企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー

ラブリースマイルクラブ

 板橋にある板橋モラロジー事務所主催のラブリースマイルクラブ15周年記念講演会の講師に招かれ、「笑顔が運ぶ贈り物」というタイトルでお話をしてきました。

 人の出会いは不思議なもので、この15周年の会の企画段階で講師を探していて、偶然インターネットでCHR研究所を見つけ出し、連絡を頂いたところからのスタートでした。
その出会いがきっかけで、主催者のOさんが朝日カルチャーセンターのカウンセリング講座を受講する決心をして、4月から受講していらっしゃいます。

 そのご縁で今日の講演会にも同じ教室の仲間が6名参加してくださいました。60数名集られて、ストロークの理論を元にお話したのですが、グループでの話し合いも含め皆さん熱心に参加してくださいました。

 事業をしている男性の方もいらして、ストローク理論は社員との関わりの反省にもなったようで、今回が一番楽しかったと嬉しいストロークも戴きました。

 一番多いのは、もっと早く若いうちに聞きたかったという感想です。涙していらっしゃる方も数名ありました。多くの人がストローク理論を知ると、子育て中のお母さんに聞いてもらいたいと皆さんおっしゃるのですが、当の若いお母さん達は、昨今の子育て支援センターの充実で子どもはボランティアさんに預け、楽しいママ友とのおしゃべりは好きだけど、お金を出してまで勉強はしたくないというのが、現代のお母さんです。 

 「もつと早く・・・・」と後悔する前に、子育ての勉強に心を向けて欲しいと願っています。今の子育て支援のあり方をよしとする風潮が続くと、数年後に今よりもっと若者達が人間関係に苦しむのではと心ある人たちは危惧しています。そして日本の将来が本当に心配なのです。心の強い人間を育てるために、お母さんが親として成長するためにも行政は本当に意味のあるお金の使い方をしてもらいたいものです。

 モラロジー研究所の存在は知りませんでしたが、入口は違っても私の「母親笑顔教室」の主旨と同じものだということがわかりました。 一人でも救われる人があればよい・・・。この気持ちで続けるしかないようです。

Posted at 2010年10月17日 19時06分04秒

 
この記事へのコメント

リニューアルおめでとうございます

久しぶりの訪問です。
ブログもたくさん更新されていて一気に読ませていただきました。
どの回も先生の情熱とエネルギーが伝わる内容で、「私も頑張ろう!」と元気が沸いてきました。
最近ちょっと疲れ気味なので、元気と笑顔を取り戻しにHPにも事務所にももっと頻繁に行くようにしますね。
Posted by あみ at 2010/10/19 08:00:14

トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*