企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2007-10 の記事

読書

 naokoさんの読書のコメントに刺激を受けました。本はよく買いますが、ほとんど仕事と関係のある本ばかりで、小説はたまにしか買いませんし、ましてや時代物を買うことはありません。

 ところが、11月半ばにあるホテルで、小説家の山本一力さんの講演会の前座を務めることになり、何も読んでないのはまずいと思って、直木賞受賞作の「あかね空」を読みました。

 これがとてもおもしろいのです。小説の舞台の情景や登場人物の衣装など、細かな描写は頭の中で、具体的にイメージが描け、物語は推理小説を読むように、ぐんぐん引き込まれて、あっと言う間に読んでしまいました。

 また別の小説も読んでみたいと思いましたし、時代小説の魅力を感じられたことは、大きな収穫でした。

 ご本人とお会いするのが楽しみです。

 


Posted at 2007年10月31日 23時17分49秒  /  コメント( 0 )

助成金

 NPO法人の活動は、会員のボランティア活動に支えられていますが、サロン、電話相談、紙芝居教室、生涯学習・・・と、様々な活動に積極的に参加すればするほど、交通費や諸々の負担が本人にかかってきます。先日、会員の活動費の助成も認められるときき、横浜市市民活動支援センターで開かれた「民間助成金合同説明会」に会員4名で出席してきました。
 4つの団体が行っている助成金は、大変魅力的なものから、ここは・・・無理かな?というものもありましたが、参加者の中にも独自の助成金を行っている団体があり、自分達の知らない助成金が、沢山あることが分かりました。4人が手分けして個別相談にも出てきました。助成金が必要でしかも同じような内容の活動をしている団体が多いので、そこで当法人の特異性を申請書に盛り込むのが、難しい!
 毎年幾つかの団体に申請書を提出していますが、認められる事はとても少ないです。この申請書を作成するのに結構時間がかかります。専任の助成金担当者が欲しいほどです。そこで、お時間のある時に、事務所にきてホームページから募集中の助成金を検索したり、申請書を書いた経験はないけれど手伝い位ならいいですよという人がいらっしゃいましたら、いつでも事務局までご連絡ください。又、ご自宅で助成金の検索をして情報を下さるだけでも大変助かります。どうぞ宜しくお願い致します。(YUMI)


Posted at 2007年10月30日 11時12分25秒  /  コメント( 1 )

最高の紅葉

 完全に声が治らないまま、札幌の仕事にいきました。1日保育士さんを対象に交流分析の研修です。雑音入りの耳障りな声に付き合ってくださいましたが、みなさんとても興味深く、ノリが良く楽しく行うことができました。

 受講者のノリが良いと、こちらもサービス精神が旺盛になり、事例もたっぷり入れて、少しでも分かりやすく、楽しみながら学んで頂こうという気持ちになります。

 仕事が終わってから、定山渓に温泉と食事を楽しみに行きました。この時のために、頑張って治したといっても良いほど、楽しみにしていました。

 翌日、定山渓から小樽に向かう山の中が、素晴らしい紅葉で、何度もウワーと歓声をあげてしまいました。見事でしたよ。生憎雨だったのですが、日曜日なのに車がほとんどなく、すいすいと走れて、おまけに3回も大きなくっきりとした虹を見ることができました。

 虹って何だかとっても幸せな気持ちにさせてくれますよね。
心配したほどの寒さでもなく、久しぶりにのんびりとして、美味しいものもいっぱい食べて、いっぱい笑って、とてもしあわせな2泊3日の出張旅行でした。


Posted at 2007年10月25日 23時24分29秒  /  コメント( 0 )

楽しい時間!

 秋のお楽しみとして、10月は2つの舞台を観に行ってきました。1つは小劇場の芝居でコメディーでした。1人だとあまり面白くない場面でも、周りの人につられてつい大笑いしてしまいました。ライブならではの楽しさですね。もう一つは劇団四季のウィッキドというミュージカルで、流石四季という場面と、少し退屈な場面もありましたが、やはり目の前で役者さん達が頑張って歌って踊っている姿に、笑いあり感動あり少々の涙ありで、楽しめました。
 先日はDVDで、「ALLWAYS三丁目の夕日」を借りてきて観ました。今頃ですが続編ができると聞いてやっぱりその前に観ておこうと思ったのです。東京タワー建設中の東京が舞台で、氷を入れて使う冷蔵庫や、三種の神器と言われた、初期のテレビ・洗濯機・冷蔵庫が出てきたり、フラフープなどの遊びも、懐かしい映像で、子どもの頃を思い出しました。東京タワーが完成してすぐに、父に連れられて見に行った時に、下から見上げた時の怖さは、今でも忘れられません。昭和の昔が懐かしい方にはおすすめのDVDです。皆が今より裕福ではありませんが、人情も温かく、古き良き日本が満喫できますよ。(YUMI)


Posted at 2007年10月23日 18時06分02秒  /  コメント( 2 )

無言の行

 先週火曜日の午後から、全く声が出ない状態になり、大変不自由な思いをしました。聞くところによると、最近同じような症状の風邪の人が多いようです。声は私の商売道具ですので、本当に苦労しました。ようやく時間を作って耳鼻科に行ったのは木曜日。出ない声をマイクの力を借りてほとんど無声音に近い状態で、それでも仕事は続けていましたが、鼻からカメラを入れて現実に向き合わされ、「休養しないと肺炎まで行く可能性がありますよ」と、とどめの一言。

 肺炎?? それは困る。 頭の中に今後のスケジュールが、ぐるぐると廻ってしまいました。
土曜日だけは、午前・午後の仕事をそれぞれ代わっていただけましたので、土・日は久しぶりに休養です。その間、無声音と筆談でコミュニケーションをとっていました。

 今週月曜日からようやく声と言える音が出始めましたが、医者からは「休養を続けないと逆戻りもありますよ」とのこと。「週末、札幌出張ですが、それまでには何とかなるでしょうか?」
あくまでも仕事優先の私。 

 大分自分の声に戻ってきましたが、声が出ないのは辛いですねー。
2〜3年に1度体験するのですが、無理に声を出すと、貧血をおこしそうになります。

 みなさんも気をつけてくださいね。


Posted at 2007年10月17日 22時21分46秒  /  コメント( 2 )

電話相談

 NPO法人心の笑顔サポートセンターでは、週3日電話相談をしています。平成15年10月1日にスタートしましたので、丸4年が経ちました。相談員もお互いに時間のやりくりをしながら地道に活動を続けています。無料の電話相談なので交通費もお昼代も自前です。日々の活動に加え年に数回の勉強会にもほぼ全員が出席し熱心に意見交換をしている姿は、同じ会員として誇りに思います。
 電話相談員の一番の悩みは、自分達の活動を必要としている人に知ってもらえない事です。郵便局や地域のセンター等にチラシを置いたり、紙芝居教室や生涯学習の受講生に配布したり、当法人のホームページで活動をお知らせしていますが、まだまだ宣伝が足りないようです。「すぐかかるので嬉しい」と言ってくださる方もありますが、もっと利用者が増えて欲しいと思います。電話番号、活動日時は下記の通りです。今日このブログを読んだ方が、お知り合いの方に是非宣伝してください。電話相談に利用者が増えていくようにご協力宜しくお願い致します。(YUMI)

電話番号      045−566−0875
日時  水曜・土曜 10:00〜16:00 
      火曜日   20:00〜23:00   (夜間は子育て相談に限定)


Posted at 2007年10月10日 16時39分47秒  /  コメント( 0 )

マザー・テレサ メモ...

 昨日は珍しく仕事無しの1日を過ごしました。しなければならないことは山ほどあるのですが、どうしても見たいものがあり、思い切って行ってきました。

 新聞で知ったのですが、マザー・テレサ没後10周年記念のドキュメンタリーが、恵比寿の東京都写真美術館ホールで19日まで開催されています。是非多くの人に見ていただきたいと思いました。そして本も3冊求めてきました。今まで新聞やテレビの報道で少しは知っていましたし、時々私の講演会や研修の中でもエピソードを引用させていただいていましたので、詳しく知りたいと以前から思っていました。

 「母なることの由来」「母なるひとの言葉」の2本のドキュメントに胸が締め付けられるようでした。すすり泣きの声も聞かれました。マザー・テレサの考え方やその活動を知りますと、自分は何をしているのかと、劣等感を抱きそうでしたが、彼女が特殊な人であって、私は私にできることをすればよいのだと今は思います。

 共通することを見つけました。笑顔です。マザーは常に笑顔よとシスターたちに言っていました。そして、彼女に両手で頭に触れてもらった人たちはみんな笑顔になりました。1度でも触れてもらえた人は、いつまでもその感触を覚えていて、思い出すたびに幸せな気持になれるのでしょうね。

 ドキュメントの話をもう一つ。
何週間か前に、息子から「絶対これを見て」と1本のビデオを渡されました。以前のテレビ番組「余命1ヶ月の花嫁」を収録したものです。大変感動的でした。それが今日の午後再放送されていたのです。これも多くの人に見てもらいたいと思いました。24歳で亡くなった彼女の笑顔がまた素晴らしいのです。とても死を目前にした大病と戦っている人の表情ではないのです。本当にきれいでした。そして、彼女のそばにいる人たちがまた素晴らしいのです。素晴らしい人のまわりには、自然と素晴らしい人が集まってくるのだなと思いました。

 11月には本が出版されるそうです。私も自分磨きを心がけたいと思います。


Posted at 2007年10月07日 20時55分05秒  /  コメント( 1 )

生きがい発見セミナー

 戸塚で来月から生きがい発見セミナーが始まる事は、MIKIさんのブログでも案内がありましたが、是非大勢の人に参加して頂きたいと思います。

 昨日このセミナーの縮小版を、東北のある県の職員対象に行ってきました。今年で3年目ですが、夫婦での参加が義務付けられています。50代以上でまもなく定年の方もありますが、短い時間でも、結構楽しみながら今後の人生を話し合い笑っていらっしやいます。プログラムによっては、3組6人でシェアリングをするのですが、これがお互いに良い刺激になるのですね。担当者から、過去のアンケートに「先生から元気を一杯もらったという感想が多く、大変好評ですので、また来年もよろしく」と言われて帰ってきました。受講者はそのまま1泊するのですが、私も来年はスケジュールを調整して、泊まってきたいと思います。

 過去に何度かCHR研究所でもカルチャーセンターでも実施していますが、この講座に出て人生が変わったという人もありますので、今後の人生の再スタートを目指す人には、是非受講して頂きたいと思います。

戸塚区 他区の人も空きがあればOK
11/6,13,20,27,12/4,11(毎週火曜日)
詳細は045-566-2272まで
 


Posted at 2007年10月05日 11時47分23秒  /  コメント( 0 )

久しぶりのコーラス

 今日は月に1度のコーラスの日でした。3ヶ月続けてお休みしましたので、休んでいる間に新しい曲の練習が進んでいないかと心配しましたが、9月に文京区で行われたイベントに参加したためその練習が続いて、その心配はありませんでした。
 
 その時のテープを聞かせてもらいましたが、楽しそうな歌声に、仕事で参加できなかった私はとても残念な気持です。山の会のコーラスグループですので、歌うのも山の歌が中心です。初めての曲を音を探りながら覚えていくのはとても楽しいものです。

 久しぶりに参加しましたら、口々に歓迎して下さるのが、とてもうれしく、ここも私の居場所の一つだなと思いました。山歩きをしたいと思って昨年入会した会で、コーラスグループを作るからと誘われて入りましたが、この会に行くと私は若い方なので、それも気持のよいものです。
何しろ女性ばかりの山の会は、60〜70歳代が中心で最高は91歳です。すごいところですよ。来月は海外トレッキングでニューカレドニアの山を歩きます。


Posted at 2007年10月03日 23時12分50秒  /  コメント( 0 )

募集開始です。

ごぶさたしていました。季節は先週末からいきなり“秋”ですね。気温は10月下旬並みとか。私は足が冷たいのでホットカーペットを早くも出してしまいました。それにしても今年の秋は気が早い!!一か月飛ばすのはやりすぎですね(*_*)
さて、1日より戸塚区と共催の“生きがい発見セミナー”の募集がはじまりました。講師の皆様のご協力でとても内容の濃いものになりそうです。新しい自分に出会いたい方、今、ちょっと、、と停滞気味の方、には是非ご参加いただきたいプログラムです。また、これってどんな講座なの?なんて軽い興味をお持ちの方も楽しんでいただけると思いますので、こんな方も是非!!お待ちしております(*^^)v(MIKI) ご興味のある方はNPOまでお問い合わせください


Posted at 2007年10月03日 07時32分00秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ