企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2007-12 の記事

大晦日

 今年も後2時間で終わりです。 今珍しく夫婦で紅白を見ています。
懐かしいなと思う人もあれば、存在すら知らない人の何と多いことか。

 今年はどんな年だったか? 私自身のことを振り返りますと、特記すべきことはなかったと思いますが、平穏無事に過ごせたことを感謝したいと思います。 

 あえて言えば、私の人生ではとても珍しいことですが、3回も海外旅行に行ったことでしょうか。 1月の中国杭州、7月から8月にかけてのニューヨーク、11月のニューカレドニア。
仕事では北から南まで、日本中飛びまわっていますが、海外は本当に珍しいことです。

 それより、今年はCHR研究所の研究員やNPO法人心の笑顔サポートセンターのメンバーが育ったことが何よりもうれしいことでした。 子育てもすっかり終わって、今夜も夫婦のみの年越しですが、人が育つことは何にも勝る喜びです。

 来年も人を育てることを一番の目標に、励みたいと思います。

本年お世話になった方々に心から感謝申し上げます。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。


Posted at 2007年12月31日 22時41分10秒  /  コメント( 0 )

大掃除

 もういくつ寝るとお正月・・・♪  あと3つになりました。

年末の大掃除はかなり負担です。 でもしないでお正月を迎えるのは、気分がすっきりしません。 事務所と自宅と両方とも日頃かなりいい加減ですので、やる気をおこすと大変です。

 まず思い切って捨てるところから始めないと、何しろ今年話題の賞味期限を過ぎたものが、冷蔵庫や調味料の中にかなりありました。 使うつもりで買ったままのものもあり、これからは
必要なときに買うようにしたいと思いました。

 大掃除が終わるとお節づくりです。 昔ほど作らなくなりましたが、買ったものばかり並べるのは抵抗がありますし、第一おいしくないので、やはり自分の作ったものでお正月を迎えたいと思っています。

 皆さんも忙しい年の瀬を過ごしていらっしゃると思いますが、無理のない程度にしてくださいね。
 


Posted at 2007年12月29日 22時54分19秒  /  コメント( 0 )

クリスマスのサンタさん

 鎌倉の子育て親子サロンの最終回の話し合いの時に、「自分がいつまでサンタさんを信じていたか?」という話題になり、色々楽しいお話を伺うことができました。その中のエピソードをプレイバック・シアターで披露しました。自分が話したサンタのストーリーを演じる私たちの姿に、少し驚かれながらも喜んで頂きましたが、アクターの私たちはドキドキものでした。今年の良い思い出の一つです。
 我が家は昨夜、姉の家族と合同のクリスマスパーティーをしました。姉の孫たちは終始ハイテンションで喜び、その姿を見てあまりクリスマスにウキウキしなくなってしまった自分の年を感じました。それよりチキンを焼こうとオーブンをつけたらサーモがうまく回らなかったり、オーブンのドアの前に物が置いてあって全開しないので片付けたりと、始まる前からどっと疲れが出ましたが、パーティーが終わってみると、今年も皆元気で集まれたことに感謝し、小さな幸せを感じた夜になりました。(YUMI)


Posted at 2007年12月25日 12時05分53秒  /  コメント( 0 )

メリークリスマス

 クリスマスソングがレコードから流れ、ツリーはキラキラとまたたき、手作りのケーキの最後の仕上げをする私の手元をじっと見つめる6つの目。定番のチキンを中心とした子どもが喜ぶメニューの数々。日頃は遅くても、この日だけはがんばって早く帰宅するこの夜のサンタクロース。  門の前で歌う聖歌隊の歌声。

 ずっとずっと昔の我が家です。子どもが喜ぶことを何とかかなえてやりたいと、どんなに忙しくても、子どもが第一の生活をしていた時代です。そして、私の人生で一番幸せだった頃のことです。その渦中にいたときより、離れてからの方がより幸せを感じますし、こうした想い出を持っている私は本当に幸せだなと思います。

 今日久しぶりに早い時間帯に買い物に行きましたら、多くの若い世代の家族連れが、ホームパーティー用の買い物をしていました。お子さんたちに幸せな想い出を一杯つくってあげてほしいと思いました。 


Posted at 2007年12月25日 00時24分43秒  /  コメント( 0 )

戸塚区生きがい発見セ...

先週12月6日に戸塚区で6週にわたって開催しました”生きがい発見セミナー”が無事終了いたしました。4月に区に応募してから足掛け8か月間にわたって企画、運営を行ってきました。
未熟な私でしたが、CHRの講師の方々と、支えてくださったスタッフの皆さんのおかげで受講者の方々には何かをつかんで頂けた内容になったと思っています。そしてやはりこの講座はいろいろなところで広げていけたら素晴らしいなと実感いたしました。
生きがいを見つけるのに年齢、時期は関係ありませんよね。ご本人がこの先の人生にまっすぐ向き合おうと一歩踏み出した瞬間からその人生は輝くのではないかと思います。
最後にご協力いただきました皆様に心から感謝の気持ちをお伝えいたします。ありがとうございました(*^_^*)(MIKI)


Posted at 2007年12月19日 21時11分55秒  /  コメント( 2 )

母親笑顔教室 20歳

 13日の木曜日、「母親笑顔教室」の20周年のお祝いの会がありました。
20年前の12月10日、大倉山記念館で6人の参加者からスタートしたものです。その時はとりあえず1回だけと思って呼びかけてみました。

 たった1人であってもストロークの理論を理解していただきたいと思って会場に行きましたので、6人の参加者には感謝の気持を込めて、熱っぽく語ったのを覚えています。全員初めてお会いする人ばかりでした。 その6人に私の思いを語りましたら、是非毎月やってもらいたいと言われ、以降20年間毎月続いてきたものです。 幼稚園以上の子どもを持つ母親が対象でした。
 
 子育ての悩みなど、切羽詰まった人や、何か勉強をしたい人など様々でしたが、本音で話せ誰も批判することのない教室は、駆け込み寺の役割を果たしてきました。 しかし、ここ数年は参加者が限られて、新しい人たちへの広報活動ができていないのが、気がかりでもあります。

 20年前以上に、現在の方が親子関係がまずくなってきていますので、多くの人に来てもらいたいのですが、関心を持つ人が少なくなったのでしょうか?

 13日は参加者から、一言ずつお祝いの言葉を贈られましたが、みなさんこの教室があったので、子育ての迷い悩みを吐き出せたし、勉強したことを家庭で実践し助けられたと感謝の気持をたっぷり聞かせてくださいました。CHR研究所の存在は保険のようなものだと言われたのが、心に残っています。一言一言がうれしくて、涙がにじんできました。

 現在はNPO法人心の笑顔サポートセンターの活動になっていますが、まだまだ続けたいですし、各地に笑顔教室を普及させることが長年の夢ですが、ぼつぼつ実現しそうです。


Posted at 2007年12月16日 21時55分14秒  /  コメント( 0 )

ニューカレドニア ト...

 体調が完全でないまま、ニューカレドニアに行きました。 半年前からスケジュールを調整して楽しみにしていたのですが、前日までの微熱で一度はキャンセルを覚悟していたのです。

 同行の仲間は航空会社の都合で全員前日に行き、仕事のため私だけが予定どおりのスケジュールで一人で行きました。ホテルでのんびりするつもりで、本をいっぱい持っていったのですが、宮古島の時と同じで、すっかり元気になり、誰にも迷惑をかけることもなく、ついて歩くことができました。

 ニューカレドニアは海のリゾートの情報ばかりですが、行ってびっくり。 山・山・山・・・の島でした。 観光客がほとんど行かない北部の山はかなり険しく、2本のストックを頼りに、時には這い這いしてアップダウンの激しい山を登りましたが、病み上がりなので最終ポイントの見える第3ポイントで数人の仲間と休憩をして待つ事にしました。

 滝のそばに行くためには、渓谷を渡渉しなければいけない箇所もあり、添乗員と現地の案内人の二人の若い男性のサポートがなければ、平均年齢70歳くらいのツアーメンバーは渡れなかったと思います。 フランス領なので、食べ物がどこに行っても美味しく、回復力をつける思いもあって、出るもの全部食べていましたら、なんと3キロオーバー!!  大変 !!
10日経ちましたが、そのままです。

   
  朝市のそばの港        孔雀が餌をもらいにきます    険しい山

 
   コテージ            飛べない鳥 カグー      珍しい花がいっぱい 


Posted at 2007年12月09日 17時59分27秒  /  コメント( 0 )

母親笑顔教室20周年記...

第1回「母親笑顔教室」が大倉山記念館で開催されて今年で20周年を迎えます。
多くのお母さんたちにとって何でも話せる場、笑顔の大切さを学ぶ場となってきました。
そこで12月13日(木)には20周年記念イベントを開催することになりました。
「母親笑顔教室」の歴史や自分の子育てを振り返りながらみなさんと楽しいひとときを
過ごしたいと思います。(^0^)/(YOKKO)


Posted at 2007年12月05日 15時51分14秒  /  コメント( 0 )