね〜!嬉しいです!
以前、樹里ちゃんが本番まで演奏を聞かず、ぶっつけ本番で聞いたら
自然と涙が流れる演技が出来ると言っていました!

本当に楽しみです!ありがとう!!
Posted by はっぴぃ at 2009/09/10 13:14:48

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*