大阪府門真市と守口市にある料理教室です。京阪電車 古川橋駅スグ!と守口市駅スグ!のところで、小さなかわいい『初心者の方の料理教室』を開いています。 ご飯と共に食べるからこそおいしい!毎日食べたいおかずを習ってみませんか? 昔ながらの家庭料理や、おもてなし料理をご家庭に代わりましてご指導させていただきます。ご結婚をひかえお時間のない方向けの『ブライダル短期集中コース』(全10回 マンツーマン)も承っております。 お一人で調理していただきますので必ず身に付きます。 講師 渡辺久子
メインメニュー
WHAT'S NEW

あれこれ!

もう数日経ってしまいましたが14日の朝に食事の支度をしながらラジオを聴いていると
「今日のお誕生日は俳優の玉木宏さんです」

不意打ちに聞こえた玉木君の名前にちょっと嬉しかったな〜
遅ればせながらお誕生日おめでとう!(遅ればせすぎ!)

娘のようななっちゃんから「今日玉木君誕生日やろ!」と。私より知ってる。


そんなこんなで。

正月休み5日間のうち3日間旅していました。

伊勢神宮から帰って四国の香川県に行って一日置いて新幹線で東京まで。

新幹線は激混みだったので窓際に座れなかったのですが、
お手洗いに立った時に何気なく外を見ると真っ白な富士山が〜〜

5合目付近に雲がかかっていたのですが雄大な富士山がキラキラに見えました。ラッキ〜♪

富士山はいつ見ても人の心をひきつけるわ。
まるで玉木君のようです(よいしょ!こらしょ!どっこいしょ!)

イベント会場には懐かしいお顔の玉友さんがいっぱいおられました。
ご挨拶もそこそこに私は仕事の為にとんぼ返りしましたが、

北は北海道、南は宮崎県までのたくさんのファンを集合させる彼はなかなかの芸能人ですよ。
あらためて凄さを実感しました。


四国八十八ヶ所巡りも3年目に入っています。まだ20数か所しか行けていません。
死ぬまでに回れるんやろか?3月に85番目札所から参りますが心配になってきました。

いつも巡って思うのですが
この建物を現代の1級建築士が10人寄っても建てられないだろうなと。

大切にしたい歴史的建造物ですね。


この建物は350年ここで見守る  お遍路さんを癒す早咲きの桜  四国には3棟志度寺の五重塔

次回は源平の合戦の屋島寺を参ります。屋島は台形の山です。楽しみだわ。
 

Posted at 2020年01月17日 14時54分08秒  /  コメント( 0 )

謹賀新年!

遅くなりましたが

明けましておめでとうございます。皆様にとって穏やかな一年になりますように!

私は大晦日から5日まで老体に鞭打って介護施設でご馳走を作っていました。
家には寝に帰るだけの生活で洗濯機の中の洗濯物が5日間ほったらかしでした。

考えたらお勤めの方はそんな風に忙しい毎日を送っておられるんだなとしみじみです。

なんだかんだと言いながら今までの私はまだ恵まれています。
ユーチューブで競馬を見る時間があるんだから。


そんなこんなで。
年頭から我が家のお転婆娘の黒猫のジジの話題を一つ(いりません!)

年末に右前足を怪我をしたのかビッコをひきながら帰ってきました。
数日様子を見ていたのですが右足を上げてケンケンしながら「ニャー痛いのよ!」と訴えます。

そのたびに体力をつける意味でおやつのチュールをあげていました。

病院もお正月休みに入るしやっぱり連れて行こうと思ってチュールをあげたら
普通に歩いて去って行きました。演技しとるやないの〜

それからおやつが欲しい時は右足をあげて「ニャ〜♪」
ある時は左足をあげて「ニャ〜」「ジジ間違ってるで!」(平和だな!)


そして体力も復活した今日は夫と伊勢神宮参拝に伺いました。

神様におすがりするつもりはないのですが、年に一度の夫孝行のつもりで(罰あたり!)

雨がポツポツ降っていたのですが清めの雨と思ってそのまま歩いていると夫が傘をさしてくれます。

木々が生い茂った参道を深呼吸しながら歩きました。

古いお札を納めて息子へのお土産の赤福餅を買って食事をして。
こうして歩けるうちは来ようかなと。

食事を終えていつものように私の食べた分のお金を夫に渡したら
「お札とかお金をたくさん使ったからワシが出す」

我が家のルールでは自分の事は自分で!なのに。

夫婦共働きの玉木家も自分の事は自分で!なのかな?(違います!)


外宮の松の木に鳥が運んだ榊が寄生 雨なのに光が神々しく  ここから内宮への聖域です 


私はこんな風景に魅かれる 7日なのでゆっくり参拝できます  五十鈴川の清らかな流れ 

皆様今年も宜しくお願いします。  
 

Posted at 2020年01月07日 22時19分52秒  /  コメント( 2 )

ラッキ〜♪

うわぁ〜ファンクラブから嬉しいお知らせが届きました。
これは玉サンタからのクリスマスプレゼントなのか?(抽選です!)

介護のお仕事に携わってから、なかなかお休みを頂くのが申し訳なくって。
と言うより私は人に頭を下げるのが苦手なのでイベントは諦めていました。

がしかし、今回は違いますよ〜

なにせわたしは9日まで堂々のお休み。

6日に伊勢神宮に行って、8日に八十八ヶ所巡りに行って、
残りのお休みは自転車でウロウロしようと思っていたところにこのお知らせ。

イベントの10日は夜からお仕事なので1回目が終わってから新幹線に乗れば間に合います。

めちゃラッキー!

朝一の新幹線に乗って天気が良ければ富士山は見れるし。
富士山と玉木君!私の二大楽しみが同時に楽しめる。

まだ、ラッキーなことがありました。
今朝ファミマに行ったら珈琲が20円引き。朝6時から9時59分まで朝割引(細かい!)


12月22日は有馬記念です。私の知ってる子ばかり走るので楽しみで楽しみで。

馬もアルパカ玉木君もがんばれ〜♪(一緒にするな!)先の楽しみがあるからテンションUP!

更新のない、つたないブログにご訪問頂いてありがとうございます。
昨日までのアクセス数が450万を越えています。感謝です。
 

Posted at 2019年12月14日 10時14分58秒  /  コメント( 0 )

趣味いろいろ!

最後のハワイラングも終わりましたね。私は相変わらずラングの間も仕事をしていました。

介護のお仕事も料理教室も私にとっては生きがいみたいなものです。
この歳になれば必要としてくれることがこの上ない喜びになります。

若い頃は自分が自分がと自己中だったと思います。
今は人の為に働きたいと言う想いが強くなりました(ほんまでっか?)

なので年末年始は料理教室は2週間お休みをいただきますので、介護のお仕事に精出します。

カウントダウンも行かないしお正月にすることも無いし、
ということで若い方には休んでいただいて私たち老夫婦が出勤します。

夫も食事を作りに行っています。元々飲食店を経営していましたのでそこそこはやれます。

元旦はおせち料理をばっちり作りお出しします。
お一人お一人に重箱に詰めてお正月をお祝いしようと思っています。

今年のお正月もおせち料理をお出ししたのですが
一人の患者様が「涙が出そう」と言って下さいました。俄然やる気が出てきましたよ。

年始は5日まで介護のお仕事ですので6日からは私の時間です。
早速伊勢神宮伊勢海老一匹ツアーに申し込みました。7日は四国八十八ヶ所逆打ちに行きます。

逆打ちとは88番札所から逆に回ります。うるう年は逆から回るとご利益があるそうです?

順打ちからはだいぶん行っていますので、逆からも行くとどっかで合うでしょう。
行けるときに行っとかないと。

ま、私は無信心論者ですので心から参っているわけではないのです。
観光みたいなものです。(罰当たり!)


生徒さんから趣味を作るにはどうしたらいいのかとご質問があります。

世間は趣味を持てば人生楽しいみたいな風潮があります。
特別な趣味がない方は後れをとったような気持ちになるものです。そんなことないですよ〜

読書が趣味でなくっても音楽が趣味でなくっても自分が心地いいと思ったことが趣味なのです。

私は黒猫のジジの背中をカイカイしたり首をカイカイしている時が一番楽しいです。
それも立派な趣味です(なんと!)

毎日時間に追われる生活の中で最大の趣味は競馬です(まだやってたのか?)

やってますよ。競馬は毎週ありますから終わったら次のレースが始まるので飽きないです。
2歳の新馬戦の時から知っている馬が成長して立派になっていくさまを見るのは楽しいですよ。

ユーチューブで繰り返し繰り返し毎日見ています。
仕事から仕事への少しの時間があれば見れますから。

この前の菊花賞ではディープインパクトの子のワールドプレミアが優勝しました。
その時に5着に入ったメロディーレーンちゃんが可愛い(知りません!)

普通は馬体重500キロ位あるのですが女馬のメロディーレーンちゃんはなんと340キロ。
JRA始まって以来のちっちゃな馬です。

ちっさな体で500キロの男馬の横を末脚を伸ばして5着に入ったのよ。すごいわ〜

という訳でこれも立派な趣味です(むりくり!)

興味がない方も一度メロディーレーンちゃんの走りを見て下さい。
勇気をもらえますよ(引き込むな!)
 

Posted at 2019年12月04日 16時26分48秒  /  コメント( 2 )

昨日の出来事!

ア○シでもSNSを解禁してみんなで楽しみを共有しているというのに、
我らの事務所はそれをシークレットにせよとな(いろいろあるんです!)

そんなこんなで

相変わらず「たれ目だった!」としか言いようがない次第です。


行ってきましたよ〜

梅花学園は茨木市北の山の上の大学でした。
千里中央からスクルーバスに乗らなかったら行けない場所です。

周りは田園風景が広がってのどかでした。
普段忙しくしている私には稲の刈られた田んぼを見るだけで心が和みました。

きっと彼もそうだったに違いない。

時間があるので何食べよう!
と思ったのですが学園祭名物のタコ焼きとかソーセージは売ってないのです。

その代りキッチンカーが数台来ていました。吉野家、クリームブリュレ、ポテト等。

私は待たずに買える吉牛にしましたが頂くのははじめてでした。なかなか美味しかったですよ。

安定の美味しさだったと言っていましたが、本みりんを大さじ1加えたら女性向きになるのに                          (これでいいのだ!)

吉牛の方にお聞きしましたらいろんな学園祭に呼ばれるそうです。
衛生面の関係で、最近はそんな風潮だとか。時代は増々寂しくなってきてますね。

以上!そんな報告でした。


夕暮れが迫っていました。    このホールが会場です。  学園祭がはじめての体験でした
 

Posted at 2019年11月24日 14時13分39秒  /  コメント( 2 )

学園祭!

11月4日の関大学園祭からもう数日経ってしまいました。
今朝はそうとう冷え込んでダウンのベストを着ています。さぶッ!

今更ながら学園祭の感想を一つ二つ。

5年前にも関大に呼ばれたそうですが、私はその頃の記憶がまったくございません。
二度も呼ばれるとはやっぱり若い学生さんにも人気者なんですよ。

いつもの玉木サウンドの合図で右手のドアからご入場です。
初めて目にする生玉木君に学生さんたちのキャ〜キャ〜の黄色い声援。

早足で通り過ぎて行きましたが、一瞬ですべての女子を虜にするとはなかなかです。

お召し物は茶色のダブルのスーツに中はグレーのユニ○ロ(フランスTです)
一世風○セピアみたいな感じです。ソイヤ!ソイヤ!

玉木君にしては落ち着いたお衣裳でした。袖はもれなく腕まくり。靴はスリッポン。
髪は流行の下の方剃ったやつ。苦労はないと思うのですが白髪がいっぱい。

鼻の下と顎にヒゲをたくわえていました。1cm位は伸びていたので1か月は剃ってないと読んだ。

あらかじめの質問に答えていましたがファンなら知っている事ばかりでした。

手を振る学生さんには手を振りかえしてキャーキャー。
なんで自分にキャーキャー言ってくれるのか怪訝な様子に天然と読んだ。
あんたがかっこいいからだよ。

いつものようにサイン入り色紙にお名前を書いてプレゼントです。
ファンクラブの方が当たっていました。運があるね〜



滞りなく終わり、関大前は懐かしい場所ですので散策をしました。

自分が住んでいた場所には新しいマンションが建っていましたが坂道は昔のまんま。

トボトボと坂を下りながら30代の頃は何を考えて生きていたのかとか
人生は短いな〜とか、残りの人生どんな花が咲くんだろうとか考えながら2時間も歩きました。

次の日股関節ガクガク。

関大前の一つ手前の豊津駅で電車を乗ったのですが、
電車の中で玉友さんにばったりお会いしました。ご縁があるんだね。

さ、次は梅花学園祭です。二校も当たるなんて私はなんて運がいい(思っているだけ!)

名神沿いに鳥が運んだ植物たちが真っ盛りでした。こんなこと若い頃は気が付かなかったわ。


電車の隣の人にこの人と会うと言いかけた 終わってからの会場 この実を鳥が食べて次の場所へ


柿もたわわに実ってます  クズ餅に使う葛の花ですよ  誰にも見られず知られずの場所に秋
 

Posted at 2019年11月06日 12時08分13秒  /  コメント( 6 )

少し時間があったから!

世間はすっかり秋模様です。この調子だとあっちゅう間にお正月が来そうです。
皆様如何お過ごしでしょうか?(誰に言ってる!)

いよいよ4日は学園祭です。玉木君に逢えます。
ここんところすっかりメディアにご無沙汰してるから寂しいかぎりです。

何してはるんやろ?
時間があればあるように、なければないなりに好きな事に没頭していると思うのですが。

私なら時間があれば四国八十八ヶ所巡りに行って、なければないなりに身近なガーデニングに没頭します。

どっか外国に旅していたらいいんだけど。まさかガーデニングはせんわな(一緒にしないで〜)

そして今日は10時から16時まで時間があったので関西大学の下見に行こうかと。

なにせ4日の日は夜勤明けなもんでシャカシャカ行かないと間に合わない。
どのくらいの時間がかかるのか行ってきました。

阪急の関大前は40年前に住んでいたところです。
関大前のスーパーに乳母車を押して買い物に行ってましたので懐かしくって行く気になりました。

建物は新しくなっていましたが商店街は変わっていませんでした。
上を名神高速が通っているから変わりようがないのかな。

踏切のカンカンカンカン!の音に40年前の30過ぎの頃に戻りましたよ。

あの頃は必死に子育て頑張ってたなと。
まさか40年後に玉木君にどはまりするとはお釈迦様でも気が付かない。人生はいろどりだね。

若い頃はあの坂道があったことすら気が付かなかったのに、この歳になればなんと急な坂だこと。

行きは西門から入って長い階段をエッチラコッチラ上がりましたが、
帰りは正門から坂道をころげました。どっちにしても坂の上の学校です。

行かれる方は履きなれた靴でお越しください(誰に言ってる?)

やはり下見に行って良かったです。
駅から私の足で30分位かかったような気がします(気がするだけ!)

一足早くパンフレットを頂いたのですが、プププッ!懐かしい玉木君が写っていました。


階段見るだけで膝が痛くなる    このビッグホールが会場です    物陰から見てる
 

Posted at 2019年11月01日 15時39分58秒  /  コメント( 6 )

ニュース

毎日バタバタと動いておりますのでテレビを見る暇もなく、
台風のむごたらしい爪痕を見て今更ながら驚いております。

住み慣れた我が家が泥にまみれる状況を想像するに如何ばかりかと胸が痛みます。

こんなに進んだ時代なのに災害にはなすすべがないのが腹立たしい気もします。
遅ればせながら被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

私の実家も第二室戸台風の時に床上30僂凌賛紊鬚靴泙靴拭
中学一年生の時でしたので恐怖を鮮明に覚えています。

水が引いた時に母はいち早く一晩中寝ずに水道水で泥を洗い流していました。
朝になったら水が止まるからと言って。

やはり水が止まりました。水が引いた時の衛生面に気を付けなければなりません。

床板を消毒して完全に乾くまで畳を敷くとダメだとも言っていました。
子供心に母の知恵に関心しました。

被害に遭われた方々に平穏な日常が戻りますようにお祈りいたします。


こんな時は明るい話題を一つ。

新しく家族の一員になった黒猫のジジですが、ますますお転婆が加速しています。

近所のノラちゃんと喧嘩しては怪我をして帰ってくるわ、
気が付けばよそんちの屋根の上に上がって上から「ニャ〜ここにいるよ〜」と呼びます。

すずめやセミを連れて帰ってきては自慢します。
ある時は近所の工事しているセメントの上をズボズボと歩いて穴をあけました。

だめ〜あかんやんか〜証拠を残してる〜。

朝に工事関係の方が来られて怒られるんじゃないかとヒヤヒヤしました。
足跡の上に溝蓋を載せる工事だったので怒られずにすみました。


夜は閉じ込めているのですが、寝ている私の耳元で「ニャ〜♪出してくれ!」と
ちっちゃな声で訴えます。

餌が欲しい時は大きな声で「フンニャ〜」なでなでしてほしい時は鼻声です(ほんまでっか?)

考えたらニャ〜だけで人間と会話が出来る猫は天才だわ(悩み事はないのか?)

昨日の夜にいつものように外で遊んでいたので「もうお家に入りなさい」と言ったら
なんだかおびえている様子。1m位入って来てはおびえて外に飛び出す。

そこにもう一匹の見慣れた黒猫が、が、が。

お互いに見つめあって嫌でもない感じです。

ゲッ!ジジのお母さんがやってきたではありませんか〜〜。
おびえていたのはジジのお母さんだったのです。ジジそっくりにびっくりしました。

夫は「変わりべったに餌食べに帰って来てるんちゃうか」と言いますが。

ジジが幸せに暮らしているのか見に来たのかな?
餌をやったらおびえながら食べてどこかに帰って行きました。

それからはジジのお母さんは来ていません。安心したのかな?


それにしても、玉木君は何してる???
もう一つの学園祭も当選しました。二回も会える〜〜(ちっちゃな玉木君やで!)
双眼鏡で見るからいいの。


のんびり気ままなジジです    元気だから安心してね〜
 

Posted at 2019年10月16日 21時12分57秒  /  コメント( 4 )

女人禁制!

「学園祭って若い俳優さんや芸人さんが来るんじゃないですか?」
「みなさん知らんやろ〜本物の玉木君はめっちゃ若いで!」

私が学園祭に当選したと生徒さんに話した時の会話です(当たったのか?)

玉木君に対する世間一般の認識はおっさんだったのです。
こんなに若くて気のいい男前はちょっとそこらにおらへんのに(基準が自分!)


そんなこんなで。

今週の土曜日に熊野大社に出かける予定だったのですが、
乗船予定の観光船が増水の為中止になったそうで旅行自体がキャンセルになりました。残念!

そこで先日お参りさせていただいた高野山詣で興味深い話題を一つ。

816年に弘法大師が高野山をお開きになった折にもろもろの庶務を司る役所みたいなものを
高野山の山すその玄関口に慈尊院(じそんいん)を建てられました。

弘法大師のお母さんが息子の晴れ姿を一目見たいと香川県から遠路はるばる来られたそうです。

しかし、
高野山は明治時代まで女人禁制だったので、母君と言えど息子に逢う事は許されませんでした。

お母さんの身を案じた弘法大師は慈尊院にお母さんを住まわせ、
「自分が山から下りてくるから寂しい思いをさせないよ」と月に9度会いに来られたそうです。

そのお蔭か人生50年と言われた時代におかあさんは82歳の長寿だったそうです。

やはり長生きの秘訣は自分を認めてくれて愛されることなんだなとしみじみ。
今後の勉強になります。憎まれっ子世にはばからない。


月に9度も山道24キロを往復するのは並大抵の事では出来ません。愛あればこそ。
慈尊院のある町名は「九度山町(くどさん)」

その時に道案内に犬が付き添っていたそうですよ。
弘法大師さまも一人で山登りするより犬が一緒だと心丈夫だったことでしょう。

その道案内犬が現代にも表れたそうです。

「女人高野 慈尊院」に飼われていた雑種の「ゴン」が
徒歩で高野山参りをされる方が迷わないように案内をしていたそうです。

片道24キロを駆けあがって降りてくる。立派だわゴン!

境内には弘法大師さまの銅像の隣にゴンの墓標があります。合掌!
 

Posted at 2019年09月04日 16時42分02秒  /  コメント( 8 )

高野山は24度!

元ノラちゃんの黒猫のジジは家にいるのが3時間。21時間は外暮らしです。
お腹が空いた時だけ風呂場の窓から「ニャ〜」帰って来たよ!と知らせます。

「夫がもう一軒家があるんじゃないか?どっかで飼われているんじゃないか?」と言いますが、
まんざら冗談でもない感じです。

歳が歳だしペットを飼うのはコリゴリと思っていましたが、
飼ったら可愛くって可愛くって(3時間でも!)

あまり先の心配は無用と言うのがわかりました。
今ジジから優しさを頂いているのですから、それで充分です。


そんなこんなで。

私は土曜日だけはお仕事がなんとかなります。
最近、働きづめでしたので土曜に開催するバスツアーはないかと調べたらありました。

「令和元年高野山お宝御開帳」すぐさま申し込んだら私でソウルアウト。ラッキー♪

四国八十八ヶ所は2泊3日のコースになっていますのでなかなか予定があいません。
ならば満願成就の高野山に先に行こうかと(ずるい!)

高野山は何度もうかがっていますので庭みたいなもんです。
今回はガイドさん付なので知らない事を知る喜びで興味津々。

ありました。ありました。まずは織田信長公のお墓がどこにあるか教えてくれましたよ。

なんと!豊臣秀吉や前田家やその他の戦国武将のお墓よりものすごくいい場所にありました。

ちなみに高野山の戦国武将のお墓は供養の為の五輪塔なのでお骨は入っていません。
髪の毛や爪などが納められているそうです。

ガイドさんが道なりから「遠くに五輪塔の先だけが見えるのが織田信長公のお墓です」

と言って通り過ぎましたので、私は急いで階段を駆けあがりこの目で拝見しました。

実は信長は比叡山に続き高野山も焼き討ちしようと考えていたらしいです。
それが本能寺の変であんな風になったので高野山は無事だったのです。

焼き討ちしようと企んでいた信長をどうして祀っているかと言いますと、
弘法大師さまは「すべてを許す!誰でも来て〜」というお考えらしいです。素敵!

ただ、秀吉や家康の五輪塔は広くて門までついていてものすごく立派です。

かたや信長の五輪塔はちっちゃい。

がしかし、一番いい場所というのは弘法大師御廟の一番近くにあるのです。
これはどんな意味があるのでしょうか?

つらつら考えるに

「敵は本能寺にあり」の中で岸辺一徳さん演じる信長の腹違いの阿弥陀寺住職の清玉上人が
「あの世では片意地張らずに誰にでも好かれて、この世でかなえられなかった幸せを感じてほしい」

と、ひっそりと高野山の一番いい場所に祀って下さったのでは?(歴史を変えるのか?)

大昔のことなんか誰も生きてないんだから楽しく妄想したらいいんです。

山の中に佇む五輪塔が誰のものなのか最近まで解らなかったそうです。
戒名をみて信長だとわかったそうですよ。

お宝も見せて頂いたのですが、私が興味があるのは信長公なので。おしまい!



化粧をすれば綺麗になれる化粧地蔵 松平家は大きな五輪塔  信長様は人目のつかない場所に


 
木からパワーを頂けます   樹木の苔は草木染の染料に  雑草なのにハルジオンと良い名が

来週の土曜日(9月7日)は熊野大社と谷瀬のつり橋バスツアーです(調子乗り!)
 

Posted at 2019年09月01日 09時10分46秒  /  コメント( 2 )