特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)
2012-04-29 の記事

24年度 全道高齢者...

昨日の27日(金)、24年度 全道高齢者雇用アドバイザー会議
が札幌でありました。

全道のアドバイザー27名(一部欠席)、機構の職員、労働局の担当
者が出席しました。

会議の中の資料で、平成23年度の「企業診断実績」で、私がダン
トツのNo.1

さて、会議では今年の活動の重点、年度の目標
1.希望者全員 65歳まで働ける企業 50%
2.70歳まで働ける企業       20%
が確認されました

最後の質問の部分で、毎度 企業の訪問拒否も一部あり苦労する
中で、「うちは顧問の社会保険労務士がいるので、訪問の必要が
ありません」 …という、断りがありことです。
(訪問拒否の言い訳につかっている場合も多いと思いますが)

さて、その社会保険労務士は、「高年齢者雇用確保措置の推進」
等の知識がはたしてあるのか?
 …無知、勘違いをしている社労士がいるのではないか?

国(この場合、更生労働省)の考え方、施策に非協力的で良いのか?

社会保険労務士が、アドバイザー活動の阻害要因になって良いのか?

特に問題のある社労士は、会議で名前を出しあっても良いのでは
ないか?
等に意見も出ました。

ともあれ、「高年齢者雇用確保措置の推進」に関し、一般的に地元
の社労士と比較にならないほど、詳しく、色々な知識、事例を持ち
合わせているアドバイザーを活用しないのは、なんとももったいな
い話ですよ。

また、私たちアドバイザーは強制することは一切ありません。
その企業に何か役だつ情報、アドバイスを必死で考えてお話します。
損になることは何一つありません。是非、活用して下さい。


Posted at 2012年04月29日 09時52分57秒  /  コメント( 2 )