企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー

ついてない!

 月曜日の台風の影響で風雨の強い朝、何も事故がないのに、東横線が普段の倍時間がかかり、いつもですと新宿のカルチャーセンターの講師室に着いている時刻にようやく渋谷着という有様。混雑のためと言いますが、全線がこの状態では困りますね。新宿から小走りで行きましたが、2−3分の遅刻。今までに無いことでした。

 講座が終わってまたすぐ飛んで戻り、着替えて食事をしてすぐ新幹線に。ようやく一息です。
翌日の仕事のため鳥羽まで行くのがその日の予定。昨年の鳥羽は9月初旬で台風で帰れなくなったことを思い出しました。

 毎年2回交流分析の指導を担当していますが、全国から集まる保育士さんの5日間の中級カウンセリング講座の中の1日です。前日までの様子から、おとなしいグループで手があがらないかもしれないといわれていました。そう聞くと「よし! のせてみましょう!」と意欲がわくのが私です。結果はいつもと全然違和感なく、エゴグラムの説明の時は次々と手があがり、誰にお願いしようかしら?と思ったほど。そして講座が終わって別れるとき、次々と声がかかり、「すごく楽しかったです。ありがとうございました」とストロークをいっぱいもらいました。
(この部分はついてる部分。タイトルの逆)

 さて、仕事が終わればまたすぐ電車です。駅までのタクシーの運転手さんが観光タクシーさながらに説明してくださったのですが、駅が近くレクチャーは途中まで。でも次回は絶対1日ゆとりを持って伊勢神宮参拝をしたいと思いました。

 駅の売店で、“元祖天むす”を買いました。5個630円。「多いかな? 残れば持って帰りましょう」とお茶と天むすで食事です。
これはひどかった。本当についてない。ていねいに包んだ小さな包みを開くと小さなお饅頭くらいのおむすびに(デザインは海苔巻きを3−4センチくらいに切ったもの)衣の中を開いてみると小さな小さなえびのてんぷらが乗っていて2口で食べられましたが、自宅に帰って寝るまで油が胃に残っていました。

 新横浜駅が長年工事中だったのですが、ここ数回利用するとき、どこを歩いているかわからない状態で、その日は好奇心からタクシー乗り場に行きました。待つことなくすぐ乗れたのですが、自宅について料金を払って降りようとしたとき、鍵を事務所に置いて行ったことを思い出しました。息子の部屋を見ても真っ暗、夫は眠っているし、仕方なく事務所までそのまま連れて行ってもらいましたが、2600円。電車で帰れば東横線の150円のみ。
そして「ついてなかったなぁー 今日は」と思いながら、荷物をごろごろひいて帰りました。

 

Posted at 2008年06月06日 10時08分40秒

 
この記事へのコメント

先生のパワーの源は?

鳥羽の出張お疲れ様でした。出張の翌日はカルチャーの講義、今日は千葉での研修、週末はカウンセリングと大忙しの先生ですが、その溢れるパワーはどこからでしょうか?

CHR研究所の講座や、NPO法人心の笑顔サポートセンターの活動に集まる方々から、
「先生はどうしていつもそんなにお元気なんでしょう?」
「いつも楽しそうですね?」「山にも行かれるのですか?」
「仕事のスケジュールが詰まっていても、そのちょっとした合間に、コンサートに行ったり、映画や舞台に出かけたり、凄いですね」
「コーラスも?」「先生のパワーの源は?」
と、よく聞かれます。

私も年齢こそ10才ちょっと年下なのですが、先生とは対照的で、よっぽど気力体力共に充実している時以外土日は、だら〜り、ごろごろの休養日なっています。

先週娘に連れられて絵画展に久しぶりに出かけましたが、見ている途中で足が痛くなり・・・ソファーで一休みでした。情けない。でも、本で見ているのとは大違いで、本物の絵からは何か伝わってくるものがあるようで、2〜3日は不思議な感動を味わいました。これは家でボーッとしていては味わえない感動です。

お仕事も、舞台も、コンサートも、山も出かけるからこそ味わえる感動が待っているので、先生が寸暇を惜しんで出かけられるのは、パワーがあるからできるのではなくて、パワーの源がそこにあるからなのですね。きっと。
Posted by もみじ at 2008/06/06 11:04:01

トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*