大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

中国北京感動旅行☆天安門

  ■中国旅行は体力勝負!


天安門


今から580年前に作られた天安門、1949年(58年前)に毛沢東さんが中華人民共和国の
成立を宣言したところです。広場には100万人入れるそうで、1m×45cm位の敷石に細い人で
3人、そうでない人で2人が立つそうです。みんなが平等に生活するということをスローガンに
毛沢東さんの給料も普通の公務員とおなじ給料だったそうです。

中国の観光はどこでも5〜10キロ歩くのは当たり前で、体力が絶対に要ります。
靴は底がギザギザになった物を、靴下は5本指の靴下がおすすめです。(はきにくいですが)

夜は足裏マッサージに行きました。薬草の入ったあったかいお湯に足をつけるだけで疲れが
取れたように思いました。70分で230元(3500円)少し高いように思いましたが
22歳の素直そうなお兄ちゃんが一生懸命もんでくれるので足が軽くなりました。
(おばちゃんの硬い足で申し訳なかったです。)男性には女の子が女性にはお兄ちゃんが
つきます。いらんとこに気を使っていると思いました。


紫禁城(故宮)

天安門からずーっと行くと紫禁城があります。500年前から皇帝がたくさん住んだお城です。

ラストエンペラーの溥儀(ふぎ)さんが3歳で即位したところです。
映画の中で「私はこの中から自由にでられないのかー」と叫んだところです。
ラストエンペラー溥儀さんは、1967年(40年前)に亡くなられました。
一般の人になった、元皇帝の溥儀さんが自分の住んだ紫禁城(故宮博物館となった)に
入場券を買って、なつかしそうに見学する姿は、映画を見ている人、それぞれに
いろんな感じ方があったと思います。

これから観光される方は、実在する歴史をいろいろ想像しながら、見学されると
きっとたのしさが増すと思います。


 ☆残念ですが、デジカメのバッテリーが切れたので写真はありません。
  北京のホテルでは、コンセントが日本の物用に作られた所もあります。
  息子は携帯の充電をしていました。私はそこまで気がまわらなかったので
  充電器を持っていきませんでした。残念!!



  明日は食べ物(中華料理・水)について書きます。

Posted at 2007年09月17日 10時38分48秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*