企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2013-01-05 の記事

あけましておめでとう...

 新年があけてすでに5日。私は昨日から事務所に出て、本来は年内に済ませたかった原稿書きが初仕事になりました。原稿を書くのはいやではないのですが、取り掛かるまでに時間がかかります。落ち着いた気持ちと静かな雰囲気と書きたいテーマが見つかれば取り掛かれますし、取り掛かると憑かれたように一気に書いてしまいます。ここに至るまでは、他の仕事をしていても頭の中では常に考えているのです。初仕事はこうして何とかできました。

 お正月は恒例の息子たちが勢ぞろいをする日です。今年は3日に集まりました。息子3人とお嫁さん(現代の死語?)2人。ここに孫が加われば私の夢は叶うのですがこれがまだです。

 息子たちの子ども時代の写真が見たいと言われて、年末の忙しい時、引っ越し以来触ったこともない箱のふたを開けて取り出しました。懐かしい写真の数々をざっと見ながら、いらないものはビリビリ・・・。本当はこの時間をもっと作らなければいけないのです。老後の仕事は要らないものを整理して身軽になり、残された者への負担を軽くすることで、その一番整理をしておいてもらいたいものが写真なのです。これは私の体験から言えることです。

 さて、我が家の歴史ともいえる写真に残る息子たちの可愛いこと!! 私たち夫婦の若くて表情の良いこと!! 本当に懐かしく「かっわいい!!」の連発でした。この可愛い子どもたちと過ごした若い日々は人生の宝です。

 昨夜気がつきましたが、その中の1枚の写真がリビングに飾ってありました。若き日の私たち夫婦の幸せいっぱいのツーショットです。お嫁さんが感動していましたので、そっと飾ったようです。改めて見て、この夫婦の子どもだったら横道には逸れないだろうなと妙に感謝しました。


Posted at 2013年01月05日 11時38分45秒  /  コメント( 1 )