企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2013-09 の記事

心の笑顔電話相談

心の笑顔電話相談
皆様のご利用お待ちしております。

TEL 045-566-0875

毎週 水・土 10:00〜16:00
*第2水(午前のみ)
*第2土(午後のみ)


Posted at 2013年09月30日 11時16分46秒  /  コメント( 0 )

伝統の朝日カルチャー...

 朝日カルチャーセンターの創設時以来開講の伝統あるカウンセリング講座が、先週幕を閉じました。40年近くにわたり毎年大勢の受講者を集め、プロの道に進んだ人も多く、人気の講座だったのですが、近年は何故か激減しとうとう閉講になってしまいました。勉強を始めたばかりの人たちはびっくり!! これからという時にといろいろ声は聞きますが、残念なことです。

 私も昭和58年から最初は受講生として杉渓先生に指導を受け、数年後から先生のお手伝いの形で講師としてお世話になったのは昭和の終わりでした。湘南からスタートして横浜、そして東京と場所も広がりました。

 ピアカウンセラー養成講座となって資格を出すようになった時から、村瀬先生と3人の体制が整い、10年間は意欲的な受講者から良い刺激も受けていましたし、卒業をした人たちがCHRに続けて学びに来られ、NPO法人心の笑顔サポートセンターの有力メンバーとなった経緯もあります。

 私の講師人生の3分の2以上カルチャーの講師をしていたことになります。まだまだカウンセリングを必要とする人たちは多いのですが、学びたい人にとって学校ではなく、身近で内容も濃い講座がなくなるのは本当にさびしいものがあります。

 ネットで検索をすると学会とも関係のなさそうな若い講師陣で、高い講座料をとるところがありますが、短期間でカウンセラーになれるという記事を読むと恐ろしくなります。ACCで学んだ人たちはそんなに簡単になれるとは思ってないはずですよね。生涯学ぶ心を大切に学び続けて頂きたいと思います。

 
 


Posted at 2013年09月25日 11時19分13秒  /  コメント( 0 )

【CHR】生きがい発見セ...

本日はCHR主催講座のご案内です。

講座名 生きがい発見セミナー
以下講座の詳細です。申し込みはここからどうぞ。
お申込みお待ちしております。

豊かな人生を生きるための第一歩!
〇仕事や子育てに夢中の時代を経て、さて残された人生を如何に過ごすか?
〇今はまだ社会的な役目があるが、いずれなくなった時どうすればよいか?
〇今の生き方は本当に自分が望んだものだろうか?
このようなことで暗中模索中の方、自分の中にある、無限の可能性を信じてみませんか?始めるのに遅すぎることはありません。「こうしたい」と思ったときが、その人にとっての新たなスタートです。自分に一番ふさわしい生き方を見つめる時間を共有しましょう。

日時   平成25年10月8日・22日・11月12日・26日 火曜日 13:00〜16:00
会場 CHR研究所
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町 1-24-18-302
Tel 045-561-0777 Fax 045-561-0803  eメール chr@c-h-r.com
参加費  26,250円(税込み)
講師   小山田治子(CHR研究所所長)
申込み方法 〕港 Fax HP(http://www.c-h-r.com)

第1回 10月8日 人生のふりかえり SCT記入
第2回 10月22日 私の望み
第3回 11月12日 SCTから見た私の特長  ミニ自分史作成
第4回 11月26日 新しい私と生きがい


Posted at 2013年09月06日 17時07分30秒  /  コメント( 0 )

陸中宮古に行きました

 毎年行く盛岡県の職員対象の研修に8月末に行きました。会場は岩手山のふもとの公設の温泉施設です。秋に行くことが多いのですが、今年は夏でした。台風15号が熱帯低気圧に変わったものの前線への影響があって夜半はかなり大きな雨音がしていました。雲に覆われて素敵な山容をみることはできませんでしたが、温泉にゆったりと浸ってきました。

 受講者は50代の夫婦です。広い県内からの参加者ですので、ほとんどが知らない人たちですが、研修はワークが多いので、グループで話し合ううちにどんどんオープンになってきて、表情も晴れやかになってきます。 退職後の人生を豊かに過ごすことを目的とした研修ですので、現役のうちに夫婦で話し合えるのはとても大事なことだと思います。津波で家を流された人が読んだ今後の人生設計にはじんと来るものがありました。また脳梗塞で不自由になり、懸命にリハビリをしてここまで治ったという人は、発表することもリハビリと思って自分から手をあげて読んでくださいました。私はこの研修が大好きです。

 終わってから今度は岩手県の東にある陸中宮古に行き、1泊して遊んできました。
仕事の前後を利用して遊ぶのが私の趣味の一つです。岩手県内はほとんど回ったと思いますが、まだまだ良いところを抜かしているようです。

 休暇村でゆったりしたいと思ったのですが、公共の乗り物を利用する旅ですので、行ってからいろいろわかって、何と5時過ぎに目覚めたので思い切って起きて、6時半にレストランが開くと同時に朝食をとり、そのまま早朝散策に参加しました。30分間案内されて海岸線を上から眺めました。リアス式海岸は複雑な形をしていて、おだやかな海に朝日の光が輝きとても素晴らしい景色でした。

 8時15分には1便しかないシャトルバスが出るので、それに乗って浄土ヶ浜に行きました。
遊覧船の時刻まで1時間あるので、浜辺に沿って奥浄土ヶ浜まで歩き、のんびりと海と岩山とうみねこ・かもめをながめながら散策を楽しみました。あれほどひどかった膝の痛みが最近治ったようで、痛みを感じないでさっさと歩けることの幸せをしみじみと感じながら、感謝しながら歩きました。

 おだやかに見えた海ですが、40分コースの遊覧船に乗って半分くらい進んだ頃から、左右に大揺れで、「しっかりつかまってください。8月はずつと穏やかだったのですが、9月になった途端今日は想像以上の荒れです」とガイドさんの声。このまま浄土にいってしまうのかとふと不安がよぎったのも事実ですが、その船長さんが3.11の日に、つなみが来る直前沖合に出て船を守ったという話が続き、船長を信じてその後は右に左にスリルを楽しんできました。

 生うにを食べたいという目的もあったのですが、宿では食べられなかったので、昼食は絶対と思って探し、生うにたっぷりのうに丼を食べて満足して帰ってきました。

 


Posted at 2013年09月03日 16時57分46秒  /  コメント( 0 )