特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2013-11 の記事

只今 就業規則見直し...

今の時期、経営者の皆さんは割と時間的に余裕があることもあり、
就業規則の見直しを多く受けています。

就業規則見直しは、単に文章を見直すようなことでも、体裁を整え
ることでもありません。 …そんな単純なことではないのです。

就業規則は、「働くことに関し、会社の憲法である」とも言われてい
ます。

面接、採用の場面、誓約書は? 身元保証は? 試用期間は? 正社
員にすべきか判断がつかない場合は? 会社に合わないと判断した場
合は? 等 色々な場面で いかに会社として判断するかを考える必要
があります。

また、何か労使紛争が起きた場合、必ず就業規則の内容の点検があり、
もし不備があれば、即、会社の不利益に直結します。

当事務所では、月2回前後の訪問、協議をしながら 6ヶ月ほどかけ
て、会社の実態を見ながらじっくり進めていきます。

後々、会社にとっても社員にとっても、分かりやすく納得のいく、実態
に即した就業規則策定を目指します。

また、就業規則の中には、賃金規程、退職金規程等 基本的なものも含
みます。

費用は、月52,500円 × 6ヶ月 =315,000円 が基本です。

計画されている経営者の皆さんは、是非、ご相談ください。

特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。
主営業範囲(旭川市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、
砂川市、留萌市、及びその周辺地域) 
主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
年金の調査、請求
不動産・預貯金の名義変更のお手伝いをします。
遺言書作成・遺族年金請求のお手伝いをします。
ご希望の会社設立のお手伝いをします。
資金計画・会計処理のお手伝いをします。
建設業等許可・経営審査、記帳会計
会社設立


Posted at 2013年11月01日 23時19分53秒  /  コメント( 0 )

全財産を持ち出された...

現在、夫婦で任意後見・成年後見の相談を受けていますが…

食事、入浴、介護等 不自由になったこともあり、高齢者
用の施設に入りました。

すると、今までほとんど行き来のなかった親戚が突然、頻繁
に施設に来るようになって

「施設に置いておくと、物騒だ」他 うそ・偽りを言い、しか
も現金等 中身を確認しないで

現金、通帳・証書、不動産の権利書、生命保険の証書、実印他
全財産を持って行きました。

当方、家裁、ケアマネ、包括支援センター、社協等 と確認し
ながら、依頼者にとって最善の方法を考えている最中でした。

急いで依頼者に確認し、全財産を即刻、返してもらいました。

数日後まず、公証人役場で、公正証書で任意後契約を締結し、
ほとんどの財産を私が依頼者とともに管理することになりました。

財産を狙う、怪しい親戚は、財産目当てではもう近づかないか
と思います。


Posted at 2013年11月01日 21時42分11秒  /  コメント( 0 )

経営者・総務担当者の...

6割の従業員が抱える仕事や職業生活への強い不安 他
北の杜 社労士 松田隆の【情熱と知性・経験の人事コンサルティング】   
━ 経営者・総務担当者のためのメルマガ 第13号 11月1日 ━━━━━

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃人┃事┃労┃務┃最┃新┃情┃報┃         2013年11月 1日号
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いつもお世話になっております。
松田隆特定社会保険労務士・行政書士事務所の松田隆です。

 11月に入り、今年も残り2ヶ月となりましたね。朝夕、すっかり寒くなり
タイヤ交換が必要な時期になりました。
年末に向け、総務担当者は忙しくなる時期ですので、体調を崩さないように健
康管理には注意したいところです。
さて、今回も最新情報を中心にメルマガをお届けします。

┏━━━━━━━━┓
本号のコンテンツ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━━━━━┛
1.お仕事カレンダー:2013年11月のお仕事カレンダー
2.人事労務ニュース:従業員数50人以上の事業所は産業医の選任が必要です
3.人事労務ニュース:6割の従業員が抱える仕事や職業生活への強い不安
4.おすすめリーフ :長時間労働者への医師による面接指導制度について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓
┃1.┗┓お仕事カレンダー:2013年11月のお仕事カレンダー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

 11月のお仕事カレンダーを公開しました。年末調整の時期となりました。
記入漏れや添付資料の不備がないように早めにチェックを行い、資料を整え
ておくことが準備の上で重要になってきます。

↓毎月更新しているお仕事カレンダーはこちらから
http://www.sr-matsuda.jp/monthly_work_1850.html

┏━┓
┃2.┗┓従業員数50人以上の事業所は産業医の選任が必要です
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

 近年、従業員の健康管理は企業の労務管理上の重要な課題の一つとなって
います。そこで今回は、労働安全衛生法で求められる産業医の選任に関する
事項について取り上げ・・・

↓このニュースの続きはこちらから!
http://www.sr-matsuda.jp/news_contents_1851.html
┏━┓
┃3.┗┓6割の従業員が抱える仕事や職業生活への強い不安
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

 近年、過重労働や仕事の精神的な負荷により従業員がメンタルヘルス不調
に陥り、休職したり、更には精神障害の労災申請を行うようなケースが増加
しています。先日、厚生労働省は・・・

↓このニュースの続きはこちらから!
http://www.sr-matsuda.jp/news_contents_1845.html
┏━┓
┃4.┗┓おすすめリーフ:
┃  ┗┓長時間労働者への医師による面接指導制度について
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

 今回のおすすめリーフレットは、「長時間労働者への医師による面接指導
制度について」です。
近年、長時間労働などの過重労働により従業員がメンタルヘルス不調に陥る
ケースが増加しています。
このリーフレットでは医師による面接指導制度について詳細を説明しています。

↓「長時間労働者への医師による面接指導制度について」を含む
人事労務管理リーフレット集はこちらから!
http://www.sr-matsuda.jp/leaflet_3.html

━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥…━…‥‥
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 最近、就業規則の見直し、賃金規程、賃金制度の見直しの依頼が増えていま
す。今から取り組めば、来年度(平成26年4月1日)からの実施に間に合う
かと思います。

11月3日は文化の日ですね。「日本国憲法」が公布された日であり、国民の
祝日に関する法律によると「自由と平和を愛し、文化をすすめる。」日だそ
うです。文化に関するイベントなどに足を運んでみてはいかがでしょうか。
 
====================================================================
発 行 元:人事・労務の     
 (株)北海道ヒューマン・パワーズ    
  本社  旭川市神居6条3丁目2-12         
  TEL 0166-61-4247 FAX 0166-61-4300

発 行 人:松田隆 info@office-matsuda.info
     (特定社会保険労務士・行政書士)
ホームページ :http://www.sr-matsuda.jp/
http://www.office-matsuda.info/
──────────────────────────────────
※ぜひ、ご意見・ご感想をinfo@office-matsuda.infoまでお送りください。
※リンク先は、すべて当事務所のホームページとなっております。
 メールマガジン配信をご希望されない方はお知らせ下さい。配信を廃止
 します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Posted at 2013年11月01日 21時25分47秒  /  コメント( 0 )

労働裁判(労働審判)が...

最近、元社員による労働裁判(労働審判)がスタートしました。

こちらは弁護士、経営者、私の3者です。

労働者側は、弁護士、労働者の2者です。

労働審判は、裁判官1名と労働審判員が2名です。

社会保険労務士が審判員をすることもよくあります。

労働審判は、原則3回の期日で一定の判断が下され、早期の
解決が期待されます。

実際今回のケースでは、1回目の期日である程度の解決の方
向性、和解の金額が提示されました。

事案は、時間外の請求で、よくある話です。

どの会社も訴えられる可能性のある事項です。

今回の会社も普段から真面目に時間管理をし、十分に時間外手
当も払っています。
模範的な会社です。
働いていない時間まで、請求する、あくどい労働者、負けるわ
けにはいきません。


Posted at 2013年11月01日 21時02分38秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2