企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー

冬底の靴

 先週、昨年と同じ時期に再び札幌に行きました。
昨年は大雪で、広い道路が除雪車でできた雪の山で、半分の広さになっていましたが、今年はすっかり景色が変わっていました。

 現地の人たちがさっさと歩く姿を見て、帰りに冬底の靴をデパートに探しに行ったのですが、唯一持っていて履いて行った靴底と大差なく、デザインも気に入ったものがなく、買うのをやめて帰ったのですが、仕事の依頼が来て、同じ時期だったので、やはり買ってくれば良かったと少し後悔していました。

 そこで今回は空港から札幌に着いてすぐデパートに行き、店員さんにいろいろ聞いて、1足買い求めましたが、やはり雪国でなければ買えない品です。

 仕事先ですべらない靴を買ってきたから、これからは大丈夫と話しましたら、「じゃー 来年は真夏に来ていただきましょう!」と言われ、みんなで大笑いでした。

 昨年と同じ中島公園を見下ろせるホテルに泊まりましたが、去年は広場だと思って見ていたところが、池だったのです。 道はアスファルトがほとんど見えていて、白い雪の中に黒い道路が走っているのですが、雪の上を歩くときはやはり神経を使いました。地元の人でも転んで骨折する人が多いと聞くとなおさら気をつけました。

 今年は夏の函館、秋の大雪山、屈斜路湖方面に続いて、今回は仕事で冬の札幌と3回北海道です。また来年仕事で行けたらよいなと思っています。

Posted at 2013年12月23日 15時56分10秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*