企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2007-07-12 の記事

母親笑顔教室

 最近第2木曜日に出かける事が多いのですが、今日は久しぶりに「母親笑顔教室」に出ることができました。お母さん教育をしたいと考えて、私の力で出来るところからと思い、第1回目の教室を開いて今年は20年になります。当時生まれた赤ちゃんが20歳になるわけです。 当時、このままでは日本がだめになると思って始めましたが、最近更にその思いを強くしています。

 親を憎んでいる人が余りに多いのです。親に憎しみを持つ子供も不幸ですし、一所懸命育てた子供から憎まれる親も不幸です。でもそこには、なるべくしてそうなったものを感じます。 

 今日もMくんをつれてママがきました。カウンセリングや交流分析を学んだ後に出産したので、子育てに何が大切かとてもよくわかっています。 本当に愛情をかけて育てている様子が、M君を見てわかります。 それでも子供との関わり方で迷うことがあるようです。そこを赤ちゃんがなつかしい先輩のお母さん達が、いろいろ自分の失敗も含めて体験を話すので、それを聞いて気持ちが楽になったそうです。

 子育て支援センターが各地にでき、お母さん達の居場所が出来、随分助けられているようですが、子育てに本当に大切なものは何か、親が楽になるだけでなく、将来親子関係に悩まない子育てを学んでもらいたいと願っています。 心の強い子供を育てるのは、親の役目だと思います。


Posted at 2007年07月12日 22時49分21秒  /  コメント( 0 )

スタッフ日記にお邪魔...

昨日、小山田先生と一緒に「朝焼けのマンハッタン」を観劇させていただいたNaokoです。
これから時々スタッフ日記にも顔をださせていただくことになりました。
よろしくお願いします。m(__)m
既に今日行かれたMIKIさんも感想を書かれていますが、
お芝居を観て感じたことを初めてのスタッフ日記に書かせていただこうと思います。

タイトルに「マンハッタン」とある通り、ニューヨークが舞台です。
実は私、一昨年の夏、旅行でニューヨークに行きました。
自由の女神、ブロードウェイ、5番街、メトロポリタンミュージアム&MOMA…
すべての場所が旅行者である私を快く受け入れてくれて、とても楽しく過ごしました。
ぜひまた訪れたい街になりました。

でも、昨日の舞台を観て、ニューヨークもただ楽しいだけではない顔があったのだなあと
思いました。
時代に翻弄されながら、複雑な思いでニューヨーに暮らしていた人たちがいたことを
改めて知り、自分の知識のなさを反省しました。
でも少しだけですが、かつてそこにいた人たちに思いをはせることが出来たような気がします。

これはニューヨークに限ったことではないと思いますが、
私にとっては大好きになった街なので、思い入れが強くなったのかもしれません。
こんな風に思わせてくれたお芝居に出会えたことを感謝して、
新たな気持ちでまたニューヨークに行きたいなあと思います。


Posted at 2007年07月12日 00時53分48秒  /  コメント( 0 )