大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

いなり寿司★は男性大好きナンバー3と思います!!

■おひな祭りに手作りのいなり寿司を作りませんか!!


      いなり寿司

   ☆材料32コ☆

・すし揚げ 16枚(関西は正方形) 
・米    3合           ●煮汁
                    だし    500ml 
 ●合わせ酢              砂糖   大さじ8
  酢   大さじ5          醤油   大さじ2
  砂糖  大さじ5          本みりん 大さじ4
  塩   大さじ1

・白ゴマ    適量
・甘酢しょうが 〃

1.米は手早く研いでザルに上げ30分位水切りをする。
 内釜の目盛りより5mm位控え目の水加減で硬めに炊き、合わせ酢を回しかけ切るように
 混ぜ合わせ、冷ましておく。

2.すし揚げは、熱湯を回しかけ油ヌキをする。(たくさん炊く時は熱湯の中で4〜5分炊く)
 ザルに上げ、流水をかけながら両手で挟んで水気を絞り、
 鍋に入れだし500cc、砂糖大さじ8(80g)を加え落し蓋をして中弱火で4〜5分煮て、
 甘みを含ませてから、醤油大さじ2、みりん大さじ4を加え煮汁が大さじ1に
 なるまで煮含め、そのまま冷めるまで置き、斜めに三角に切っておく。

3.1.のすし飯に白ゴマ適量を混ぜ、甘揚げの口を拡げ、1コ分35gのすし飯を詰め込み、
 口を閉じ仕上げる。
 皿に盛り甘酢しょうがを添える。

ポイント! 関西風のやさしい味です。ひな祭りにお寿司を作ったり、蒸しようかんを
      作るのは、お子さんの無病息災を願い、厄払いのために作ります。
      私の母は私が50歳になるまで作ってくれました。
      それ以降は私が母に作りました。我が家の懐かしい食文化です!!

Posted at 2008年01月22日 15時59分51秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*