特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2020-05-11 の記事

憲法学の思い出

憲法学の思い出
現在、法律関係の仕事(特定社会保険労務士・行政書)をしていますので、憲法は深く関係があります。
学生の頃(北大法学部)に必死に勉強した基本書に、東京大学出版会発行、小林直樹教授の憲法講義があります。写真は1972年3月改訂版の基本書の上です。当時の値段で1,200円です(基本部分だけで450Pあります)。何回も(あるいは何十回も)読んだので、ボロボロです。
私の次男は、松田直樹と言いますが、尊敬する小林先生の名前から付けました。

当時(1973年9月7日、「長沼ナイキ事件」第一審判決:札幌地方裁判所(裁判長・福島重雄)があり「自衛隊は憲法第9条が禁ずる陸海空軍に該当し違憲である」とし「世界の各国はいずれも自国の防衛のために軍備を保有するのであって、単に自国の防衛のために必要であるという理由では、それが軍隊ないし戦力であることを否定する根拠にはならない」とする初の違憲判決で原告・住民側の請求を認めたものです。

私も多くの人生経験を積んで、今は憲法の前文、第9条を含めて憲法は改正すべきと考えます。戦後75年、世界情勢も変わり、根本的に憲法を見直す時期にきていると思います。
憲法第9条は「おまじない」ではありません。これだけで、日本の平和が守られるとは、とても考えられません。
冷静にかつ緻密に研究し、国民に問いかけ、国民も表面的な感情だけでなく、深く勉強する必要があると思います。




日本の周りは、何をするか分からない=核弾道ミサイルを発射するかもしれない、常識が通用しない北朝鮮、そのような北朝鮮を日本より親密で信用できると考える韓国、一党独裁の中国(最近また、尖閣諸島で領海侵犯を繰り返しているようですが)、いつまでも解決しないロシアとの北方領土問題。

私の末っ子は、海上自衛隊の航空隊です。(あまり詳細は、守秘義務がありますので言えませんが)以前は、北海道の海岸を見張っていました。多くの国の船、潜水艦、飛行機が
怪しい動きをしています。
日本の商船を守るため、ソマリアにも行ってました。最近では、石油タンカーを守る意味もあって、ホルムズ海峡の防衛も必要です。
命がけで守っている自衛隊の皆さんが、憲法の解釈で違法と扱われるのは我慢ができません。
根本的に世界情勢、日本の防衛を考え、その上で憲法を考える必要があると思います。憲法の解釈で、日本の防衛を考えるのは、そろろろ限界が来ていると思います。


Posted at 2020年05月11日 15時56分58秒  /  コメント( 0 )

北大元学長 中村睦男...

今日の道新によると、憲法学者で元北大学長の中村睦男先生が4月17日に、81歳で亡くなられていたとのこと。非常に残念で悲しいことです。
今から46年くらい前の20歳の頃、私は北大法学部で、憲法学気鮨疾ッ薜貔萓犬法↓兇鮹翅舎喘棒萓犬剖気┐討い燭世ました。

当時、中村先生はまだ30代半ばで、印象は非常にまじめで、しかし少しひ弱な感じのする先生でした。講義は熱心に教えて下さいました。多くの憲法学の著名な基本書の執筆他、大変大きな功績を残されました。

今から15年くらい前に旭川で北大同窓会が開かれた時、学長として参加されました。(この時、初めて北大の旭川同窓会に参加しました。北大は同窓生の結びつきが弱いと感じています。)あのおとなしそうな先生が学長になったとのことで少し驚きました。

当時、国立大学は独立行政法人化されたばかりで、中村先生はご苦労されたと思います。国立大学は国の教育の要です。学費をもっと安くして貧しくても学べる機会・優秀な学生を増やし、研究費はもっとたくさん付けて、研究者が安心して研究に専念できるよにしていただきたいと思います。



Posted at 2020年05月11日 15時53分36秒  /  コメント( 0 )