企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー

被災地へのボランティア

 我が家の三男が、仕事仲間4人と19日深夜出発し石巻市へボランティアに出かけました。
ボランティアに関しては、個人では行っても先方が困惑するとか、テレビで放映されるようなところよりもっと目が届かないところでは少しでもボランテイアが欲しいとか、いろいろ言われていますので、行くのだったら無駄にならず迷惑もかけないで欲しいと思っていました。

 昨夜は雪も降り、車で寝たそうですので、疲れもとれないと思います。食料もたくさん買い込んでいましたが、時間があったのでごはんを炊きおにぎりを持たせました。ところが昨夜のメールで昼も夜も食べ物が出たので、まだおにぎりを食べていないと言ってきました。

 仕事は民家のヘドロをかき出したり、片付けもののようです。電話でも話しましたが「大変! 可愛そう」と言葉少なに言ってました。今日行ったところはもっと凄いところだったとか写真も送ってきました。

 ボランティアは体を動かさなければ出来ないことが中心ですので、若者とも言えない年令ですが少しでもお役に立てればと思います。
私は何もできないので、せめて義援金だけでもと協力しています。

 東北地方は桜の見ごろを迎え、花に勇気付けられていると聞きます。本当に皆さんが心から笑える日が少しでも早く来るようにと願っています。

Posted at 2011年04月20日 17時41分21秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*