企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2007-09 の記事

韓流ブーム

CHRに韓流ブームが起こったのは3年前になるようですが、その頃私の職場にも同じ現象が起こっていました。私は韓流ブームのきっかけとなったドラマは見ていましたが、特にその後何かのドラマを見たり、特定の俳優のファンになることはありませんでした。それでも同じ課の先輩が、とある俳優さんのファンになり、韓国の芸能界の話がよく入るようになったので、CHRでも色んなお話をしていました。今、世の中では一時期ほどの盛り上がりはないように思いますが、私の職場には根強いファンとなった方が何人かいらっしゃいます。2年ほど前にその方たちが一緒に韓国料理を食べに行くようになり、韓国料理を食べたい!だけの私も入れてもらうようになりました。(^^ゞ先週の金曜日に久しぶりにその集まりがあり、私も参加してきました。韓国通の人たちが集まるので、食べに行く韓国料理もおいしいお店です。おなかいっぱい食べてきました。(*^_^*)課も違うので、このつながりがなければ一緒に食事に行くこともなかったメンバーですが、好きなスターへの熱い思いや秘密の裏話を聞いたりしていると、韓流ファンでない私も笑ってしまいます。‘好き!’が集まると、笑顔があふれるものですね。楽しい時間を過ごしてきました。(Naoko)

Posted at 2007年09月30日 22時45分45秒  /  コメント( 2 )

鎌倉市子育て親子講座...

 以前からお知らせしていました鎌倉市の委託事業「笑顔の子育てサロン」が本日よりスタートしました。9月〜12月迄毎月テーマをかえて、4回開催予定です。9月の講座の前に、10月以降の申し込み受付を開始していて既に5組の申し込みが来ていましたが、本日講座参加者10組全員が帰りに継続で申し込まれたので、定員15組いっぱいとなりました。今日の講座参加後に次月からの申し込みをされたという事は、今日の講座が楽しかったという事になりますので、スタッフ一同大喜び、ヤッタァー!!という気分です。皆の協力があればこその結果でした。子育てサポーターの皆さんお疲れ様でした。あと3回も頑張りましょうネ!

 保育ボランティアの(鎌倉子育て応援団)の皆さんの協力もあり、託児が初めての体験となる子どもたちも、思っていた以上に託児コーナーで遊んでくれました。子育てサポーターズも、昔懐かしい幼児の感触を肌で感じながら講座がスムーズに進むよう、託児のお手伝いをしたり、話し合いのファシリテーターをつとめたりと、フル回転の半日でした。来月はストロークのオリジナル紙芝居を使っての講座を予定しています。今日のお母さん達の様子からも、子育て中のお母さん同士で話がしたいと言うのが伝わってきましたので、2回目以降も話し合いの時間をなるべく多く作りたいと思っています。(YUMI)


Posted at 2007年09月27日 16時16分58秒  /  コメント( 3 )

心の笑顔通信Vol 1...

本日心の笑顔通信VOL12を発行しました。表紙ページは理事長のニューヨーク研修旅行、2ページは、「社会人笑顔教室の暑気払い」の記事、「母親笑顔教室20周年記念イベント」や鎌倉市の委託事業「笑顔の子育てサロン」のお知らせ、(社)生命保険協会からの助成金授与等の記事と、5枚の写真が載っています。3ページはおすすめBOOKやコラム、4ページはインフォメーションと盛り沢山の内容です。会員の方は郵送又は手渡しでお届けいたしますが、ご希望の方にはどなたにでもお送りします。ご請求ください。(YUMI)

Posted at 2007年09月26日 17時45分43秒  /  コメント( 0 )

お別れ会

 7月半ば、台風が西日本を襲った日、沖縄での研修中に倒れ、9月初めに70歳で亡くなられたY.O先生のお別れ会が今日市ヶ谷の会場で行われました。

企業の研修ではかなり手広く、様々な業種の企業を対象に長年続けてこられましたし、公開講座の仲間が、その後もいつまでも交流が続く程、素晴らしい研修を続けてこられた先生です。

 私がプレイバツクシアターの世界に入ったのも、この先生のお陰です。時々研修で使うムーブメントもこの先生から学びました。

 今日のお別れ会は、さながら同窓会のような雰囲気で、随分懐かしい方々と久しぶりにお会いすることができました。 400人くらいでしょうか? 大勢の人たちは久しぶりの対面を懐かしみながら、これもこの先生が繋がりをつけて下さったお陰と感謝の言葉が方々から聞かれました。

 今日の会の企画・運営を引き受けたのも受講生である様々な企業の人たちです。多くの受講生が、みなさん個人の気持からお別れに集まってこられました。

 表面的なことを教えていたのではこうはなりません。自分の心をみつめる作業のサポートをしっかり引き受けてこられたので、講師と受講生の関係が密度の濃いものになったのだと思います。

 私は7月1日にある勉強会で何年かぶりにお会いし、1日席を並べて学び、お話をするチャンスがありましたし、同じ週に渋谷駅で偶然お会いし、お会いするときは続くものですねと話して分かれたのが最後になりました。お会いできて本当に良かったと思っています。

 そして、人生の終わり方を考えさせられる時間でもありました。

 


Posted at 2007年09月24日 21時57分59秒  /  コメント( 0 )

姑の米寿の祝い

私事ですが、敬老の日に姑の米寿の祝いがあり、兵庫県の日本海側の浜坂漁港に行ってきました。綺麗な日本海の景色を楽しみにしていたのですが、残念ながら雨降りでした。でも美味しい魚介類を堪能し楽しい宴となりました。姑の子ども、孫、ひ孫が、大好きなおばあちゃんのお祝いに20名ほど集まり(まだまだ、孫とひ孫がいるんですよ!)、皆の祝辞にも、どれだけ喜んでいるかが良くあらわれていました。
子ども好きの姑で、娘や息子が生まれた時には、遠い所を駆けつけてくれました。特に息子が生まれた時には、私には男兄弟がなく、姉の所も娘達だったので、どうやって育てたらいいのかアドバイスを求めたのですが、「男の子は、親から離れるのが早いから、まとわりついてくる間は、十分可愛がってあげたらいい。」と言われ、気が楽になったものでした。これは、あまり世話をやきすぎたり、干渉し過ぎないようにと言う事だったのかな?と今は思っています。行きの山陰線の車中からの景色と、帰りに寄った城之崎温泉の写真を送ります。どちらも私の大好きスポットです。(YUMI)


Posted at 2007年09月19日 17時12分43秒  /  コメント( 0 )

今日も仕事

 連休ですが、今日も事務所で仕事をしてきました。
誰もいない事務所で、ただひたすら事務処理です。  この仕事が結構大変なのです。

 頭の中では、最初にこれをして、次に・・・・・と計画を立てるのですが、なかなかその通りには進みません。

 かなり無理をして買った高価なボーズのステレオで、ボリュームをあげて好きなクラシックを聞きながら一人で過ごす時間は大好きです。

 本当は仕事ではなく、音楽を聞きながら、ソファーに横になって読書をする時間にしたいのですが、夢ですねー。

 仕事の合間に、月末に行く雲仙へのアクセスの確認と時刻表や地図のアウトプットもして、お楽しみの部分もありました。


Posted at 2007年09月17日 00時13分24秒  /  コメント( 1 )

おのぼりさんの心境でした

 今日初めて汐留に行きました。そこにある新進のビッグ企業で、カウンセリング活動をしている人たちの勉強会に講師として招かれたのです。

 地図を見ながら出口を間違えないように、キョロキョロしながら、無事に目的地に到着することができました。

 東京ってすごいところですね。私には縁のない高級ホテルがあり、有名企業のビルがたくさん背比べをしているところです。それに比べると日吉は分かりやすく安心して居られるところだとつくづく思います。

 最近の会社はセキュリティーがしっかりしていて、慣れない私は段々会社に行くのが苦手になりました。なにしろどこもドアが開かないのですから。首にぶら下げたカードがキーになっていて、ゲストもそれをぶら下げてなんとか目的地に行くのですが、これが行く先々の企業でシステムがちがうので、毎回戸惑うことばかりです。

 毎日がこの生活ですと、おかしくなる人が増えるのも当たり前だと思います。昔の誰でもすいすい入れる会社とは全然違います。セキュリティーの問題上はこの方が良いのは分かりますが、殺伐とした世の中になったと言う事でしょうね。


Posted at 2007年09月14日 23時54分36秒  /  コメント( 0 )

交流分析は人生勉強

 私のライフワークの一つは、より多くの人々が、交流分析を知識としてのみではなく、実生活で生かせるところまで学び、自分の人生を価値あるものにすることと、周囲の人たちが幸せな気持ちになれるような関係が作れる人になってもらうことです。

 大勢が集まって立派な先生の講義を聞くことも勉強になりますが、心許しあえる少人数で、生育暦もオープンにでき、過去の失敗経験や、性格の偏りなど、なんでも話し合い、どんなことを聞いても非難や批判をせず、しかも自分が感じたことを率直に話せる雰囲気の中で学ぶことが、どれだけお互いの成長に繋がるか、多くの場でこういう学習ができると良いなと思います。

 私が20年近く続けているCHR研究所の交流分析講座はまさにこの雰囲気です。
最初からこの雰囲気があるわけではありません。4月に初対面でスタートし、月に1度ずつの講座で、年齢も様々、経験も様々な人たちですが、私にとっても本当に学ばせて頂ける大切な場です。

 昨夜は夏休み明けの講座で、残念ながらお休みしますという人が多く、出席者は少なかったのですが、ストロークの話は本当に勉強になる場面でした。

 交流分析は一度聞いただけで分かったと思わず、学び続ける事で最初に書いたような人になれるのです。 多くの人に学び続けて頂きたいと思います。


Posted at 2007年09月14日 10時52分58秒  /  コメント( 2 )

親のしかる声

 自宅から事務所や駅まで歩いて約15分ですが、暑い夏の間と荷物が多いときにはバスを利用します。今朝もバスを利用しましたが、かなり遅れていたようで混雑していました。

 乗るといきなり子どもの泣き声とお母さんのヒステリックな声に驚きました。同じバス停から乗った年配の女性を振り返って、「怒らないでください! 子どもだから仕方がないじゃないですか!」とすごい剣幕ですが、私のみるところその女性は何も言ってないのです。

 子どもが騒ぎそれをなだめようとしたのでしょうが、傘を持ってましたしちょっと危ない場面がありました。その状態でしたので、何か聞き違いか勘違いだろうと思うのですが、その声でとても不快な気分になったのです。おそらくそれは私だけではなかったと思います。

 その後も子どもが「バスだ」と話しかけると「しっ! だまってなさい」 立とうとすると「じっとすわってなさい」 泣くと「泣くんじゃないの」「おんり(降りる)」というと「まだおんりじゃないの」子どもが母親を叩こうとすると「何でたたくの?」 私のすぐ隣でずっとその不快な声が聞こえていました。

 家庭での親子関係が見えるようでした。なぜ「そうね バスだね」「降りたいの? もうすぐだからね」と応えてあげられないのでしょう。子どもの泣き声よりお母さんの声の方がはるかにうるさく感じました。


Posted at 2007年09月13日 00時37分25秒  /  コメント( 2 )

土曜日のセミナー報告...

9/8(土)の午後、小山田治子講師による「親子関係の心理学セミナー5」を大倉山記念館で開催し、13名の参加がありました。毎年続けて開催している講座で、5回目のテーマは(より良い親子のコミュニケーションを学ぶ)でした。初めに紙芝居メンバーが作成致しましたオリジナル紙芝居<快いコミュニケーションの為に>を笑顔の子育てサポーターが披露しました。その後講義とロールプレイを行い、3時間の講座でしたが受講生の方から楽しい講座内容だったと言って頂きました。紙芝居も来てもらいたいとのお声がかかり、是非実現したいと思っています。当日横浜市民活動推奨協議会のエールカード担当者がお見えになり、笑顔の子育てサポーターの活動現場を見て頂きました。(YUMI)

Posted at 2007年09月10日 13時58分55秒  /  コメント( 2 )

 1  2  | 次へ