大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

鶏もも肉の照り焼き!男性大好き癸欧任后!

★鶏もも肉1枚でごちそうメニューが出来上がります!!

当教室の生徒さんの彼のが決まって注文するのが「もも肉の照り焼き」です!
私の息子1980年2月生まれ身長183cmがいつも「コレ!美味いなー」と言って
食べるのも「もも肉の照り焼き」です。必ず時間をかけて皮をパリッと焼いてください!
鶏肉嫌いの人も食べてくれますよー


 ■皮がパリッとして鶏肉嫌いの方も大丈夫です。


 
  鶏もも肉の照り焼き

   ☆材料2人分☆

 ・鶏もも肉    1枚
 ・千切りキャベツ 適量 

 ●タレ
   醤油   大さじ2
   本みりん  〃
   酒     〃
   砂糖   大さじ1
 
 1.もも肉は縦2等分に切り、余分な脂肪は取り除く。タレを合わせる。

 2.フライパンを中火にかけ油適量を熱し、もも肉の皮の方からじっくりと焦げ目が
   つくまで焼く(焼きすぎるくらいでちょうど良い)
   しっかりと焼き色が付いたら裏返し、火を弱火にして2〜3分焼く。
   しみでた余分の油をペーパーでふき取り(油を拭き取らないとタレがからまない)
   タレを加えフライパンをゆすりながら(タレは鶏肉にかけない、
   皮のパリパリ感がなくなる)
   少し煮詰める。 

 3.鶏肉を左から削ぎ切りにして、キャベツの千切りと共に盛る。上から残りの
   タレをかける。


 ポイント! 焼けたかどうか心配な時はフライパンに2〜3分置き、フライパンの予熱
       で調理する。盛り付けは3・5・7切(奇数に盛ること)

       クリスマスの骨付きもも肉も同様に焼く。
 

Posted at 2008年10月29日 15時37分29秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*