特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2020-05-25 の記事

町内会の広報誌「カラ...

私の町内会は、「神居5の3町内会」と言います。
主に神居5条と6条、国道の1丁目から3丁目までが範囲です。
会員が120戸、一方マンションが多く未加入者が150戸くらいあります。

町内会の広報誌「カラスのかんた」があり、約30年間発行してきて今回で第86号になりました。年、2回から3回発行で、歴代総務部長等が主に担当していました。
現在は、総務部長(直前まで副会長)の佐々木さんが編集しています。
写真をふんだんに使い、多彩な記事で、版下作成・印刷を印刷会社に依頼しての、本格的広報誌です。旭川で町内会公報の表彰される制度もあるようなので、申請したいと思います。

かんたの中には老人クラブの案内もあります。昔から60歳以上が老人ですが、今は60歳で老人と言うのはピンときませんから、今年から「いきいきクラブ」に変更になりました。
全部で8ぺージ編集。カラスのかんた表紙の1ページ目と、2ページ目に町内会会長である私の今年の抱負が掲載されています。
「遠くの親戚より近くの他人」という諺もあります。私の町内会のモットーは、「仲良く楽しく」です。是非、住み心地の良い町内になればと思います。

町内会会長は、3年でバトンタッチをしようとしましたが上手くいかず4年目になりました。仕事が忙しい中、町内会会長は大変な面もあります。
ビジネスの言葉に、「仕事は忙しい人に頼め」があります。町内には、毎日が日曜日の暇な人が沢山いるのですが、なかなか「人の為、町内会の為に一肌脱ごう」、「町内会の役員を引受けてもいい」という人は少ない状況です。






Posted at 2020年05月25日 22時32分10秒  /  コメント( 0 )