企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2012-11-16 の記事

ひどい顔

久しぶりのブログです。
笑顔日記のはずですが、とても笑顔でいられない事態が発生しました。

 一昨日私は日帰り手術をしてきました。女性にとって一番気になる顔の手術です。
美容整形がはやっているようですが、勇気がありますね。何しろ麻酔をするわけですから、何かあったら・・・とそこから心配になりました。

 7月末頃かはっきりしないのですが、左のこめかみの下のところ、耳のそばに異物が出現したのです。次第に大きくなるのでこれは何とかしなければとインターネットで検索し、美容皮膚科に行きました。そこできれいになるはずだったのです。 ところが医師から組織検査をしてきてほしいといわれ、少し気になってたこともあり、さっそく近所のいきつけの皮膚科医に紹介状を書いてもらって総合病院に行きました。

 それが10月22日のことですが、医師と私のスケジュールの合うところが11月14日でした。
「きれいにしてくださいね」「そりゃ 難しいね。 しわと直角だからなー」「そこを何とか」
手術中の会話「たれ目になるんですか?」「たれ目にはならないよ。キツネ目にはなるけど」

 そして手術が終わって鏡で顔をみて「あー・・・・」大きな絆創膏が貼ってあって、ひどい顔です。更に昨日夜初めて傷を見ました。「あーどうしよう! きれいになおるのかなー」
私の顔は現在左目はキツネ目、肌はピンとはって法令線も消え、少し腫れていて、傷はギャザーがよってました。

 顔が命の仕事ではありませんが、人前に立つ仕事ですので、きれいに治してもらいたいです。
来週の抜糸の時には組織検査の結果も出ていると思います。場合によっては再手術です。
今年は何かしら医者や整骨院通いに忙しい年です。 悪い年回り??


Posted at 2012年11月16日 10時57分15秒  /  コメント( 0 )