大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

「真夏のオリオン」と「おしゃれイズム」、、、!

本日の「おしゃれイズム」相変わらず小2再現で、倉本艦長と同じ人には到底思えません!

衣装も、他の番組のトラウマでちょっと怖い物がありましたが玉木君らしさが出ていて
素敵でした!暑がりなのに首になにか、からませないと安心できないのでしょうか?
「あせも」が出るように感じますが、、、(余計なお節介ですが!)

お初の自宅公開でしたが、やはり彼独特のセンスのように思いました。
写真に写っていない所は、散乱していたのではと想像してしまいます。

家庭訪問の時の我が家の様に、、、!

相変わらず彼なりのこだわりがおちゃめで微笑ましくて、心を和ませてもらいました!

今日は「真夏のオリオン」7回目です!早くしないとMWが公開になりますから、、、
急がなくっちゃ、、、

昨日から朝の部がなくなり3回になってしまいました。金曜日は艦長に会えなかったので、
昨日、今日は仕事終わりに喜び勇んで飛んで行きました〜!(自転車で7分です!)

いつも朝一番に観にいっていたので、戦争を身近に体験されたお年寄りの方が多かったのですが、今日は午後6時30分の上映に行きましたら観客すべての方が若者で、
なんだか安心しました。

もう公開から一週間以上経ちましたからファンのみなさま見ておられますよね〜!
そこで、ずっと書きたかった感想を語ります!
ネタバレになったらごめんなさい!これはあくまでも私の主観ですから、、、!

私は何回観ても同じところで涙が流れるのですが、、、!
ラストの敵の駆逐艦の前にイー77潜水艦が浮上してきた場面です!

もう闘う武器もなく、覚悟をきめてイー77は浮上しました。
倉本艦長も水雷長も「全員!離艦しろ〜!」と叫びますが、、、(潜水艦から離れろ!)

身なりを整えた兵隊さんが一列に潜水艦上に整列します。
あの凛とした前を見すえた整列の仕方に毎回、涙がダ〜〜ッと溢れます!

今まで艦長の事を尊敬して忠実に命令を遂行して、信じて従ってきた彼らが、
唯一、倉本艦長の命令に逆らった瞬間です!

「この潜水艦と共に果てるのであれば本望だ!」
暗闇の海の上、敵艦から向けられた大砲の前に、死をいとはない決意の整列に
彼らの強い決意を感じて、胸に迫るものがあります!

私の一番好きなシーンです!みなさんはどのシーンが好きですか?

それにしても「日本よ!浮上せよ!」のサブタイトルはいらないのではと思いました。
あれはいりませんね!余分です!不景気な現代に通ずるとか、、、

この映画の「そのまんまを観てもらいたい」と言えば良かったのに、と思います。
この映画は道徳なんです。子供たちにも観てもらいたい映画なのですから、、、
ヒットするとか関係なく今の平和な時代にこそ、
戦争について考えを投げかける意味で必要と思いました。

前回娘と観にいきました。感想を聞くのが怖い気もしましたが、、、

私 「なぁ!どうだった?」

娘 「アレックスやぁ〜!と思った」(コラッ!)
  「戦争は実際に昔あったことなんやけど、なんか現実味がなくってこれもひとつの物語の
   ように感じる」

私 「そうやろなぁ!わからんやろなぁ!」

娘 「なんで人が殺し合いをするのか悲しすぎて怖かった!子供がいなかった頃は
  戦争映画も見たけど今は見るのは怖い!」そやろなぁ!

私 「そんで玉木君の演技はどうやった」

娘 「まぁ!うまかったと思うけどやっぱり綺麗過ぎて色気は感じられへんかった!
  汗の匂いが無味無臭みたいに感じるわ〜!」 (エェ〜〜ッ!)

私達ファンはこんなにも虜にされているのに〜〜!
将校クラブから出てくる白軍服姿を見て、ため息がでるのを必死こいて押し殺していると
いうのに、、、!(ふぅ〜〜!)

一般の人は薄情にそんな冷たい事を言うのですかぁ!

まぁ!そうは言っても私も娘の好きなレッドクリフの○城武には全然興味が沸かないので、、、

そんなものです!人それぞれです!!

Posted at 2009年06月22日 00時10分31秒

 
この記事へのコメント

一人でオリオン

きょうは、一人でじっくり観て来ました。

きょうのポイントは何処で涙ぐむか・・・・でした。

私の場合は、倉本艦長がひとり、子供の描いた鯨の絵をみて、
回天を使った作戦を思いつき、司令室に戻って乗員全員に
「そのままで、聞いてください」のくだりから、じわじわときてしまいます。

残り一本の魚雷と二機の回天だけでどれだけの戦いができるのか・・
たぶん艦長以下全員が、これで最後と解っていたのでしょう。
でも、艦長は最後まで希望を捨てず、乗員は艦長に全幅の信頼を寄せる・・・リーダーシップとメンバーシップの最たるものですよね!

それに続く、全力で戦ってもうなす術のないイー77潜が浮上し、
はっぴぃさんも一番のシーン。

もう、このあたりに来るとダーダーです。
感動です。人間ドラマですよね〜〜〜〜

きょうは、そんな観方をしてしまったので・・・
玉木君は、倉本艦長としか見れませんでした。

次は、玉木君の顔だけ観て来まっす!!!
Posted by ムーミン at 2009/06/23 21:54:58

>ムーミンさまへ

「真夏のオリオン」は戦争映画なんですが、敵なのに憎しみが湧いたり人が死んで悲しいとかじゃなくて、人の心の中に誰もが持っている
フェアーなところが描かれていて、その真面目さに感動すると思います!

人間の成長度合いを玉木君に見た気がします!

作品ごとに演技力がついてきている様がよ〜く解りますね!
役者は作品に関わってその役ごとに成長していけるのでしょう!
羨ましい仕事です!

本質は相変わらず小2程度ですが、人に見せないところでは物事を深く洞察して、
人が立ち入れない部分があるのでしょうネ!(ほめ過ぎ??)
Posted by はっぴぃ at 2009/06/23 23:24:55

2度目行ってきました

オリオン、1回目は、ただ見ることに集中してたので、今度はじっくり
見たいなと行ってきました。
今度も水曜日。ごめんね。主婦なので。
前回より若い人が多かったですよ。
時間帯が夕方に近かったから?
相変わらずいい声で堪能できました。
細部に今度は気を配れてよかった。
地味かもしれないけどやっぱりいい作品だなと。
全員離艦しろ〜は、はっぴぃさんのことを思い浮かべながら。
そうするとまた違った感慨があふれてきて、よかったです。
男性のブログでは、「飯を食べるぞ」が良かったと書かれてました(笑)
Posted by ぼるこ at 2009/06/25 09:43:09

>ぼるこさまへ

2回でも3回でも観たい映画ですよね〜!

玉木宏を知らない年齢の人が観てくれています。
私は毎回知らない人に声をかけて感想を聞いていますが、
ほとんどの人が彼を知りません!
でも、一様に「感動した!ええ映画だった!」と言ってくれます。
その感想を聞くたびに嬉しくって、これってなんなんでしょうか?

ラストの敵の艦長と敬礼をするシーン、、、!あの倉本艦長の顔が一番好きです。
男前も色気もかなぐり捨てた(笑)彼のあの表情が、、、!
彼は立派な役者になりつつありますね〜!
発展途上ですが、、、!(きびし〜ぃ!)
Posted by はっぴぃ at 2009/06/25 12:13:06

私も3回目、観ました

ようやく、話に入り込めました。素晴らしい脇役の方達に支えられ、立派に艦長を演じていました!玉ちゃんの成長を感じます!  野球の映画で…対戦相手の川上貞治投手が、だんだん玉ちゃんに見えて来たのは私だけ?
Posted by まこチャンママ at 2009/06/25 18:19:27

>まこチャンママへ

何回観てもいい映画ってあんまりないですよね〜!
「オリオン」に「ムウ」間逆の演技に楽しみ倍増ですね!

主役を際立たせる他の方の演技!
どの方もこの人でなくては演じられないと思わせてくれます!
それも、彼の運でしょうね!
鈴木少年の演技もうまい!

「艦長とご一緒出来て幸せでした!」軍隊調の言葉に誠が表現されて
コレも又すばらしいセリフですね!
Posted by はっぴぃ at 2009/06/25 20:57:16

トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*