大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー

筑前煮☆”文章にしたら難しそうですが、簡単ですョ!




  ■食物繊維がたっぷりの根菜料理、美味しそうでしょう。

   筑前煮

   ☆材料4人分☆

  ・鶏もも肉   1枚  ●煮汁
  ・干ししいたけ 6枚    だし  300ml
  ・れんこん  100g    砂糖  大さじ2
  ・ゴボウ    1本    酒    〃
  ・にんじん   1本    醤油  大さじ4
  ・こんにゃく  1枚    本みりん 〃
  ・インゲン豆  適量

   【作り方】

 1.鶏もも肉は、一口大に切る。干ししいたけはぬるま湯に浸して戻し、2等分に切る。
   れんこんは皮をむき1cm幅に切る。ゴボウも皮を洗い斜めに1cm幅に切り、水にさらす。
   にんじんは5mm幅の輪切りにして、花型で抜く。
   こんにゃくは1cm幅に切り、たずな結びにする。インゲン豆は斜めに3等分に切る。

 2.鍋に熱湯を沸かし、インゲン豆、こんにゃくを下ゆでする。

 3.鍋を中火にかけ、油大さじ2を熱し干ししいたけ、れんこん、ゴボウ、こんにゃくを
   入れ2〜3分炒める。だし300ml、砂糖・酒各大さじ2を入れ、フタをして5〜6分
   煮て甘みを含ませる。別のフライパンに油少々を熱し鶏肉の皮のほうに焦げ目がつくまで
   焼き、鍋に加え醤油・本みりん各大さじ4を入れ、にんじんを加えて煮汁がなくなるまで
   煮詰める。煮汁が少なくなれば、鍋返しをすること、ツヤが出てきたら煮上がりの目安。

 ポイント! 根菜は全て入れなくてよい、干ししいたけは入れたほうが断然おいしい。
       おせち料理の三の重になる。がんばって一度作ってみてください。
どんなお料理も、3回作ればきっとあなたの得意料理になりますから…。
   
   

Posted at 2007年08月23日 08時49分57秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*