特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2013-08-26 の記事

パワハラと問題社員

パワハラと問題社員

パワハラと社員教育でお話ししましたが、会社にとって、
人、モノ、カネの3要素で一番重要なのは、人かと思います。

モノ=商品、サービスはどの会社のモノもだいたい同じで、
   価格もだいたい同じかと思います。つまり、モノではあ
   まり、競合他社と差がつかないと思います。
カネ=今どきに金融機関は、まともな商売をしてまともな資金
   (合理的な資金使途)であれば、どこかの金融機関はお金
   を貸してくれるかと思います。もしどの金融機関も、融
   資をしてくれないのであれば、そもそも商売、資金使途
   がおかしいと思う必要があります。
人 =特に社員教育が重要で、一番差がつきます。
   店・会社に入った特に、社員の教育レベルが瞬時に感じ
   られます。(特に私は瞬時に判断がつきます。)
   もし、以下のような問題社員がいる場合
   ○お客さんへの対応に問題ある、お客さんが減る
   ○遅刻・無断欠勤が良くある
   ○協調性がなく、挨拶もできない
   ○普通の社員が1ヵ月で覚えるものを、6ヵ月経っても
    覚えない

現場の管理職が部下を注意・指導すれに当たって、何回言って
も効果がない場合、感情にまかせて怒れば、パワハラになる可能
性が大きいです。

パワハラに該当しないように冷静な対応が必要であり、どうして
も問題社員の改善が見られない場合、会社上層部、特定社会保険
労務士である私を通じての対応が必要になると思われます。

下記の地区の企業の方で、パワハラに関し、相談・依頼される方は、
是非、ご連絡下さい。

特定社会保険労務士・行政書士
主営業範囲(旭川市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、
滝川市、砂川市、留萌市、及びその周辺地域) 


Posted at 2013年08月26日 11時04分35秒  /  コメント( 0 )