企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2012-01 の記事

【NPO】右手和子先生お...

当法人の紙芝居事業のスタートの頃より、演じての養成とスキルアップ講座をご指導頂いていました右手和子先生が、昨年11月17日にご逝去され、そのお別れ会が1月28日(土)に四ツ谷「主婦会館プラザエフ」でありました。当法人からは理事長、Fさん、私の3名が出席致しました。

代表者数名のお別れの言葉から、右手和子先生が努力の方だった事、紙芝居を愛し最後まで普及に力を注がれていた事、素晴らしい演技力と温かいお人柄が紙芝居から伝わってきた事、そして最後に古くからの友人のお話から、先生が素晴らしい一生を全うされた事が語られました。

お別れのことばの後は、右手先生の実演DVD「よさくどんのおよめさん」が映し出されました。当法人主催で昨年10月7日に右手先生の公演をした際にも、演じて頂いた紙芝居だったので、感無量でした。右手和子先生今まで本当にありがとうございました。YUMI


Posted at 2012年01月30日 11時58分08秒  /  コメント( 0 )

公開講座

 産業能率大学で毎年2回担当している公開講座が1月18-19日にありました。
今回は11名で、様々な企業や団体からの参加でしたが、ほとんどが社命のようなもので、自分から望んでこの講座を選んで参加した人はほんのわずかでした。

 タイトルは管理者・リーダーのための「面談カウンセリング技法」です。私はスキルより人間性を大切にしたいと思っていますので、もちろん技法も実習では体験学習をしていただきますが、全体を通して伝えたいことは、人間としての質の向上です。
特に上に立つ人の人間性いかんによって、下の人が生き生きと自分らしく特性を活かして仕事に向かえ、反対に折角の能力の発揮を妨げられ、場合によっては現代病とも言える心の病になってしまうこともあるのです。

 最後にまだ幼いお子さんをお持ちのお父さんが、「2年前くらいにこの講座を受けたかった」とおっしゃいました。交流分析のストロークの理論を知ると、多くの人がこのように思われるようです。 両親が働くことが当たり前の現代、どこかで若い親に学んでもらいたいと思います。


Posted at 2012年01月20日 14時59分08秒  /  コメント( 0 )

外外孫誕生

 夏の暑気払いのブログに書いたKさんが14日遅れで無事出産、3000以上の女の赤ちゃんを出産されました。

 1月1日が予定日でしたので、お正月から気になっていました。
生まれたての写真ですが、すごくしっかりした顔立ちです。

 これからしばらくは大変だと思いますが、情報過多の現代、情報に踊らされず、わが子のペースに沿った子育てをしてもらいたいと願っています。

 インターネット世代のお母さんたちの話をきくと、わが子の特性を見ないで、マニュアルどおりに育てようとして苦しんでいる姿が浮かんできます。
同じ親が生んでも、子どもはそれぞれ違うのに、なぜ他所の赤ちゃんの基準に合わせようとするのか、おばあさん世代の私には不思議です。

 Kさんは交流分析も学んでますし、教師で大勢のお子さんに接していますので、賢いお母さんになられると思います。そして、子育てを通して、更に子どもを理解できる教師としての幅を広げていかれることと思います。


Posted at 2012年01月15日 11時52分41秒  /  コメント( 1 )

ブルーマンを見てきました

 以前から広告を見て気になっていた「ブルーマン」に行ってきました。
六本木のブルーマンシアターはすぐわかりましたが、20年くらい前にはその近くにあるN銀行のクラブに時々行ってましたので、懐かしいところでした。

 かなり前の席でしたのでよく見えましたが、よくここまでいろいろな仕掛けを考えたと思えるほどで、会場を巻き込んでみんなを楽しませるのは、さすが外人のエンターテナーだなと思いました。
会場から3人が舞台に連れて行かれたのですが、それを選ぶ時の動作がおもしろく、ドキドキした人も多かったのではないかと思います。

 お正月に家族が集ったときもこの話題が出て、長男夫婦と次男はすでに見ていて、面白いと言ったのでチケットを買っておいてよかったと思いました。そのときに長男の嫁が舞台に連れて行かれていろいろやったという話を聞いていたので、このことだったのねと納得。三男夫婦も月末のチケットを入手したそうですので、また集まった時は話題になるでしょう。そのとき一人だけ話題に入れない人がいるのですが、たとえ行ったとしても乗れないタイプの人なのです。

 10日には、イアン・ボストリッジのテノールを聞きに行きます。

楽しい! しあわせ! と思える時間をたっぷり味わう年にします。


Posted at 2012年01月08日 18時38分29秒  /  コメント( 0 )

川崎大師

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

皆様には、どのようなお正月をお過ごしでしたか?

今年はたっぷり2週間の冬休みを頂いているので、まだおとそ気分が抜けておりません。

昨日毎年恒例になってきました川崎大師に娘と出かけました。

私、父の社宅の関係で、生まれは川崎大師のすぐ近くというご縁で、何か懐かしさを感じる場所なのです。

仕事始めのスーツ姿の人が大勢参拝されていました。小山田所長も事務所に出られているのに、申し訳ない気分も少し感じつつ、お蕎麦屋さんでビールも少々(笑)

仲見世通りで風水色の達磨、猫、干支の置物が沢山並んでいていて、今年も風水色の干支の置物を購入しました。

普通の龍


風水の龍


いつもはバタバタ忙しい年末年始で、ストレスも感じるのですが、なぜかお節作りも、年末年始の慌ただしさにも、イライラすることなく、いつも通りに過ごせる幸せをとても感謝したお正月でした。(YUMI)


Posted at 2012年01月06日 13時38分14秒  /  コメント( 0 )

仕事始め

 4日から事務所に出ています。
しなければならないことは山ほどありますが、まだエンジンがかかっていません。
例年ですと、1日に年賀状を取りに必ず事務所にきて、出していない人に賀状をせっせと書いていましたが、今年は昨日ようやく書き始めました。

 1日に家族が全員揃って賑やかに宴会をしました。今までは2日だったのですが、息子達の予定が合うのは1日だけだったようで、6時頃から始まって11時頃まで、それは賑やかでした。
家族が全員集るのは本当に難しく、今月末の私の誕生日を祝って(節目の年なので)温泉に行く話が出ているのですが、日程が決まりません。なかなか難しいものです。

 4日は近所の人が「聴いて! 聴いて!」という切羽詰った状態で、コーヒー持参で来られたので、午後はお話を聴きました。
昨日年賀状の追加を書きましたが、はがきが無くなったので、アドレスのわかる人にはメールで
ご挨拶させていただこうと思います。

 昨年春空き部屋になったビルの1−2階がようやく入居者が決まり、年末から工事が始まったのですが、今も階下からかなり大きな音がしています。
音に負けないで、そろそろエンジンをかけて仕事に取り組みたいと思っています。


Posted at 2012年01月06日 11時18分30秒  /  コメント( 0 )

あけましておめでとう...

 2012年になりました。
どのような年になるのでしょうか?
四季があるように、朝と夜があるように、プラスがあればマイナスがあるように、良いことばかりは続かず、悪いことばかりも続かないと思っています。
今年こそ昨年の負の部分を払拭できるような良い年になってもらいたいものです。
 
 同期の人たちからの年賀状はご夫婦での海外旅行の写真が多くなりました。
リタイア後の人生を楽しんでいる様子を見ながら、「さて、私の人生の終盤は?」と時折考えます。しかし「まだ今は退けない」と思っていますので、もう少し続けようと思います。
ワーク・ライフ・バランスを今まで以上に意識したいと思いつつ、ライフ(遊び)に結構時間を使っている現状がありますが、更に満足できるようにと思います。

 CHR研究所、NPO法人心の笑顔サポートセンターに関わる皆様一人ひとりにとって良い年になってもらいたいと願っています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


Posted at 2012年01月01日 12時38分45秒  /  コメント( 0 )